コーヒーの道具

愛好家に根強い人気、ネルドリップ

みなさん、ネルドリップはご存知ですか?まろやかかつ厚みのある質感の仕上がりで、コーヒー愛好家には根強い人気がある抽出方法です。今回はこのネルドリップについてご紹介していきます。

ネルドリップとは

起毛のあるやわらかな「布」で淹れるドリップです。古き良きコーヒー専門店の趣を感じさせます。ネルドリップで淹れたコーヒーは。一般的なペーパードリップに比べて、とろりとした質感になるのが特徴です。深煎りの豆と相性が良いとされ、上手く抽出された深煎りのコーヒーは、透明感がありつつもまろやかで甘味を包み込んでいるような厚みのある仕上がりを楽しむことができます。そのまま味わうのはもちろん、ミルクや生クリームなどをたっぷりと入れて飲むのもおすすめです。

ネルドリップの特徴

味わいの特徴は、先ほど述べたようにとろりと質感になるというところですが、抽出の特徴としては、淹れ方の自由度が高いということが挙げられます。抽出の原理はペーパードリップと同じですが、粉のふくらみ方がペーパードリップだと上部だけでしたが、一方のネルドリップは全体が膨らみます。そのため、内部で対流が起こりやすく粉がよく撹拌されるのです。ネルの動かし方や注ぎ方で対流具合や速さが変わってきますので仕上がりにも影響していきます。この自由度が難しさにもなり、納得のいく仕上がりになるには経験が必要となるのです。

ネルドリップの淹れ方

まず用意するものとしては、注ぎ口の細い「ポット」、なるべく口の広い「コーヒーサーバー」、持ち手のついた枠に袋状になったネル(起毛のある繊維)が取り付けられいる「ネルドリッパー」ネルの水気を取るための「タオル又は布巾」です。

豆は粗挽き~中挽きのコーヒー豆を、1杯100ccで淹れるなら13g用意します。

①ネルの水気をとる

ネルを軽く洗い流し、タオルで挟んで叩き水気を取ります。しっかり水気を取らないと水っぽい仕上がりになるので注意。

②中心から注ぎ始める

ネルドリッパーに粉を入れ、中心あたりを狙い水滴を垂らすように注いでいきます。

③湯を全体に広げる

湯を一滴一滴、または糸を垂らすくらいの量で円を描くように注ぎ、全体的に浸透させます。ネルに直接お湯がかからないように注意。

④抽出液が落ちるまで注ぐ

サーバーに抽出液が落ち始めるまで、一定量を保ちながらまんべんなく注ぎます。

⑤注油のペースをやや上げる

湯を注ぐ量を若干多くします。抽出液がサーバーに落ちる量と同じ量を注ぐとちょうど良いです。

⑥目的の量になったらはずす

抽出液が目的の量となったら、ネルドリッパーにまだ残っていても終了し、完成です。最後まで過剰に落としてしまうと、雑味の原因となってしまうので注意。

いかがでしたか?ネルは繊細なので、新品をおろす時や、保存する時には丁寧な扱いが必要となっています。しかし、ネルで淹れた味わいは愛好家に人気が高いというほど、コーヒー豆の風味などを美味しく感じられる抽出方法です。最初は上手く淹れるのは難しいですが、諦めることなくたくさん経験を積んでみて下さい。美味しく納得のいくような仕上がりのものが淹れられるようになったときの感慨はひとしおでしょう。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 神保町の喫茶店
  2. コーヒーメーカー
  3. 喫茶店のフランチャイズと直営店
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. インスタントコーヒー
  8. 銀座カフェ
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーハウス
PAGE TOP