コーヒーの道具

フレンチプレスの底力!

コーヒーの淹れ方にはさまざまあります。日本ではまだなじみの薄い「フレンチプレス」はいかがですか?

フレンチプレスの器具を見て「紅茶の器具だ!」と思う人は多いようですが、もともと実はコーヒーのためにつくられたもの。お湯と粉を器具に入れて押すだけというシンプルな使い方は、意外と忙しい現代人にぴったりなのです。
フレンチプレスといえば、ボダム社のものが有名でプロからも「使いやすい」と評判です。定番はこちら「シャンボール」↓

(写真は、ボダム社サイトより:www.bodum.com/)

フレンチプレスの抽出のしくみ

淹れ方は、分量の粉を器具に入れ、分量お湯を注ぎ、2~4分(目安)待ったら抽出完了。金網フィルターで粉をギュッと押し下げ、抽出液だけをカップに注いでいただきます。このように、粉とお湯の軽量をきっちり行い、抽出時間を間違わなければ、テクニックいらずで誰でも平均的な味が出せるという利点があります。

フレンチプレスの魅力

フレンチプレスは、抽出が簡単なだけでなく、「豆の個性がストレートに出る」というメリットもあります。また、ペーパーやネルなどのフィルターよりも目の粗い金属フィルターで粉を漉すだけなので、うまみや香りを封じ込めた“コーヒーオイル”を漉し取ることなくふんだんに抽出されます。人によっては雑味を感じるようですが、フレンチプレスにしか出せない深いコクにハマる人も少なくありません。

また、豆の持ち味がストレートにお湯に反映されるため、品種や焙煎、豆の産地などによる味や香りの違いがわかりやすいのです。そのため、カッピング(コーヒー豆の味や香りを鑑定すること)にも採用される方法でもあるのです。

さらに、紙のフィルターのように毎回取り換える必要も、ネルのフィルターのように水に浸けて冷蔵保管する必要もなく、エコ&節約の観点からも優れた方法といえます。ただし、金属フィルター部分にコーヒーかすがたまると味が悪くなるため、定期的な清掃は必要です。ですが、半永久的に使えるそれを含めてもフレンチプレスには魅力があるといえます。

アレンジコーヒーを楽しむ

たとえば1人分350ccを淹れ、それを2回に分けてカップに注ぐとします。1杯目はあっさり、すっきりとした味わいですが、2杯目になるともっと抽出が進み濃く、深みのある味わいとなります。そのため、1杯目はストレートで豆の個性をそのままダイレクトに楽しんで、2杯目はミルクや砂糖を入れて味わうなど、“1回で2度おいしい”楽しみ方もできるのです。電動のミルク泡立て器があれば、フォームドミルクを浮かべるのも素敵です。

あの名店もフレンチプレスで淹れている!?

フレンチプレスといえば、なんといっても「丸山珈琲」。1991年に長野県軽井沢に創業し、2003年からフレンチプレスでの提供をスタートしました。それから、コーヒー界の新興勢力である「サードウェーブ系」を掲げるカフェのなかにも、淹れ方としてフレンチプレスを選ぶ店も増えてきました。これはもちろん、味がおいしいという理由だけでなく、誰が淹れても味が均一化しやすいというオペレーション上のメリットも大きいことも選ばれる理由なのでしょう。

一度使うと、便利さとおいしさから手放せなくなること請け合いのフレンチプレス。もともとはガラス製のものが一般的でしたが、最近では樹脂製のものなども発売され、“道具”としての魅力も向上してきました。あなたのキッチンの仲間に、おひとついかがでしょうか?

鮮やかなものを、インテリア雑貨感覚で選ぶのも◎

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP