コーヒーの道具

ブルーマウンテンコーヒーの入れ方とコーヒーメーカーの選び方

ブルーマウンテンとは

ジャマイカにそびえる、「美しく輝く神秘の山」という意味をもつブルーマウンテン山脈の、標高800~1200mの間の限られたエリアで育てられたコーヒー豆のことをいいます。品種としては他のジャマイカ産のものと同じなのですが、過酷な環境で育ち、選りすぐられた豆は群を抜いた味になっています。

ブルーマウンテンの産地

上で述べたように、ブルーマウンテン山脈の800~1200mまでのエリアで栽培されたものしかブルーマウンテンと名乗れないのですが、実際は800m以下で栽培したにも関わらずブルーマウンテンと名乗っていることも多々あります。現に、日本で販売されているブルーマウンテンは、正規輸入量の3倍というデータがあるのです。

ブルーマウンテンの味覚とコク

芳醇な香りが立ち上り、豊かな香りと絶妙な甘味があります。苦みが少なく、クセが少ないのが特徴です。

ブルーマウンテンの生豆色

緑がすこし強いブルーグリーンです。

ブルーマウンテンの豆質

標高800mという過酷な環境で育った豆は、日本人に愛される高級豆です。しかし近年の現地で行われた調査で、品質が一定でなく、規格を満たすものが減っているとのことから、ブルーマウンテンがコーヒーショップや喫茶店から続々と姿を消しました。ハリケーンやさび病の流行もあったため、収穫までに2~3年かかってしまうことも踏まえると、また以前のように復活するのは先になりそうですね。

ブルーマウンテンの香り

購入する場所によってかわりますが、酸味・コク・甘味のバランスが良いコーヒーです。

ブルーマウンテンのロースト方法

バランスの取れた味わいのブルーマウンテンは、その豆の味を活かすためにあまり深く焙煎しないのがオススメです。

ブルーマウンテンの品質

豊かな太陽の光とたっぷりの雨や霧、昼と夜の温度差で育ったブルーマウンテンは最高級ランクのコーヒーです。急斜面で栽培されているため機械を使えないこと、もともとこの品種が害虫にやられやすいことから、すべての作業が人間の手によって行われています。だから生産量の少ない希少性の高いコーヒーになるのですね。

大きさにより名前が異なり、大粒なものからNo.1、同No.2、同No.3とランクがつけられています。他のコーヒーは麻袋に詰められて日本へやってくるのですが、ブルーマウンテンは樽に入って運ばれます。コーヒーの王様と呼ばれているのも頷けますね。

ブルーマウンテンの価格

ブレンドであれば安価なものがたくさんありますが、先述の通り輸入がもうほぼストップされている状況なのでブルーマウンテンのみのストレートの豆は入手しづらくなっています。100g2000円程度のところも多々あり、あまりにも安いものはほぼ間違いなくブレンドされたものか、標高が800mに満たないものだと思ってよさそうです。

ブルーマウンテンの入れ方

あまりにも熱いお湯で淹れてしまうとコーヒーのえぐみが出てしまいますので、90℃くらいのお湯を使うとブルーマウンテンの良さが引き立ちますよ。コーヒーを入れる機械がなくても、ペーパードリップなどで蒸らしの時間とお湯の管理をきっちりすれば美味しく頂けます。

コーヒーメーカーの選び方その1:何を飲みたいのか?が重要

コーヒーにも様々な種類があります。レギュラーコーヒーが飲めればいいのか、エスプレッソが飲みたいのか、カフェラテやカプチーノまで飲みたいのかなど。それによって選ぶコーヒーメーカーは違ってきます。

また、味にこだわるのか、見た目は、コストはどれくらいなのか、洗浄機能は、などポイントは色々あるので、まずは自分がどんなものが欲しいのかイメージすることが大切です。

コーヒーメーカーの選び方その2:一般的なドリップコーヒーを楽しみたい!

喫茶店で「レギュラーコーヒー」「ブレンドコーヒー」と呼ばれるタイプのコーヒーが飲みたい方は、最も一般的なコーヒーメーカーで大丈夫です。

自分でコーヒー豆を挽いて飲みたい!という方はミル付のコーヒーメーカーがあります。
また、ドリップするときに使うペーパーフィルターを節約したい方は、金属製のメッシュフィルターを使用しているコーヒーメーカーを選ぶといいでしょう。

注意点は、コーヒー粉をパックした「カフェポッド」を使いたいという方はカフェポッド式のコーヒーメーカー、最近人気が出てきた粉ではない「ポーション(カプセル)」でコーヒーを淹れたい方はポーションに対応したコーヒーメーカーを買いましょう。
カフェポッドやポーションは普通の一般的なコーヒーメーカーでは対応できないので、それ専用のものが必要となります。

コーヒーメーカーの選び方その3:エスプレッソやカプチーノが飲みたい!

一般のコーヒーメーカーにはエスプレッソやカプチーノが淹れられる設備は整っていません。ですので、エスプレッソが飲みたい場合はエスプレッソマシンを、カプチーノなどが飲みたい方はミルクタンク付きのコーヒーメーカーを買いましょう。
別々に買うこともできれば、エスプレッソ・カプチーノ・ドリップコーヒーと全て対応できるコーヒーメーカーもありますが、全対応のものは少々値が張ります。

コーヒーメーカーの選び方その4:どこのメーカーのものかにこだわってみる

マシンを作っているメーカーによってこだわりは様々です。例えば、ドリッパーの構造や穴の数はメーカーによってこだわりが顕著に出ます。
カリタ式は雑味が出る前に美味しさを引き出す三つ穴構造、ハリオはドリッパー内のらせん状のリブがドリッパーとフィルターの間に絶妙な空気の抜け道を作り美味しさを追求、メリタ式は注いだお湯が滞留しコーヒーの味わいをしっかり引き出すために一つ穴構造、など。

こういったメーカーのこだわりの部分にも目を向け自分好みの味わいが楽しめマシンを選びましょう。

コーヒーメーカーの選び方その5:保温性で選ぶ

一般的なコーヒーメーカーは抽出したコーヒーの入るサーバー(ポット)はガラス製です。保温のために加熱し続けるヒーターが付いていますが、時間が経つと煮詰まって味が劣化してしまうのが難点です。

そのサーバーがステンレス製の魔法瓶タイプのものがあり、こちらだと長時間コーヒーの味と香りをキープしてくれます。ガラス製のものより値段はやや高くなります。

コーヒーメーカーの選び方その6:機能を見てみる

タンクの中の水からカルキを抜いてくれる「洗浄機能付き」のコーヒーメーカー、自動で内部を洗浄してくれる「自動洗浄機能付き」のコーヒーメーカー、豆をセットするだけで自動で豆を挽いてそのまま抽出してくれる「全自動式」のコーヒーメーカーと色々あります。
自分にとって必要な機能を見て選ぶことも重要となってきます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. カフェ開業
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. カフェ・喫茶店のチェーン店
PAGE TOP