コーヒーの道具

ハンドドリップコーヒーの使い方と水出しコーヒーの作り方

コーヒーサーバーを使う理由

ハンドドリップでは、コーヒーサーバーを使った方が現在入っている量がわかりやすいです。
コーノ、メリタ、ハリオなどの各メーカーから、色々なコーヒーサーバーがでており、全てガラス製で中身も見やすいです。また、目盛りがついており、ドリップされた分量が一目でわかります。

普通のコーヒーサーバーの欠点

一方、サーバーはガラス製のため、扱い方を間違えると割れてしまいます。また、耐熱性はある程度あるものの、直火にかけて保温することも難しいです。ティーライトキャンドルを使う「キャンドルウォーマー」を使えば保温もできますが、「これだけのために買うのか?」と思う方もいるかもしれません。電子レンジが使えるサーバーもありますが、加減しないと味が飛んでしまいます。
こうしたコーヒーサーバーの欠点を補える、コーヒーサーバーの代わりになるものをご紹介します。

超お手軽にしたい! プラスチック製の計量カップを使う方法

様々なサイズのプラスチック製の計量カップが売られております。もし、上にドリッパーが置けるほどの大きさがあり、かつドリッパーが落ちなければ、ドリッパーとしては充分使えます。また、割れる心配もなく、物によってはコーヒーサーバーより安く手に入れられます。研究室にあるビーカーっぽいデザインもまた素敵ですね。
一杯分が120-150mlですので、入れる分量に応じて目盛りを見ながら使ってください。

また小さい計量カップの場合は、「ドリップスタンド」や「やぐら」など、ドリッパーを固定できる道具を使えばドリッパーを固定して入れることができます。ネルドリップの場合は枠を手にもって扱うことも多いので、どんな大きさのものでも扱えます。

アウトドア向け! 目盛り付きのシェラカップを使う方法

ちょっとした料理に手軽に使えて、火にもかけられ、かつお皿にもなるシェラカップを使う方法です。上にドリッパーを置くと見えなくなるため、主にネルドリップに向いています。
シェラカップは上からでも目盛りが見やすいので、どれくらい入れたかだいたい把握することができます。また、火にかければ、寒い屋外で飲む場合にも保温ができます。
また、ミルクを入れて暖め、分量分のコーヒーを入れれば、手軽にホットカフェオレが作れます。

いつも通りの使い心地で、もっと気軽に。安清式コーヒーサーバー アンブレイカブル

「ブランディングコーヒー」というコーヒー器具の通販ショップで売られている、「安清式コーヒーサーバー アンブレイカブル」というサーバーがあります。
このコーヒーサーバーは見た目は普通のガラス製コーヒーサーバーとほとんど同じですが、頑丈なポリプロピレンでできているため、割れることがありません。
同じサイトで売られている「くるむくん」という保温用の道具も使えば、熱も逃げにくいです。ただし、このサーバーはレンジや直火では使用できないのでご注意ください。
値は張るものの、コーヒー好きの人で初めてサーバーを買うのであればこれはかなりおすすめできます。

コーヒーサーバーの代わりに使えるものは、他にもあります。
メモリがついていて、ある程度入れた量を管理できるものであれば、何でも使うことができるので、使いたいシーンに合わせて道具を選んでくださいね。

基本的にはアイスコーヒーを作るとき、濃い目に入れた熱いコーヒーを氷を満たした容器に注いで作ります。ですが、夏は暑いのにお湯を沸かさないといけないんですよね。熱い分氷もたくさん必要で、初めての場合薄くなりすぎたり・・・。そこで、今回は簡単に火を使わず美味しく飲める水出しコーヒーの魅力をお伝えしようと思います。

水出しコーヒーの生まれたきっかけ

戦前オランダ領だったインドネシアでは、ロブスタ種のコーヒー豆が栽培されていました。しかしご存じの通り、ロブスタ種は大量生産できる代わりに刺激が強く、ストレートで飲むには刺激が強め。そこで水出し(ダッチコーヒーとも言います)という抽出方法が考えられたそうです。水出しにすると、カフェインなどによる刺激感が和らぎ飲み口がよくなる上に、酸化しにくく冷蔵庫での保存がきくというメリットがあります。

生まれたのはオランダ領でしたが、特にオランダでメジャーな飲み方というわけではなく、そのようなものは存在しないとも言われています。

水出しコーヒーの作り方

方法としては、水出しポットを購入する方法、水出しコーヒー用の器具を購入する方法があります。

こちらはハリオから販売されている水出しポットです。価格も1500円前後とお手頃で、粉にしたコーヒー豆と水を入れて冷蔵庫に入れておけばおいしい水出しコーヒーがいただけます。手入れもしやすく、これを使えば他には何も器具がいらないので、手軽に楽しむにはピッタリですね。この方法は簡単ですが、雑味が出やすいので良質で新鮮な豆を使うのがポイントです。

こちらはカリタから販売されている本格的な水出しコーヒーメーカーです。こちらは冷蔵庫で置く形ではなく、点滴のように少しづつ水を滴らせて抽出します。インテリア性も高く、キッチンのカウンターなどにディスプレイしていても生活感が出なくてオシャレですね。価格は2万円~5万円ほどで、容量の大きさで変動があります。時間が掛かりますが、浸しておく方法よりも雑味が出にくいのがポイントです。

今すぐチャレンジしたい!という方には、無印良品やスーパーでコーヒー豆がパックに入っている状態のものが販売されていますのでそちらでお試しいただくか、おうちに深煎りの豆とミルがあれば普通のポットに豆と水を入れて冷蔵庫で置き、飲む前にペーパーで濾すという方法がありますよ。その場合はフィルターが目詰まりしないよう、中挽きにするのがポイントです。

美味しさの理由・オススメの豆

水で抽出すると、お湯を使った時よりもカフェインやタンニンが溶け出しにくいので、ドリップしたものよりも口当たりが優しく、苦いコーヒーが苦手な方でも飲みやすくなります。さらに油分もあまり溶け出さないので、さっぱりとした風味になります。香りがそのまま封じ込められるので、状態の良い新鮮な豆を使ってくださいね。

ドリップする場合には中煎りや浅煎りのものも多いですが、水出しコーヒーに使う場合はその酸味などが青臭く感じてしまいます。ですので、深煎りのものを使います。モカやグアテマラが水出しコーヒーに合うようです。エスプレッソ用に買った豆も使えますよ。

いかがでしたでしょうか?簡単に出来るのですが、その反面豆の種類や挽き方で大きく味が変わって面白いのが水出しコーヒーです。暑い夏は爽やかなコーヒーで乗り切りましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. 銀座カフェ
  2. コーヒーメーカー
  3. 名古屋喫茶店モーニング
  4. コーヒーメーカー
  5. 海外のカフェ
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーミル
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの入れ方
PAGE TOP