コーヒーの道具

プロも注目、金属フィルターの特徴と種類

コーヒーをドリップで淹れる際に使用する「フェイルター」。ペーパーフィルター、金属フィルターなどがありますが、今回は「金属フィルター」の話です。その特徴やメリット、種類などをご紹介します。

金属フィルターの特徴

近年、コーヒー専門店などプロの間で注目が集まっている「金属フィルター」、名前の通り、コーヒーをこす部分が金属でできています。形はペーパーフィルターとあまい変わらないですが、ペーパーではないのでゴミが出ず、壊れるまでは連続して使用できるため環境に優しいというメリットがあります。更に、ペーパーフィルターだと、コーヒー豆の油分までこしてしまうので味わいがすっきりとするのですが、金属フィルターの場合、このコーヒーの油分まで抽出されるので、コーヒーの香りや風味をよりダイレクトに感じることができます。個性的な風味や香りを持つ豆を味わう際に使用するのがおすすめです。

お手入れ方法

ペーパーフィルターは、使用後はゴミ箱に捨てる使い捨てタイプですが、金属フィルターは壊れるまでは何度でも繰り返し使用できます。より長く使用するためには取扱いは丁寧に行います。コーヒーオイルは固まると金属の網目に詰まってしまうので食器用洗剤でしっかりと油分を落とすことが重要です。ただし、メッシュ部分は力を入れすぎると破損してしまうため優しく洗うことも大切です。

金属フィルターの種類

金属フィルターにも様々な種類があります。特徴も踏まえご紹介します。

「縦型スリットタイプ(ゴールドメッキ)」

縦型のスリット形に純金が二重にコーティングされています。縦型スリットは、コーヒーの油分の目詰まりが少なくお湯の抜けも良いです。高温短時間抽出が可能。

「杉綾模様タイプ(ゴールドメッキ)」

杉綾模様の織物のような複雑なメッシュで、お湯の抜けが割とゆったりめなのでしっかりとしたコクを感じる味わいとなる傾向があります。酸化しない純金メッキで衛生的ですが、雑に扱うとメッシュ部分がはがれてしまう恐れもあるので注意が必要です。

「丸型パンチタイプ(ステンレス)」

ステンレスに小さい穴が等間隔に開いているフィルターです。お湯の抜けは良いですが、油分の目詰まりはしやすい構造で、ボディが強めのしっかりとした味わいになる傾向があります。

「ワンカップタイプ(ゴールドメッキ)」

杉綾模様タイプと同じメッシュで、こちらはマグカップに直接抽出する1杯用のフィルターです。コンパクトなサイズ感なので、会社やアウトドアでコーヒーを飲む際に重宝します。

いかがでしたか?金属フィルターにもいろいろな種類があり、油分の具合やお湯の抜け時間に違いがあるため、コーヒーの味わいに違いが出てきます。ペーパーフィルターにはない、何よりの利点は、「コーヒーオイルを程よく通すので、豆の個性が際立つ仕上がり」になるところです。すっきりとした軽めのコーヒーよりも、どっしりとしたコク、深い味わいのコーヒーを好む人は「金属フィルター」の方がもしかしたら好みのコーヒーを淹れるのには最適なのかもしれません。とはいえ、ペーパーフィルターにも利点はありますので、皆さんもペーパーフィルターと金属フィルターの2種類の飲み比べ、ぜひしてみて下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP