コーヒーの道具

布でコーヒーを抽出!ネルドリップの特徴

コーヒーを抽出するための方法はいくつもあります。たとえドリップコーヒーであったとしても、ドリップに使うフィルターをペーパーフィルターにするのか、それとも金属フィルターにするのかなどでコーヒーの味が変わります。今回はそんな中でも“布”を使ってコーヒーを抽出するネルドリップについて、その特徴や作り方、手入れの方法などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

ネルドリップとは

ネルドリップとはひとことで言うと、ドリップコーヒーを抽出するための方法の1つです。ネルフィルターという紙ではなくて布のフィルターを使ってコーヒーを抽出するという独特な方法になります。ネルドリップは1821年にイギリスで開発されたと言われており、現在のドリップコーヒーの元祖的な存在です。ネルドリップの「ネル」は「フランネル」の略であり、布を意味します。そのために一部の人は「布ドリップ」などとも言います。布を使用するので、この素材の違いが最終的に出来上がるコーヒーに味の変化をもたらします。

ネルドリップの特徴

ネルドリップの特徴は、自由度が高く、お湯を入れて抽出する際にコーヒーの粉を最大限に膨らませることができることです。コーヒーの粉はお湯を注いでからあらゆる方向に膨らむことができ、十分に蒸らしてコーヒーのみ出せるのです。内部で対流が起こりやすくなり、粉が攪拌されます。ペーパーフィルターではプラスティックや陶磁器でできた固い“壁”に紙を入れますが、そうすると、どうしてもコーヒーの粉が固い壁に囲まれてしまい、お湯を入れた際に十分に広がることができません。自由度が高い分、難易度が高いのですが、うまく淹れられたときには達成感を感じることができるでしょう。

またネルフィルターは毎回同じ布を使用します。そのためにコーヒーの抽出で付着したコーヒー豆かすを掃除する必要があり、お手入れをしっかりとできる人でないと美味しく淹れることはできません。手間はありますが、環境保護には貢献できますよね。

通常のドリップとは何か違いはあるのか

一般的にネルドリップとペーパードリップを比較した際には、ネルドリップの方がコーヒーオイルがより多く抽出されるので味がしっかりし、質感もとろっとした感じになります。ネルフィルターとペーパーフィルターでは、ネルフィルターの方が目の粗い布で出来ているので、より多くの成分を抽出することができるのです。ただし、これはコーヒーを飲む人の好みでもあり、すっきりとしたペーパードリップが好きな人も多いです。

いかがでしたか?このようにネルドリップは手間がかかるものの、コーヒーの味を最大限に引き出すことができます。ちなみに、お手入れに煮沸がありますが、煮沸の作業を怠ると、残ったコーヒー豆の粉が酸化して、カビのような臭いが発生したり、そのネルフィルターを使って抽出したコーヒーの味が悪くなるので注意です。ネルフィルターの手入れは何かと面倒ではあるのですが、これを怠ってしまうと美味しいコーヒーを飲むことができなくなるので、定期的にメンテナンスしながら、美味しく飲みましょう。ドリップとネルドリップでは、味わいに違いが感じられると思うので、普段の生活でペーパードリップを飲んでいる人は是非一度試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. ラテアート
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. 海外のコーヒー
  6. コーヒーメーカー
  7. ロンドンのコーヒーハウス
  8. コーヒーメーカー
  9. ペットボトル入りコーヒー豆
  10. カフェ開業経営
PAGE TOP