コーヒーの道具

コーヒーのハンドドリップ方法と美味しい飲み方のコツ

コーヒーのハンドドリップで最適なお湯の温度はどれくらい?

コーヒーのハンドドリップをする際、お湯は沸騰したてのものを使わない方がよいです。沸騰したお湯から少し下がった、90度程度がよいでしょう。あまり熱すぎると、蒸気に巻き込まれてコーヒーの香りが飛んでしまうことがあります。また、苦み成分だけが強く出やすい傾向もあるので、お湯は少しだけ冷ましたものを使います。
ただし、お湯を冷ますと言っても、毎回必ず冷ましたほうがよいかというと、そうとは言い切れません。豆や入れ方によって、最適なお湯の温度は変わってきます。
ここにあげるのはほんの一例ですので、いろいろな豆・器具でためしてベストな組み合わせを見つけていってください。

豆による最適な温度の違い

お手持ちの豆が香りが豊かなタイプである場合、90度でも香りが飛んでしまう場合があります。さらに少しだけ温度を下げ、85度程度での抽出も試してみてください。
コクがありすぎる豆の場合は、熱めの90度程度で抽出する方が良いでしょう。

器具による最適な温度の違い

フレンチプレスはある程度高温で抽出する必要があります。沸騰したお湯を入れ、少し自然に下がるくらいでもよいかもしれません。あらかじめ、フレンチプレス本体はお湯を通してあたためておいてください。
お湯の温度が低すぎると、抽出が足りず、薄すぎるコーヒーが出来上がってしまう可能性もあるので気を付けてください。

ペーパードリップはお湯が比較的冷めにくく、95度くらいで淹れるとすぐに飲めない温度で出てしまいがちです。さらに冷まし、80-85度程度の温度も試してみてください。
ネルドリップの場合はお湯の温度が高すぎるとやはり香りが飛んでしまいがちですが、冬場はネル自体を事前に暖めたとしても冷めてしまいがちです。ペーパードリップで淹れる時より、気持ち熱めにしておくとちょうど良いことが多いです。
少しだけ低めの温度で淹れることによって、冷ますことなく淹れたての状態でコーヒーを飲むことが出来ます。淹れてから時間が経っていなければ経っていない程、香りも風味もゆたかなまま口の中に入れることが出来ます。

コーヒーのハンドドリップで最適なお湯の量はどれくらい?

お湯の温度についてもふれましたが、お湯の量も大事な問題です。
正確に測る場合、コーヒーカップに淹れる場合はおおよそ一杯当たり120ml程度が妥当です。計量カップをコーヒーサーバーとして使う場合は、この量を基準にしてください。
マグカップの場合は、その倍近くある事が多いです。それに伴って、豆の量も二倍ほどにするとコーヒーの味がきちんと出てきます。
ただし、やかんやドリップポットに入れる水を事前にはかる場合は、沸騰で数ミリリットル飛んでいく可能性がある事も念頭に置いてください。

湯温と湯量は、コーヒーを淹れる場合において大事な役割を果たします。もし、今よりもおいしいコーヒーを淹れたいと思ったら、少しだけお湯の温度や量にも気をつかってみてください。
少しお湯の温度を変えるだけで、出来上がるコーヒーは全く違うものになります。何度も淹れているうちに、その豆に必要なお湯の温度がわかるようになっていきます。ぜひトライしてみてください。

コーヒーはいつ飲んでいますか?朝、昼、夜などさまざまですよね。夜に飲む時は何時に飲んでいるか意識していますか?コーヒーには覚醒作用のあるカフェインが含まれているので、夜飲む時は時間に気をつけている方も多いのではないでしょうか。今回はコーヒーの効果や飲むタイミングとともに、コーヒーを飲むのは夜何時までなら大丈夫か見ていきましょう。

コーヒーの効果

コーヒーにはさまざまな効果がありますが、主なものとして脳の活性化・覚醒作用・アンチエイジング効果・脂肪燃焼を促進する作用があり、香りにはリラックス効果があることで知られています。その効果はすぐに表れるというわけではなく、コーヒーの効果が表れるのは、コーヒーを飲んでから約30分後。そしてその後40分から50分頃が効果のピークだといわれています。ですので、これらの効果を上手に得るためには、コーヒーの飲む「タイミング」が重要となってくるのです。

コーヒーを飲むタイミング

コーヒーを飲むおすすめのタイミングや量をコーヒーの効果別に見ていきましょう。また、コーヒーの温度も関係しており、アイスコーヒーの場合は効果が表れるのはホットコーヒーの倍の時間(1〜2時間)かかります。

