コーヒーの道具

自分に合ったコーヒーミルの選び方

コーヒーミルとは、コーヒー豆を挽く器具のことです。コーヒー豆を買った際にお店で挽いてくれる場合もありますが、コーヒーを淹れる直前に挽いた方が香りがよくなり美味しいコーヒーになります。更に、使うコーヒー器具によって挽き具合を変えたり、味の好みによって様式を変えることもできます。今回は自宅で挽く場合の「コーヒーミルの選び方」についてご紹介します。

コーヒーミルとは

コーヒーミル(coffee mill)とは、焙煎されたコーヒー豆を粉砕するための器具で、グラインダーと呼ぶこともあります。焙煎されたコーヒー豆を細かく粉砕し抽出することで、コーヒー豆の持つ味や、香りなどの成分をより引き出したり、その粉砕の具合によってコーヒーの味わいに変化がでてきたりするので、コーヒーにはなくてはならない器具のひとつです。最近では、家庭でも本格派コーヒーを飲むという人が増えてきており、家庭用のコーヒーミルの種類も豊富でさまざまな目的に合わせて選ぶことができます。

コーヒーミルの2つの種類

コーヒーミルには大きく分けて2つの種類があります。それぞれメリットが違うので目的に合わせて使い分けます。

手動式

手動式とは、名前のまま、自分の手でレバーなどを回しコーヒーを粉砕するものです。手動式は、少量から手軽に粉砕できるのが特徴で、見た目は昔から変わらない、少しレトロな感じのデザインで良いものが多くインテリアとしても人気があります。難点は、手の力加減によってはコーヒーの挽き具合にばらつきが出るので、綺麗に挽けないとコーヒーが均等に抽出されにくいところと、大量に挽く場合は時間がかかり、体力も使うというところです。

電動式

電動式とは、電気の力を使ってコーヒーを粉砕するものです。電動式は、小型のものから業務用のものまで様々なサイズがあり、手早く簡単に挽くことができるのが特徴。種類によっては、コーヒー豆を粉砕する時の音が大きいという難点がありますが、手動式よりも均一に近い状態で挽けるため比較的味が安定しやすいです。豆を入れてスイッチを入れるだけですので、特に力も使わず大量の豆も簡単に素早く挽くことができます。しかし一方で、音が気になる場合や、電源がないと使用できないという難点もあります。

コーヒーミルの「刃」の種類

「刃」にも種類があり、刃によって味わいにも影響してきます。

臼刃式

臼刃式とは、固定刃と回転刃で、コーヒー豆を回転させながら圧縮し、すり潰すようなイメージで粉砕するミルです。臼刃式で粉砕されたコーヒー粉は、断面がでこぼことしているため、コーヒー豆と湯の触れる面積が多い分、湯がコーヒー粉に浸透しやすく、コーヒーのうまみ成分を引き出しやすいのが特徴です。

カット刃式

カット刃式とは、幾つもの刃がついた2枚の円盤の片方を回転させ、刃と刃によってコーヒー豆を粉砕するミルです。断面がスパッときれいで、四角いのが特徴です。臼刃式にくらべてコーヒー粉に湯が浸透しづらいため、余計な苦みやえぐみが出にくいと言われています。

コーヒーの成分をあますところなく全て味わいたい方には「臼刃式」がおすすめで、コーヒーの美味しいところをあっさりと味わいたい方には「カット刃式」がおすすめです。

いかがでしたか?コーヒーミルを選ぶ時は、どの器具で、どんなコーヒーを自分が味わいたいのかを、まずはじめに決めることが大切です。次に、コーヒー豆を選び、そのコーヒー器具にあったグラインドでコーヒーを抽出するのです。コーヒーミルの種類によって味わいが変わってくるので、同じコーヒー豆を使って、それぞれのコーヒーミルでそれぞれの挽き具合で挽いたコーヒーを味わってみると、その味わいの違いがわかります。自分の使用している抽出器具に合ったコーヒーミルを見つけて、素敵なコーヒーライフを楽しみましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. トリバコーヒー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. カフェ開業経営
  6. 銀座カフェ
  7. ヨーロッパのコーヒー文化
  8. 代用コーヒー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP