コーヒーの道具

自分に合ったコーヒーミルを選ぼう

喫茶店やカフェなどに入るとふわっと香るコーヒー豆の香り・・・一日中でもこの空間にいられる!と思うほどに心地よく良い香りですよね。「コーヒーミル」を使えば、自宅でも喫茶店やカフェのようなコーヒー豆の香りを楽しみながら、本格的なコーヒーを淹れることができるのです。

コーヒーミルとは

コーヒーミルとは、簡単に言えば「コーヒー豆を挽くための道具」です。焙煎した後の豆を細かくするためのもので、喫茶店やカフェになくてはならない定番アイテム。コーヒーミルで挽いた挽きたてのコーヒー豆の香りの良さは段違いです。

コーヒーミルの種類

コーヒーミルには「手動タイプ」「電動タイプ」の2種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるのでそれぞれの特徴をみていきましょう。

「手動タイプ」

メリットとしては「デザイン性が高い」「レトロな雰囲気」「芳醇なコーヒーの香り」が挙げられます。昔ながらのデザインが、置いてあるだけでインテリアになるくらい素敵です。

デメリットとしては「力がいるため疲れる」「時間がかかる」「沢山挽くのが大変」が挙げられます。ゆっくりと雰囲気を楽しみながら挽きたい方にはおすすめですが、コーヒー豆を細かく挽くのには意外と力が必要な為、何杯分も挽くとなると少し疲労感が出ます。

しかし、値段的にはお手軽で、安いものは2000円代~あるのでお財布に優しいでしょう。

「電動タイプ」

メリットとして「早い」「手間がかからない」「沢山挽くことができる」が挙げられます。電動ですので、ボタンを押すだけで自動的に完成します。

デメリットとしては「音がうるさい」「場所をとる」「電源の確保が必要」が挙げられます。早く簡単に挽けるのと同時にその分音も大きくなります。しかし手動に比べて明らかに手間が省けるので、自宅で使用する時は電動タイプを使用している人が多いようですね。手動のものは昔ながらのデザインが割と定番化されていますが、電動タイプのものは種類やデザインも豊富です。

味の違い

2種類のメリット・デメリットをみてみましたが、この2種類、味に違いはあるのでしょうか?

電動タイプでは、挽く際に熱が発生してそれがコーヒー豆に悪影響を与えるのでは?という問題点がよく挙げられます。コーヒー豆を挽く際に豆に熱を与えてしまうと質が下がり風味なども下がってしまいます。

しかしこの問題について特に心配はないようです。熱を与えないために電動タイプのコーヒーミルの「刃」には沢山の工夫がしてあり、様々な改良が進められています。自宅で1回に飲む量くらいであれば、ほとんどそのような心配はしなくでいいようです。

さて、あなたは「手動タイプ」「電動タイプ」どちらが適していますか?コーヒーは、淹れる直前にコーヒー豆を挽き、淹れるのが一番新鮮な風味豊かで美味しく感じることができます。

だからこそ、自分に合ったコーヒーミルを選ぶことが重要です。自分にとって負担にならず、毎日楽しみながらコーヒー豆を挽くことができるコーヒーミルを選ぶことで、日常的に長く愛用できるものとなると思います。沢山種類があるので自分に合ったコーヒーミルを探す時間も楽しいものとなるのではないでしょうか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 韓国カフェ
  3. コーヒーの効果
  4. コーヒーの酸味と苦味
  5. コーヒーバリスタ
  6. 海外のコーヒー
  7. コーヒー豆一人前
  8. ロンドンのコーヒーハウス
  9. コーヒーの豆知識
PAGE TOP