コーヒーの道具

人気のコーヒーショップランキングとコーヒーメーカーの種類

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「マイルドカルディ」

マイルドカルディに使われている豆は主に2種類です。一つはブラジル産の豆で、70%がアラビカ種と言われています。ブラジル産の豆は生産量が世界第一位と言うこともあり、日本国内では最も安定して流通しています。

味の特徴としては全体的に酸味が少ないこと、加えて苦みも少ないため味のバランスが非常に良く、そのコクも柔らかなコーヒー豆です。

一方のコロンビア産の豆はほどよい酸味と苦みを持ち、コクもまろやかで「基本的なコーヒーの味」と言われているコーヒー豆です。この2種類のコーヒー豆を中心にブレンドした中煎りのマイルドカルディは、酸味と苦みのバランスが良く、コクも標準的です。

200gで496円とコストパフォーマンスも高く、全体的にクセがなく飲みやすいコーヒーなので、来客用などにも向いています。また、このコーヒーを基にして、「より酸味の強い豆を・・・」「よりコクのある豆を・・・」などと、自分の好みを見つけ出していくのにも適したコーヒーともいえるでしょう。

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「スペシャルブレンド」

スペシャルブレンドに使用されているコーヒー豆は、主にブラジル産とコロンビア産でマイルドカルディと同じです。しかし価格が200gで507円と少々高くなっていることから、その配合を変えているようで、マイルドカルディでは抑えられていた苦みを、スペシャルブレンドでは少し強くしているようです。

焙煎はマイルドカルディもスペシャルブレンドもやや浅煎りですが、スペシャルブレンドでは苦みとコクを強調させることで深みが増し、マイルドカルディで苦みが少し足りないと感じた方におすすめ出来るコーヒーとなっているようです。

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「イタリアンロースト」

イタリアンローストは冬期のみの銘柄で夏期にはアイスブレンドと言う銘柄になるコーヒー豆です。200gで567円のこのコーヒーに使用されている豆は主にブラジル産とコロンビア産ですが、ブラジル産のコーヒー豆を深煎りにすると苦みが出る特長を生かしつつ、一方では深煎りにすると甘みが出るというコロンビア産の豆の特長を生かしてブレンドされています。

飲んでみると酸味はほとんど感じられず、苦みを前面に押し出したコーヒーなので、苦いコーヒーが好きな人や、カフェオレやカプチーノへの使用がおすすめです。そして、もちろんイタリアンロースト銘柄のコーヒー豆でも、アイスコーヒーに向いています。

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「プレミアムブレンド」

プレミアムブレンドはマイルドカルディやスペシャルブレンドでも使われている銘柄と同じ、ブラジルとコロンビア産に加えてグアテマラ産の豆も使われていますが、3種類の豆すべてで有機栽培の生豆が使用されているため、200gで750円と少々お高くなっています。

グアテマラコーヒー豆は甘みがあり、フルーツのような芳香な薫りを持ち、少し強い酸味を持っていますが、その酸味は質がよく上品なものです。

プレミアムブレンドの焙煎は深煎りで味と苦みのバランスが良いのが特徴。しっかりとコーヒーの味わいが広がるコクを持ち、砂糖やミルクを入れて飲む方におすすめのコーヒー豆です。

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「モカブレンド」

モカブレンドではコーヒー基本の味と言われるコロンビア豆に加えて、エチオピア産の豆もブレンドされています。モカとはイエメン共和国の港町の名前で、ここからイエメン産のコーヒー豆の他、エチオピアの豆も出荷されていたため、イエメン産の豆はもちろんのこと、エチオピアの豆もモカと言われるようになりました。

エチオピア産のコーヒー豆の特徴は、まず香りが良いことです。また、やや強い酸味があり非常にフルーティーな味わいがある反面、苦みやコク、そして甘さも控えめになっています。

200gで価格が718円のモカブレンドは、コロンビアとエチオピアの豆をブレンドし中浅煎りにすることで、エチオピア豆の特徴である酸味を残しながら、コロンビア豆を加えることで、コクがあり少しどっしりとした印象の飲み応えです。

カルディコーヒー人気のコーヒー豆「まとめ」

カルディコーヒーのサイトで発表されている人気のコーヒー豆ベスト5を紹介しました。紹介したコーヒー豆の他にも様々なブレンドや、季節限定ものの豆など、カルディコーヒーファームの店頭には、多くの種類のコーヒー豆がそろっています。

近年、コンビニのコーヒーも進化していて、とても美味しくなっていますよね。よく飲むという人も多いかと思います。コンビニコーヒーはレジでお金を払うとホットなら紙パック、アイスならプラスティックカップをもらって、そこにコーヒーマシンの飲み物を入れるのが一般的ですが、実はコンビニによってはタンブラー(水筒)を持参してそれに入れることもできます。スターバックスのようなカフェでは、タンブラーを持参すると割引になったりしますが、コンビニでも店によっては割引を受けたりすることもできます。今回はそんなコンビにコーヒーとタンブラーについて各社コンビニを比較しながらみていきたいと思います。

タンブラーとは

タンブラーとは水筒と同じでコーヒーなどを入れる保温性の高い容器です。よくスターバックスなどのコーヒーチェーン店で売られており、タンブラーを持参することで、カップを使わずエコに貢献しているということで、商品の値引きが受けられたりします。店の紙カップを使わないので環境に優しいというエコ目的の人や、保温性を利用したい人、コーヒーを飲む時の容器にこだわりたい人、かっこいいタンブラーのデザインが使いたい人など、目的は人それぞれです。

