コーヒーの道具

コーヒーの美味しい入れ方と人気の珈琲道具3選

コーヒーを楽しむにはまずコーヒーの入れ方を知らなければなりません。
こだわりが有る人は生豆を買って焙煎から初めて、とプロ顔負けの事をするのですが大体の人はレギュラーコーヒーをペーパードリップで入れるか、コーヒーメーカーを使うかでしょう。
しかしコーヒーの入れ方と一口に言っても様々な入れ方があるのです。

コーヒー豆をお湯に通すと美味しいコーヒーになる

そもそもコーヒーというのはコーヒ豆の成分をお湯で抽出した飲み物です。鍋に張ったお湯にコーヒー豆を淹れるだけで立派なコーヒーになります。
これはカウボーイコーヒーなどと呼ばれる方法で、正直に言って味も香りもそこまで良くはないのですか、西部開拓時代のカウボーイ達がコーヒーを手軽に楽しむ為に行っていた方法です。
現代ではあまりやる人はいませんが、アウトドアなどで道具をあまり持ちたくない人ないけれどインスタントコーヒーよりおいしい物を飲みたい人などがこの方法を取ったりします。

ドリップの入れ方

現在、レギュラーコーヒーを淹れる一般的な方法は紙などを使って「ドリップ」と呼ばれる方法です。
しずくを意味するこの方法はカップの上に設置したドリッパーと呼ばれる器具にフィルターとコーヒーを設置してその上からお湯を注ぎ、重力でコーヒーの成分だけを抽出する方法です。
現在家庭で行うには最も手軽で一般的な方法であり、器具も100円均一で販売される物から専門店向けの物まで様々な物があります。
因みにコーヒーメーカーというのはドリップを自動化した機械となります。

喫茶店でよく見かけた「サイフォン」

一昔前は喫茶店と言うと、ビーカーにアルコールランプをかざしてコーヒーを淹れる「サイフォン」が当たり前でした。
これはビーカーをアルコールランプで熱する事で起こる気圧の変化を利用してコーヒーを淹れる方法で、かつては淹れるコーヒーの品質を一定化できるという事で人気が有ったのですが、性能が良いコーヒーメーカーや味がもっと良いとされるドリップ式が増えてきた事で現在は業務用ではあまり見なくなり、個人のインテリアとしての人気が高いです。

紅茶用にも人気「コーヒーフレンチプレス」

コーヒーに詳しくなくても、紅茶を楽しむ方であれば円筒上のポットと中に押し込める茶こしが入ったポットを見たことがあるかとおもいます。
これは元々「フレンチプレス」というコーヒ―向けの器具だったものを紅茶用に転用した物です。
日本では最初に紅茶用として紹介された歴史がありますがコーヒー豆をいれて抑えるだけで手軽にコーヒーが楽しめるという事で、現在はコーヒー用として人気が有ります。

コーヒーを抽出する器具マキネッタ

その他の方法で有名なのはやはりエスプレッソを淹れるためのマキネッタでしょうか。直火式と電気式がありますが、基本は高圧を加えながらコーヒーを抽出する機械です。
他にもベトナムで愛好されるベトナムコーヒーや水出し紅茶を楽しむための器具、最近ではほとんど見なくなったパーコレタ―など様々な入れ方が存在します。

このようにコーヒーの入れ方といのは。長い間に沢山の地方で楽しまれてきただけあって沢山の入れ方があります。
どの入れ方が一番かというと答えが無い議論にしかならないのですが、どの方法でも一定のファンは存在しておりそれぞれが自分の好きな方法で楽しんでいます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーのマナー
  3. コーヒー健康効果
  4. スターバックス
  5. コーヒーメーカー
  6. 韓国カフェ
  7. コーヒーの砂糖とミルク
  8. コーヒーの酸味と苦味
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒー豆
PAGE TOP