コーヒーの道具

コーヒーフィルター3種類の特徴

ドリッパーがあれば、家で簡単に淹れることができるコーヒー。ドリッパーを使用する際には「コーヒーフィルター」が必要ですが、このフィルターにも種類があります。それぞれ特徴があり、味わいにも違いがでてきます。自分に合ったフィルターを使用してより美味しいコーヒーを淹れましょう。

フィルターは主に3種類

一般的にドリップ式と呼ばれる方法で使用されるフィルターは大別すると3種類あります。

「ペーパー」「金属」「ネル」です。それぞれの特徴をみてみましょう

ペーパー

ペーパーフィルターの最も大きな特徴は「手軽さ」「すっきりとした味わい」です。基本的に使い捨てなので扱いが楽です。味わいは、ペーパーを通すことでコーヒーの余計な油分が吸収されスッキリとしたものになります。

形状にも「台形」「円錐」「バスケット」と3種類あり、これらはドリッパーの大きさや形状によって選ぶことができるので幅広く対応できます。

更にペーパーフィルターの場合は、「漂白タイプ」と「無漂白タイプ」の2種類があり、漂白タイプは真っ白で紙臭さを取り除いてあり、無漂白タイプは茶色で環境に優しいエコなフィルターです。しかし、段ボールのような紙臭さが少し残ってしまうのがデメリット。

現在はエコロジカルな面を重要視する消費者が多いため、無漂白タイプが多く流通しているようです。

金属

金属フィルターの大きな特徴は、何と言っても「エコ」なところと、「しっかりとした味わい」です。先程のペーパーフィルターでは吸収されてしまったコーヒーの油分や成分が、吸収されずにそのまま落ちるのでダイレクトにコーヒー本来の味を楽しむことができます。

形状は「台形」と「円錐」の2種類で、ドリッパーにセットするタイプと、金属フィルター本体だけで淹れることができる独立タイプがあります。

こちらは半永久的に使用することが可能ですが、ペーパーフィルターに比べると高額で、毎回使用後に洗浄しなくてはならないというデメリットも持っています。家でより本格的なコーヒーを楽しみたい方や、酸味やほのかな甘さなど繊細な味わいが好きな方にぴったりです。

ネルフィルター

ネルフィルターとは布のフィルターのことで、ペーパーフィルターと金属フィルターの中間のような味わいで、原理はぺ-パーフィルターと同じです。ペーパーフィルターに比べ風味はハッキリとしていて、金属フィルターに比べるとマイルドな味わいです。

ネルフィルターは、ろ過をする時間が他のフィルターよりも速いためいつものようにお湯を注いでしまうと味が薄めになってしまう恐れがあるため、神経を使い少々テクニックが必要です。ですが、ペーパーフィルターや金属フィルターに比べると、自分好みの味が作りやすいので慣れていれば1番美味しく淹れることができるやり方といえます。

そしてこちらは使用後に洗うことで繰り返し使用することができるのでとてもエコです。

入れ方や、使用前の扱い方、保存方法などのお手入れが他よりも細かいので、家庭よりも本格的なコーヒーを出す専門店などで見かけることの方が多いかもしれません。

以上がコーヒーフィルター3種類です。それぞれ味わいが違うので自分好みのものを選ぶことが理想的ですが、最初は扱いやすいペーパーフィルターを使ってみるのがおすすめです。また、フィルターを気分によって変えることで、1つのドリッパー、同じコーヒー豆を使用したとしても、味わいの差を感じることができるのでコーヒーを探求したい方は、それぞれのフィルターの特徴を覚えておいて損はないでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーバリスタ
  2. チェーン店のカフェ
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒー効果
  5. コーヒーカップブランド
  6. コーヒーかす
  7. オールドクロップの珈琲
  8. 銀座カフェ
  9. 国産コーヒー
  10. チェーン店のカフェ
PAGE TOP