コーヒーの道具

コーヒーミル手動式とマイボトルの人気ランキング

1位:カリタ コーヒーミル KH-3

手動コーヒーミルの中でも、洗練されたデザインが特徴となっているのがこちらです。コーヒーミルとしてのデザイン性にも優れており、レトロなデザインだけにどのような家庭にもマッチするようなものとなっています。

それでいて、手動で豆を挽く時にも力は必要なく、快適にコーヒーを楽しむことができるようになっています。コーヒーを飲みたい方はもちろん、挽くこと自体が好きな方にとっても満足できるアイテムの一つだと言えるでしょう。

自分の好きなコーヒーの挽き方ができる点に関しては、抜群の性能だと言えます。

2位:ハリオ セラミックスリム MSS-1B

ハリオのコーヒーミルの中でも、特に人気があるのがこちらです。耐熱ガラスメーカーということもあり、その技術をコーヒーミルにも取り入れているのが特徴となっています。

また、シンプルなデザインだけに、ちょっとしたコーヒー好きという方から長年コーヒーを愛飲している方にも人気があるものとなっています。それでいて、豆の風味をじっくりと引き出すことができるので、本格的な味わいを楽しむことができるものとなっています。

ハリオの商品はセラミックという点を売りにしているため、洗うのも簡単なのが嬉しいところです。使い方も簡単ですし、それでいて手入れも簡単ということで、コーヒー初心者の方からベテランの方まで利用しているのも特徴です。

3位:カリタ クラシックミル

特徴的な木目調が印象的なカリタから、もう一つおすすめできるコーヒーミルがこちらです。レトロなデザインはそのままに、ゴリゴリと豆を挽く楽しさを味わうことができる商品となっています。

もちろんコーヒーの香りを損なうことなく、本来の味わいを楽しめるので、コーヒー好きにとってはたまらない商品だと言えます。クラシカルなデザインも人気で、多くの方がインテリアなどとしても使っています。

また、本格的な店でも採用されていることが多く、使っているところも多いのが特徴的です。

4位:ポーレックス セラミックコーヒーミル

こちらはセラミックとなっていて、機能性が高い点が人気のコーヒーミルとなっています。錆びや劣化を引き起こすことがないため、摩擦熱も軽減するため、豆本来の味わいを楽しむことができるコーヒーミルです。

手動だとどうしても豆のレベルが下がってしまうことが不安という方も多いですが、こちらの商品は誰もが簡単に豆を挽けるようになっているので、楽しみも豊富です。コーヒー好きなら、置いておいて損はないコーヒーミルだと言えるでしょう。

また、エスプレッソ用の極細挽きもできるようになっているので、様々な楽しみ方ができるのも特徴と言えます。

5位:ハリオ セラミックスリム スケルトン MSCS-2TB

利便性の高さで人気を得ているのが、こちらのコーヒーミルとなっています。セラミックとステンレスで作られているので、丸洗いできてしまうのが便利です。

コーヒーミルは意外と洗うのが大変だと思っている方も多いため、そういう方にとってはこちらの商品がおすすめだと言えます。

使い易さも十分ですし、何より美味しいコーヒーを淹れることができるので、ワンランク上の楽しみ方ができるのも嬉しいところです。

エコ&節約ブームを受け、マイボトルが人気です。

都心のカフェで見ていると、サーモス派と象印派が多いようです。また、スターバックスやタリーズなどのコーヒーショップのオリジナルブランドのものもちらほら。

コーヒー好きで、まだ持っていない方、そろそろおひとついかがでしょうか? 以下におすすめの理由などを挙げますのご参考にしてください!

(筆者私物。どれも1~2年快適にヘビーユーズ中。
左:スターバックスの限定品。473ml、中:和平フレイズ製。800ml、
右:非売品。サーモステンレスボトル300ml)

マイボトルは節約になる

主要コーヒーショップ、カフェでの割り引き状況をまとめました。

スターバックス
「タンブラーやマグカップを持っていくと20円割り引き」
http://www.starbucks.co.jp

タリーズ
「タンブラーやマグカップ、ステンレスボトルなどでドリンクを買うと30円割り引き。」
http://www.tullys.co.jp/

(公式サイトより写真借用)

カフェ・ド・クリエ
「マイボトルでテイクアウトの場合、30円割り引き。」
http://www.pokkacreate.co.jp/

上島珈琲店
「マイタンブラー持参で50円割り引き。」
http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

<記>
*ドトール、カフェ・ベローチェ、マクドナルドなどのファストフードは同様のサービスは現在実施していないようです。
*ホイップクリームなどを使うアレンジコーヒーも入れてもらえますがあまりメリットがないので、レギュラーコーヒーを入れてもらうのがおすすめです。

飲み残しをそのまま持ち帰れるのもうれしいところ。保温・保冷効果のあるものならさらに便利です。

マイボトルはエコ

ボトルは洗えば、半永久的に使えます。部品のパッキンだけは消耗品なので、ヘタってきたら交換したほうがいいでしょう。保証期間なら送料込み数百円で郵送してくれるメーカーは少なくありません。

また、マイボトル割り引きサービスをしているコーヒーショップでは、注文時に「軽く洗ってください」とお願いすれば対応してくれます。もちろん、自宅でも毎日洗うものですが、出ずっぱりのときなどはうれしいサービスです。

マイボトルの選び方

アマゾンや楽天などのネット通販サイトでの品ぞろえが豊富で選びきれないと思いますが、レビューを参考に好きな形、デザインのものを選んでOKです。毎日使うものだから、自分の好みに合ったもの、目に入ったときに幸せな気持ちになるものこそがあなたのベストパートナー。

容量は、500ml前後が持ち歩き時にかさばらず、量もちょうどいいぐらい(トールサイズが無理なく入る程度)です。ペットボトル程度と思えば、持ち運びの負担はたいしたことないと思いませんか?

ちなみに、おさらいですが、セルフ方式のコーヒーショップでは

ショートサイズ 約240ml
トールサイズ 約350ml
グランデサイズ 約470ml
ベンティサイズ 約590ml

がサイズ基準となっています。いつも飲むサイズに合った容量がゆったり入るサイズを選ぶようにしましょう。
軽量、真空断熱などと機能性をうたうものもありますが、あまり深く考えず(2000円ちょっと出せばある程度いいものが買えるので)、まずははじめてみましょう!

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. パリのカフェ文化
  4. 海外のカフェ
  5. 北欧のコーヒー文化
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーのかす
  8. スペシャルティコーヒー
  9. 代用コーヒー
PAGE TOP