①脳の活性化

仕事や読書など「集中力を高めたい時」は、30分ほど前にコーヒーを飲むのがおすすめです。徐々に頭が冴えてきます。

②覚醒作用

眠気を吹き飛ばしたい時も脳の活性化の時と同様に、30分前を目安に飲むのがおすすめです。

③アンチエイジング効果

食事の前後1時間をさけ、1日1,2杯飲むのがおすすめです。夕方の休憩に1杯などがタイミング的にもおすすめです。

④脂肪燃焼効果

運動をする30分ほど前にコーヒーを飲むのがおすすめです。

コーヒーは基本的に睡眠前に飲まない方がよい

夜に勉強や仕事などで集中したい時、効果的にカフェインを摂りたいからといって、ついついコーヒーを飲んでいませんか?コーヒーは特に、寝る前に飲むことで睡眠の質が下がり体調不良につながる可能性があります。そのため安易に飲むのは危険です。睡眠不足が原因で胃腸が荒れてしまうと、コーヒーそのものを楽しめなくなるほか、肌荒れなどの悪影響が出てしまうケースは少なくありません。そのため、「就寝時間の5~8時間前まで」に飲むように意識しましょう。コーヒーはだいたい5~8時間ほどでカフェインの効果が薄まってくるのです。

どうしてもという場合はデカフェで対応

就寝前の5~8時間前には飲まない方が良いので、15時以降は通常のコーヒーをやめてカフェインレスコーヒーのデカフェにするとよいです。カフェインレスコーヒーにもカフェインが数%含まれてはいますが、通常のコーヒーを飲むよりもカフェインの摂取量が抑えられるので、睡眠に影響が出にくいといわれています。とはいえ、カフェインレスコーヒーだから大丈夫、と飲みすぎてしまっては体に他の影響が出てきてしまうので適量は守りましょう。

いかがでしたか?以上のこと踏まえて、コーヒーを飲むのは「就寝の5~8時間前まで」が一番体に影響がない時間帯だと言えます。こう考えると、意外と早い時間ですよね。15時以降や夜お茶をする時などは、カフェイン含有量が少ないデカフェコーヒーにすることで、カフェインの作用を気にせずコーヒーを飲むことができます。夜はコーヒーの代わりに胃にも優しい「ホットミルク」などにしてみるのもいいでしょう。

コーヒーの苦みを構成するカフェイン。旨味の大事な一部ではあるのですが、カフェインが体に合わない方や妊娠・授乳中のママには悪影響になってしまうこともあります。そのカフェインを脱処理したものがデカフェと呼ばれているコーヒーで、今回はこのデカフェの基礎知識や美味しい飲み方などをご紹介します。

デカフェについて

カフェインレスコーヒー、カフェインフリーなどと呼ばれており、欧米ではカフェインを敬遠している人々から多くの支持を受けています。世界のコーヒー市場の1割ほどにものぼるそうです。日本ではあまり見ることがありませんが、意外とメジャーな存在なのですね。

ヨーロッパではカフェインの含有量に規格があり、コーヒー豆では0.3%、インスタントコーヒーでは0.2%以下でないとデカフェと名乗ることができないことになっています。日本には輸入されているものと国内で製造されているものがありますが、現在の日本には規格がないので注意が必要です。

どのようにしてデカフェが製造されているのか

大きく分けて、精製した豆からカフェインを抜く方法と、元々カフェインを含まないコーヒー豆を育てる方法があります。しかし、栽培段階でカフェインを含まないようにする技術がまだ発展途上のために世に出回っていません。

カフェインの抜き方には現在3つの方法がメインで使われています。

(1)ジクロロメタンなどの薬品を使う方法

これは一番安価で、薬品を使ってカフェインを溶かす方法です。しかしカフェイン以外の成分も一緒に溶かされてしまうので、味わいが落ちてしまうことと、薬品を直接豆につかることになるので安全性の不安を招きやすいのがデメリットです。日本ではこの製法は認められていません。

(2)二酸化炭素を使う方法

二酸化炭素に圧力と温度を加えたもの(超臨界流体という状態)でカフェインを取り除く方法です。常温になれば二酸化炭素が簡単に除去でき、万が一残っていても害がないこと、薬品を使わないことが大きなメリットです。一番最新の方法で、他の方法より美味しいのも嬉しいですね。

(3)水と薬品を併用する方法

水に生豆の成分を溶かし、その中のカフェインを薬品で取り除いたあと生豆に戻すという方法です。薬品が豆に直接付かないので安全性が(1)に比べて高く、二段階でカフェイン除去をするので他の成分が流れにくいというメリットがあります。

デカフェの楽しみ方

ネスカフェなどの大手の企業からも販売されており、昔売られていたものよりも今の技術でかなり美味しく・飲みやすくなりました。カップにかけて使うドリップタイプや、インスタントタイプなど、様々な種類があります。お菓子と一緒にストレートで楽しんだり、ミルクやお砂糖で甘くしてみたり、黒糖も合うそうです。

こちらはペットボトル入りで手軽に飲めます。1本230円前後で手に入ります。

こちらはドリップタイプです。スーパーやアマゾンにもドリップタイプが売っていますよ。

妊娠中・授乳中に関してはあまり敏感になることはなく、適量であればカフェインも心配しなくてよいそうです。チョコレートなどの意外なものにも含まれているので、コーヒーのお供にも注意したいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 海外のコーヒー
  3. 名古屋喫茶店モーニング
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒードリップ人気
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 沖縄のコーヒー
PAGE TOP