コーヒーの道具

コーヒーとマイボトルは永遠のパートナー

エコ&節約ブームを受け、マイボトルが人気です。

都心のカフェで見ていると、サーモス派と象印派が多いようです。また、スターバックスやタリーズなどのコーヒーショップのオリジナルブランドのものもちらほら。

コーヒー好きで、まだ持っていない方、そろそろおひとついかがでしょうか? 以下におすすめの理由などを挙げますのご参考にしてください!

(筆者私物。どれも1~2年快適にヘビーユーズ中。
左:スターバックスの限定品。473ml、中:和平フレイズ製。800ml、
右:非売品。サーモステンレスボトル300ml)

マイボトルは節約になる

主要コーヒーショップ、カフェでの割り引き状況をまとめました。

スターバックス
「タンブラーやマグカップを持っていくと20円割り引き」
http://www.starbucks.co.jp

タリーズ
「タンブラーやマグカップ、ステンレスボトルなどでドリンクを買うと30円割り引き。」
http://www.tullys.co.jp/

(公式サイトより写真借用)

カフェ・ド・クリエ
「マイボトルでテイクアウトの場合、30円割り引き。」
http://www.pokkacreate.co.jp/

上島珈琲店
「マイタンブラー持参で50円割り引き。」
http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

<記>
*ドトール、カフェ・ベローチェ、マクドナルドなどのファストフードは同様のサービスは現在実施していないようです。
*ホイップクリームなどを使うアレンジコーヒーも入れてもらえますがあまりメリットがないので、レギュラーコーヒーを入れてもらうのがおすすめです。

飲み残しをそのまま持ち帰れるのもうれしいところ。保温・保冷効果のあるものならさらに便利です。

マイボトルはエコ

ボトルは洗えば、半永久的に使えます。部品のパッキンだけは消耗品なので、ヘタってきたら交換したほうがいいでしょう。保証期間なら送料込み数百円で郵送してくれるメーカーは少なくありません。

また、マイボトル割り引きサービスをしているコーヒーショップでは、注文時に「軽く洗ってください」とお願いすれば対応してくれます。もちろん、自宅でも毎日洗うものですが、出ずっぱりのときなどはうれしいサービスです。

マイボトルの選び方

アマゾンや楽天などのネット通販サイトでの品ぞろえが豊富で選びきれないと思いますが、レビューを参考に好きな形、デザインのものを選んでOKです。毎日使うものだから、自分の好みに合ったもの、目に入ったときに幸せな気持ちになるものこそがあなたのベストパートナー。

容量は、500ml前後が持ち歩き時にかさばらず、量もちょうどいいぐらい(トールサイズが無理なく入る程度)です。ペットボトル程度と思えば、持ち運びの負担はたいしたことないと思いませんか?

ちなみに、おさらいですが、セルフ方式のコーヒーショップでは

ショートサイズ 約240ml
トールサイズ 約350ml
グランデサイズ 約470ml
ベンティサイズ 約590ml

がサイズ基準となっています。いつも飲むサイズに合った容量がゆったり入るサイズを選ぶようにしましょう。
軽量、真空断熱などと機能性をうたうものもありますが、あまり深く考えず(2000円ちょっと出せばある程度いいものが買えるので)、まずははじめてみましょう!

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 海外のコーヒー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーのバイト
  5. コーヒー中毒
  6. コーヒーメーカー
  7. 東京下町のカフェバッハ
  8. コーヒーの効果
  9. 神保町カフェ人気
PAGE TOP