コーヒーの道具

コーヒーミルの特徴いろいろ、コーヒー豆を自宅で挽いてみよう

コーヒーは購入したお店で挽いてもらいますか?それとも自宅で自分で挽いていますか?家庭用のコーヒーミルはいろいろな種類があり、いろいろな目的に対応できるようになっています。また、自宅で挽くことで、いろいろな飲み方をする時にその抽出方法に合った挽き具合をつくることができます。

お手軽な手回し式とプロペラ式

コーヒー豆は粉に挽くと表面積が増えるため、香りが飛びやすく、酸化や劣化も早くなります。なので、コーヒーを淹れる際には、豆の個性を最大限生かすために淹れる直前に挽くと良いでしょう。さて、コーヒーミルには大きく分けて2種類あります。「手回し式」と「プロペラ式」です。

「手回し式」

ハンドルを回して挽くタイプで、昔から同じ形であるのでコーヒーミルと言えばこの形を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。このタイプは、「コニカル式」と呼ばれる円錐形で歯車状の刃に豆をすこしづつ引き込み挽いていく方法です。豆のひき具合はネジを調節すると荒目にしたり微細にしたりと調節できます。このタイプは、挽くときに力がいるのでたくさん挽く際にはあまり適していないでしょう。

「プロペラ式」

比較的値段がお手頃で、お手入れもしやすいタイプがこの「プロペラ式」です。プロペラ状の刃が回転して、コーヒー豆を細かく砕いていきます。しかしこちらは、豆のひき具合を設定する機能がないため、自分で粒の大きさを確認しながら調節する必要があり、そこが少し手間になります。

本格派の電動ミル

一般的な家庭用のコーヒーミルは、エスプレッソなどに使用する「極細挽き」まで細かいのはできないのが多いですが、電動式は違います。

「コニカル式電動ミル」

粗挽きから極細挽きまで幅広く調節可能です。エスプレッソマシンなどがある場合にはこのタイプがあると、それに対応できるのでより美味しく飲むことができるでしょう。

「フラット式電動ミル」

平面な2枚の刃で豆を粉砕するこのタイプは、家庭用というより主にカフェや喫茶店などでよくみかけます。より本格的な味わいを楽しみたい時におすすめ。

抽出器具によって挽き具合を変えよう

挽き具合には、「極細挽き」「中挽き」「細挽き」「粗挽き」と種類がありますが、更に種類がある場合もありますので、お店などで挽いてもらう場合には店員さんにきいてみるといいでしょう。基本的にはお湯と接する面積の関係で、細かい方が味わいが濃くなり、粗いとあっさりめの味わいになります。それぞれの特徴をみてみましょう。

「極細挽き」パウダー状ほど細かく主にエスプレッソ用。ここまでの細かさは家庭用のミルでは挽けないこともあります。

「細挽き」だいたいグラニュー糖ほどの大きさです。細かく、成分が溶け出しやすいため濃厚な味わいにしたいときなどにおすすめです。

「中挽き」グラニュー糖よりやや荒め。だいたいはこの中挽きで対応していますし、多くの器具にも対応しています。

「粗挽き」粒の大きさはザラメほどで、フレンチプレスやペーパードリッパーなど、濃いめよりもさっぱりと仕上げたいときなどにはおすすめす。

コーヒーミルは、タイプが同じであっても、製品によって性能や機能は違っています。購入時に、いろいろと調べ、自分のライフスタイルにあったコーヒーミルを探して、挽きたてのコーヒー豆を使用した美味しいコーヒーを家庭で手軽に飲みましょう。コーヒーの豆を挽いている時もコーヒーの香りでリラックスでき、素敵な時間を過ごすことができるで

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーの資格
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーミル
  5. コーヒーメーカー
  6. 北欧のコーヒー文化
  7. ドリップコーヒー
  8. コーヒーの実
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーベルト
PAGE TOP