セブンイレブンでタンブラー

コンビニコーヒーの代表格であるセブンイレブンですが、タンブラーの導入に関しては少し遅れをとっています。現在セブンイレブンでは、店舗によっては使えないところもあるのが現状で、「禁止ではない」のですが実際には店舗によってはタンブラーを持参しても断られることがあるようです。そのためタンブラーによる割引は特になく、レジで許可をもらう必要があり少し面倒に感じるかもしれません。割引はされないので、コーヒーが冷めないようにという目的であれば活用できそうですが、コーヒーの抽出機械にサイズが大きめのタンブラーはすっぽり入らないので少々使用しづらいです。

ローソンでタンブラー

ローソンでは、タンブラーを持参すると割引を受けることができます。この「タンブラー割引」はコンビニ各社ではまだローソンのみの取り組みです。まだコンビニ各社はタンブラーの持参まで対応できているところは少ないのですが、ローソンはいち早くタンブラー持参に対応しています。具体的には、タンブラーを持参するとローソンのマチカフェドリンクが全品10円引きになるというわけです。嬉しいですね。

ファミリーマート・サークルKサンクスでタンブラー

ファミリーマートやサークルKサンクスは、特に値引きはないので値段はそのままですが、タンブラーの使用は可能になっています。コーヒーを購入したら、特に許可を得なくてもそのままタンブラーに注ぎ込むことができます。保温性を重視する人や、こだわりのタンブラーを持ちたい、エコに貢献したいという人は活用できそうです。

ミニストップでタンブラー

主要なコンビニ各社で唯一タンブラーの使用を「禁止」しているのがミニストップです。ミニストップではタンブラーの使用そのものが禁止されているので、お店でタンブラーにコーヒーを注いではいけません。もちろん割引もなしです。今後タンブラーの使用に前向きになることを期待したいですね。

いかがでしたか?まだまだコンビニコーヒーで割引をしているところは少ないですが、保温効果などのメリットがあるのでタンブラーの活用はおすすめです。しかし、サイズが大きいタンブラーの場合には、コンビニのコーヒーマシンに入り切らない場合があるので、基本的にはサイズが小さいタンブラーを持参するようにしましょう。

チンバリ社

イタリアの老舗エスプレッソマシンブランドで、2012年に創業100周年を迎えました。

<注目マシン>
M100-DT3(TS)B
「M100」は2012年、チンバリ社創立100周年を記念してリリースされたモデル。

「インテリジェンス」の頭文字「i」を冠した「M100 i」は、その名の通り、知性を感じさせるマシンです。ホルダーをミルにセットすると情報が無線でマシンに送られ、シングル・ダブルのいずれかを認識し、適正な挽き目と豆量がグラインドされるほどの高性能ぶり。

4種類のミルクが作れる「ターボミルク」機能も搭載し、冷たいミルクフォームも簡単に作れるため、夏場のアイスドリンク作りなどに重宝しそうです。

やけどを防止する「ターボスチームコールドタッチ」など、使う人にもやさしい機能もうれしいところです。

ヌォーヴァ・シモネリ社

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(WBC)へのスポンサー活動で知られるイタリアの老舗。

<注目マシン>
VICTORIA ARDUINOVA 388 Black Eagle(ブラック イーグル) T3 TFT V 2gr

「ヴィクトリア・アルドゥイーノ ブラックイーグル」は、世界のトップバリスタたちの声をもとに研究開発された高性能マシン。

注目の新機能は「グラヴィメトリックテクノロジー」。これまでは、コーヒー抽出時に湯量を計測して抽出の均一を図っていましたが、ドリップトレイにスケールを搭載することで、カップへ抽出されたコーヒーの重量によって、さらなる抽出の精度を高めることができるようになりました。

ラッキーコーヒーマシン社

自社ブランド「BONMAC/bonmac(ボンマック)」のほか、ラ・マルゾッコの日本代理店を務めるなど、国内外のブランドを多数取り扱っています。

<注目マシン>
ランチリオ・CLASSE11

「ランチリオ CLASSE11」は、エスプレッソ・イタリアーノの認定済み。新機能「エクセルシウス システム」により、豆の特性を最大限に店かしたエスプレッソを抽出してくれます。

スマホ世代のバリスタを想定し、強化ガラスで作られたタッチスクリーンパネルでマシン操作が行えたり、スピーカーをマシンに内蔵したりと、現代的な進化を遂げています。

ベーエムエフジャパン

ドイツ製業務用エスプレッソマシンを扱い、業務用コーヒーマシンにおける国内シェアのトップクラスを誇る企業。

<注目マシン>
WMF espresso 5500

「WMF espresso」はヨーロッパでの大ヒットを受けて、日本でも販売が開始されました。

マニュアル・オートマチックのいずれの機能も備えたセミオートマシン。オートモードだと、バリスタが設定した通りに、豆のグラインドから抽出までを自動で行うこともできます。スチーム機能もオートとマニュアルの設定が可能。

清掃もオペレーションも容易で、ドリンクのクオリティだけでなく使いやすさの面からも好評を得ています。

フランケ

スイスに本社を置き、日本には2004年に事業所が誕生。業務用全自動コーヒーマシンが主力良品。

<注目マシン>

C250FM

「C250FM」は、カプセル式の最新全自動マシン。カプセルはドイツK-fee(R)製。挽きたての豆そのものを最大約15gも封入されています。コーヒーだけでなく、チョコレートや紅茶、ハーブティーなどの商品メイクも可能です。きめ細かいプオームミルクをボタン1つでつくる画期的な新機能も搭載し、生乳のフォームミルクを使ったドリンクも作れます。

味は本格的なのに、カプセルをセットしてボタンを押すだけという平易なオペレーションも魅力です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーの豆知識
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー人気
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. スペシャルティコーヒー
  9. 沖縄のコーヒー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP