コーヒーの道具

コーヒードリッパーの選び方【人気でおすすめはどれ?】

コーヒーのペーパードリップは奥深いもの。道具もさまざまなものがあって、選ぶ楽しみも格別です。ここでは、なかでももっともコーヒーの味を決定づける要素である「ドリッパー」について考えてみましょう。

コーヒードリッパーの材質について

ドリッパーはさまざまな材質のものがあります。代表的なものをまとめてみましょう。

【陶器製】

白や茶色が一般的。いいところは、見た目がよく、所有欲を満たしてくれること。弱点は、白のものはコーヒー渋が目立ちやすいこと。放置してもそれほど問題はないが、気になる場合は定期的に漂白剤でつけ置き洗いをすればOK。

最近は、ペーパーフィルター(コーヒー抽出液だけを落とし粉を漉すもの)なしで、陶器製のフィルターだけで淹れられる便利なものも誕生しています。

【プラスチック製】

さまざまな色のものがあるので、好みやインテリアに合わせて選ぶ楽しみがある。また、全体的に安価で軽く、扱いやすい。割れにくいのもポイント。

【ガラス製】
すっきりとした見た目が魅力。扱いが雑だと割れてしまう。

ハリオ V60など、プロも愛用するロングセラー商品もあります。

これらを踏まえたうえで、見た目や色、デザインの好みで選んでもよいでしょう。どれを選んでも、味はそれほど変わりません。

コーヒードリッパーの穴の数について

ドリッパーの穴の数など、意識したこともないと思いますが、これが実はとても重要です。一般的なものをまとめましたので、参考にしてください。

【1つ穴】
穴が1つしかないと、粉にお湯を注いだときに、お湯が穴から下に落ちるまで長い時間ドリッパー内にとどまる。そのため、コーヒーのエキス分がお湯にたくさんしみ出し、味が濃いめに抽出される傾向がある。

【2つ穴】
穴が2つあると、粉にお湯を注いだときに、お湯が穴から下に落ちるスピードが、1つ穴の約2倍に。そのため、ドリッパー内お湯が短時間しかとどまらないため、コーヒーのエキス分がお湯にしみ出しにくくなる。これは薄い味になるというわけではなく、雑味などの嫌な風味も溶け出しにくいという利点でもある。

【3つ穴】
2つ穴よりもさらい抽出が早いので、忙しい人にぴったり。味は比較的あっさりめになることが多い。一度に多人数分を入れるときは、3つ穴が便利。

コーヒードリッパーの大きさについて

1人分をカップに直接落とすタイプも出てきています。

定番・老舗のメリタ、カリタでは1~2人分、3~4人分用など、淹れる人数に合わせた大きさのドリッパーを販売しています。ただ、大きめのもので1人分を抽出しても問題はありません。将来、家族が増えたときや、来客用に淹れることを考えると。「大は小を兼ねる」という意味では大きいほうを選んでおくといいかも。

また、ドリッパーにはペーパーフィルターをかぶせてから粉を入れますが、ペーパーフィルターはドリッパーに合う大きさのものを使いましょう。

いろいろありすぎて選べない! という場合は、1つ数百円で買えるものもあるので、いくつか買って比べるのもいいでしょう。

喫茶店やカフェの店主に聞いても、メリタ派、カリタ派、ハリオ派、コーノ式派など、実にさまざまで「正解」はありません。それがコーヒーという嗜好品の多様性の魅力といえます。

充実したコーヒーライフをお送りください!

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. パリのカフェ文化
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. ロンドンのコーヒーハウス
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒー中毒
  10. カフェ開業
PAGE TOP