コーヒーの道具

形状と厚みに注目、コーヒーカップの選び方

コーヒーを飲む際に、コーヒーカップのことを考えたりしますか?「このコーヒーはこのような特徴があるからこのコーヒーカップにしよう」などを考えて毎回カップを変えている人はほとんどいないと思います。今回はコーヒーカップの種類と特徴をご紹介します。コーヒーカップを選びたくなるかもしれません。

カップの種類

カップには、大きく分けて2種類、「コーヒーカップ」と「ティーカップ」があります。一般的には、口が広くて浅いものをティーカップ、口が狭くて深めのものをコーヒーカップと呼びます。熱いお湯で淹れる紅茶はより冷めやすい広い口のカップ向いており、紅茶よりは温度の低いコーヒーは、熱を逃がさないように口の狭いカップが向いているのです。ただ、コーヒーカップとひとことで言っても、実際見た目も大きさも様々なものがあります。

カップを選ぶときのポイント

まずは、自分がどのような目的でどのようなコーヒーを飲むかを考えます。熱々のコーヒーが好きなのか、たくさん入る大きなカップがいいのか・・・。様々なデザインのカップがあるので、そのような目的を考えて、どのカップが自分に適しているかを見極めることが重要です。「厚み」と「形状」がひとつの目安となります。

カップの形状と厚みのポイント

カップの形状

縁がまっすぐのタイプは、コーヒーが一気に舌の奥に届きやすく、苦味を感じやすい形状です。一方、縁が広がっているタイプは、舌全体にコーヒーが広がりやすく、酸味を感じやすいのが特徴です。

カップの厚み

薄手のカップは口当たりが軽くなり、厚手のカップはしっかりとコクを楽しめます。薄手のカップは酸味系、厚手のカップは苦味系のコーヒーと相性が良いと言えそうです。

それぞれの組み合わせで自分好みのカップを見つけることができますね。例えば、深煎りコーヒーの苦味とコクをしっかり楽しみたいときは「厚手」で「縁がまっすぐ」なカップを選ぶと最適といえます。

コーヒーカップの特徴

コーヒーカップ

ドリップコーヒーを飲むときに最適で、120~140cc入るものが一般的。こちらは様々な厚さや形状、デザインがあります。

マグカップ

縦長で大きめのカップ。こちらはコーヒーに限らず、様々な飲み物に使われます。200~250cc入るものが一般的と言われ、一般的に家庭で使用されているカップです。

エスプレッソカップ

容量は60~90ccでとても小さなカップです。エスプレッソ1ショットは約30ccなので、これにちょうどよいサイズとなっています。更にエスプレッソは少量で提供するため冷めにくくするために厚手のものが多いです。カフェで使用されている場合が多いです。

デミタスカップ

フランス語で「デミ」は「半分」という意味で、「タス」は「カップ」の意味です。80ccほどの小さいカップで、主に食後に飲む濃いめのコーヒーやエスプレッソによく使用されます。日本ではあまり見かけないかもしれません。

いかがでしたか?ご紹介したとおり、カップにもそれぞれ特徴があり、それに適したコーヒーもある程度決まっています。その時飲むコーヒーによってカップを変えることで一番美味しい飲み方をすることができるでしょう。形状や厚みに注目して、自分にとって最適なカップを探してみてはいかがでしょうか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 神保町の喫茶店
  2. コーヒーメーカー
  3. カフェ・喫茶店のチェーン店
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーの仕事
  8. ハワイコナコーヒー
  9. コーヒーメーカー
  10. ドトールコーヒー
PAGE TOP