コーヒーの道具

意外と簡単、アイスコーヒーの入れ方

みなさんアイスコーヒーはどこで飲むことが多いですか?家でコーヒーを淹れて毎日飲むという方も、ホットコーヒーが多いのではないでしょうか?アイスコーヒーはどうやって淹れたらいいかいまいちよくわからない・・・外で気軽に飲めるし・・・という方、家でも簡単にアイスコーヒーを淹れることができます!自分で淹れることができたら、好きなアレンジも楽しめたりもできます。

アイスコーヒーを淹れるための3つのポイント

入れ方はほぼ、同じです。しかしホットコーヒーをただ冷やすだけではありません。アイスコーヒーを淹れるときに注意したい3つのポイントをおさえましょう。

①深入り豆を使う

コーヒーに限らず口に含むものは、温度によって味わいの感じ方が変わります。一般的に酸味は、温度が低いとやや強く感じられる傾向にあり、高くなるとほんのりとして美味しく感じられます。冷たい温度で飲むアイスコーヒーは、熱々のホットコーヒーと同じ「中煎り」の豆では、やや酸味が勝り、また味わいが薄くなります。コーヒーの酸味は強すぎると苦味が負けてしまいます。個人差もあるので一概には言えませんが、酸味よりも苦味の感じ方が強い方が深い味わいとなり美味しく感じるのです。

②濃いめに抽出する

アイスコーヒーは氷で急冷して美味しさを閉じ込めます。氷を使用するので、どうしても通常の濃度では、氷が溶ける分味が薄まってしまうのです。なので、アイスコーヒーを淹れる時は、予め薄まる分を補うために濃いコーヒーを淹れる必要があります。一般的に使用するコーヒー豆の量は、ホットコーヒーの倍程度です。そうすることによって、氷が解けた時でも薄味にならないように調節します。

③急冷する

アイスコーヒーを淹れる際に一番重要な作業といえるでしょう。熱いお湯でドリップし抽出したコーヒーを、そのまますぐに氷へおとします。そうすることで、コーヒーの香りや風味が逃げる隙を与える前にギュッと中に閉じ込めておくことができるのです。氷で急冷したコーヒーと、ホットで抽出しそのまま冷蔵庫などで冷やしたコーヒーでは、味の違いに愕然とした差が生まれます。それほど急冷作業は大事なのです。

アイスコーヒーの入れ方

コーヒーの3つのポイントを踏まえた上で、入れ方です。今回はペーパーフィルターで淹れる方法をご紹介します。

1、ドリッパーを温める

2、ホットコーヒーの時より2倍のコーヒー豆を入れたペーパーフィルターをセットする

3、抽出するコーヒーの量よりも少し多めの氷を、ポット・カップにセットしておく

4、お湯を少量入れ、豆を蒸らす

5、ホットコーヒーと同じように抽出していく

以上がアイスコーヒーの入れ方です。ほとんどホットコーヒーの入れ方と同じですね。

いかがでしたか?アイスコーヒーはいつもドリップでコーヒーを淹れるという方は使う道具は一緒なのですぐにつくることができます。今回ご紹介した「深入り豆」を使用すること、「濃いめ」に抽出すること、「氷で急冷」をしっかりすることの3点をしっかり行えば、だれでも簡単に美味しいアイスコーヒーをつくることができます。これからの暑い季節、よりさっぱりするために、レモンや柑橘系のフルーツを入れて飲んでもいいですね。ぜひ自宅で美味しいアイスコーヒーを淹れてみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの豆知識
  2. 銀座カフェ
  3. コーヒーの賞味期限
  4. コーヒーメーカー
  5. NEWoManニュウマンカフェ
  6. ロンドンのコーヒーハウス
  7. 電源のあるカフェ・喫茶店
  8. 代用コーヒー
  9. コーヒーメーカー
  10. オールドクロップの珈琲
PAGE TOP