コーヒーの効果

いろいろある!コーヒーかすの使い道

みなさん、家でコーヒーを飲んだあと、そのコーヒーかすをどうしていますか?1回1回捨ててしまっていませんか?実はコーヒーかすには沢山使い道があるので、捨ててはもったいないのです。今回はそんなコーヒーかすの使い道をみてみましょう。

コーヒーかすの使い道

「肥料として」

コーヒーのかすには、植物の成長を助ける成分が含まれており、害虫にも効果があると言われています。実際にコーヒーのかすを使用して肥料を生産している会社があるほどなので、その効果は確かなものです。使い方としては、そのまま植物の植えてある土の上にかけても良いですし、土に混ぜ込むのも良いです。また、コーヒーかすを使用して肥料を作りたい場合は、コーヒーかすをバケツなどに入れて焼く1ヶ月時間をかけて腐れせます。それだけで自家製の肥料が簡単にできるので、これを植物にあげても良いですね。

「脱臭剤」

コーヒーかすには、嫌な臭いを吸収し抑えてくれる働きがあります。ちょうど冷蔵庫に臭い消しのために入れる「活性炭」のような働きです。

このコーヒーかすも、冷蔵庫・下駄箱・食器棚・タンスなど、更には掃除機の中や灰皿などに少し混ぜても効果があります。とにかく、臭いの気になる箇所どこでも使用できるのが良いですね。ただし、使用する時の注意点があり、湿ったまま使用してしまうと夏場などがカビの原因となってしまうので「乾かして」使用してください。そして小さな容器、お茶パック、布製の袋などに入れて下さい。

「コーヒー風呂」

コーヒーにはダイエット効果、疲労回復、美肌効果など様々な効果があり、これは皮膚からでも吸収させることができるので、お風呂に入れることで有効に活用できます。作り方は、コーヒーかすをやや目の洗い布に詰めて巾着状にして浴槽内に沈めてお湯を入れます。コーヒー風呂に使うコーヒーかすは1度コーヒー風呂に使った後はよく乾かして清潔に保つのが良いでしょう。使うごとに当然コーヒー風呂は薄くなります。お湯の色が薄くなりすぎたら新しいものに交換するのが良いでしょう。こちらも注意点があり、コーヒーには着色成分があるので、残り湯を洗濯や植木などに再利用するのはやめておきましょう。風呂釜が痛む可能性もあるので、使用後はすぐにお湯を抜くようにしましょう。

「油を使ったフライパン」

油を使用したあとのフライパン、そのまま水で流してしまうのは環境問題的に少しためらう時ありませんか?そんな時に、コーヒーかすを入れてみて下さい。コーヒーかすが、油と混じり絡め取ってくれる効果があるのでスッキリとします。

「マッサージのスクラブ」

コーヒーかすにプレーンヨーグルトと砂糖適量を混ぜ、それを皮膚に塗って15~20分おきます。その後綺麗に洗い流すと、肌がつるつるとし、立派なスクラブの役目をはたしてくれます。コーヒーの美肌効果、消臭効果を実感できますよ。

いかがでしたか?いつも捨ててしまっていたコーヒーかすが、こんなにも活躍するとは、驚きですよね。しかも、幅広いことに使用できるのがとても嬉しいですよね。使用上の注意点があるものはそれに気をつけて、騙されたと思って一度試してみてはいかがですか?

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーハウス
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーの賞味期限
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP