コーヒーの道具

コーヒーメーカーのおすすめの種類と比較

20172017自宅で上質なこだわりの一杯のコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーは、今ではたくさんの種類が存在します。みなさんはその違いをご存じでしょうか?

コーヒーメーカーの種類

単にコーヒーメーカーと一言で言われても、その機器の種類は数えきれないほど多く、一見違いが分かりにくいのが現状です。コーヒーメーカーには主に3種類あり、

ドリップ式コーヒーメーカー

カプセル式コーヒーメーカー

エスプレッソマシン

になります。

ドリップ式コーヒーメーカー

皆さんがコーヒーメーカーと言われて最初にイメージするのがこのタイプかと思います。コーヒー豆や、粉タイプのコーヒーを使ってコーヒーを淹れるタイプです。

挽いた豆をコーヒーメーカーにセットし、水タンクに水を補充してスイッチをONにするだけで、お湯を沸かしてコーヒーをドリップしてくれます。

またこのドリップ式の中でも、更に分類することができ、

ミル無しドリップ式

ミル有りドリップ式

の2種類があります。

ミルというのは、コーヒー豆を砕いたり、裂いたりする機械のようなもののことです。

ミル無しドリップ式は今、世間に最も普及しているタイプです。ミルがついてないので、粉コーヒーを買うか、豆から挽きたい場合は別途でミルを購入するしかありません。

最近のミル有りドリップ式はほとんどが全自動タイプです。豆を投入してタンクに水を補給し、スイッチを押すだけであとは全てコーヒーをドリップしてくれます。
フィルターはメッシュフィルターなら、毎回紙フィルターをセットする必要も無く、機器によれば抽出前の水を使ってミルの洗浄までやってくれるタイプもあります。

カプセル式コーヒーメーカー

カプセル式コーヒーメーカーは最近流行してきており、コーヒー豆からコーヒーを作るのではなく、専用のカプセルとタンクに水をセットすれば、カプセルからコーヒーを抽出してくれるタイプです。

ちなみに専用カプセルはコンビニなどでも売られており、最近のコンビニではドリップコーヒーが100円で買えることを考えると、1つ80円ほどのカプセルが必要なネスプレッソはなかなか高めに感じられます。
しかし、味わいはコンビニコーヒーとは比べものにならないほどのクオリティです。お店のものより遥かにレベルの高いエスプレッソやカプチーノをボタン1つで飲めることや、自分の好みの濃さでドリンクが作れることを考えると、1家に1台置いておきたいマシンといえます。

エスプレッソマシン

エスプレッソマシンとは名前の通り、エスプレッソコーヒーを抽出するのに特化した製品です。

まず、エスプレッソコーヒーとは特殊な機械を使って挽いた豆に圧力をかけて抽出した濃厚な味わいのコーヒーのことです。

しかし、機械が大きいのでスペースを取られるが、他では味わえない濃厚さなので、玄人向けです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP