コーヒーの道具

フレンチプレスのさまざまな楽しみ方

初心者でも簡単にコーヒーが入れられる器具「フレンチプレス」。油分などを残しながら抽出できるので、コーヒーが持つさまざまな個性をダイレクトに楽しめるので、コーヒーを1番美味しく飲める抽出器具とも呼ばれています。今回はその「フレンチプレス」を更に楽しむさまざまな方法についてご紹介します。

1杯目と2杯目の違いを楽しむ

フレンチプレスにはいろいろな大きさがありますが、1番小さい350ccのタイプのものでも2杯は抽出することができます。なので、1杯目と2杯目の味の違いを楽しむことができます。2杯目は1杯目より少し重くなる傾向があるので、たとえば、熱い淹れたての1杯目はストレートで豆の個性を存分に楽しんで、2杯目ではミルクや砂糖を入れてどのように変化するのか試すといったような飲み方がおもしろいです。また、何人かでコーヒーを飲む時は、日本茶を入れるときに少しずつ回し注ぎをするような感じでコーヒーを入れていくと、全員のカップが均一の味わいになります。

クリーンな味わいにする

フレンチプレスで入れたコーヒーは、舌の上に残るほどの極少量ですがコーヒーの粉は残ります。クリーンにしたい場合は、4分経過後に、ブランジャーを下げる前、1度ふたをはずして浮いたアクを取り除きます。こうするとクリーンになりますが、取り除きすぎてしまうと、香りも薄くなってしまうので適度な加減をしましょう。それか、1杯目を注ぐ前に少しだけ捨てることで、アクを避けることもできます。

飲み比べを楽しむ

フレンチプレスのメリットとして、入れ方による味わいのブレがなく、均一に淹れられるというのがあります。このメリットを生かして、さまざまな種類のコーヒーを淹れて飲み比べをしてみるのもいいでしょう。また、それぞれのコーヒーに合う食べ物などを持ち寄り、何人かでフードペアリングを楽しむのも素敵です。コーヒーは一人で飲むのもいいですが、何人かで飲み、ああだこうだとコーヒーの感想をお互いに言い合うことがとても大切です。感想を言い合うことで、自分では感じられなかった味わいの発見などがあり、より楽しい時間となるでしょう。

デザインを楽しむ

フレンチプレスには、形や大きさ、カラーバリエーションまで豊富にあるので、自分の好きなデザインのものを選ぶことができます。また、コーヒーを飲む時に一緒にテーブルの上に出すことができるので、その時の人数や気分にあったものを選ぶのも楽しいでしょう。

外側に幾何学模様があしらわれているものや、持ち手などにウッドを使用したオシャレなもの、2重構造になっていて重厚感のあるもの、個性的なフォルムのもの・・・・自分のお気に入りをみつければ、コーヒーを淹れるのもわくわくしそうですね。

いかがでしたか?「フレンチプレス」はとても簡単な手順で抽出できる器具ながら、さまざまな楽しみ方をすることができる器具です。更に、お手入れをきちんとしていれば長く使用することができます。値段もそこまで高価ではないので、飲み比べをする時用などにいくつか持っていても損はないでしょう。みなさんも「フレンチプレス」で、さまざまな楽しみ方をぜひ体験してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 名古屋喫茶店モーニング
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーの効果
  4. 神保町の喫茶店
  5. コーヒーの砂糖とミルク
  6. 電源のあるカフェ・喫茶店
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 電源のあるカフェ・喫茶店
PAGE TOP