コーヒーの道具

コーヒーとお湯の関係性

みなさん、コーヒーを入れるときの、お湯の温度で味が違ってくることはご存知ですか?実は微妙な温度の違いによって、抽出できるコーヒーの成分にも変化が生じ、それと同じように味わいにも変化が出てきます。今回「コーヒー」と「お湯」の不思議な関係性についてみていきたいと思います。

コーヒーを淹れる時のお湯の温度

お湯の温度は低いか、高いかでコーヒーの味わいにも変化が出てきます。それぞれみてみましょう。

低い温度のお湯

低温だと、コーヒー豆のおいしい成分を抽出するには、少し時間がかかります。酸味の成分が苦み成分よりも早く溶け出るため、苦味系の成分は抑えることができ、酸味が強めの味わいになります。

高い温度のお湯

短時間でコーヒーの成分を抽出できますが、温度が高すぎたり時間をかけたりしてしまうと不必要な雑味成分まで出てしまうため、注意が必要です。高温だと酸味の成分よりも苦みの成分の方が強くなる傾向があります。

焙煎具合と温度

お湯の温度は、コーヒー豆の焙煎具合によっても左右されます。焙煎度合いによっても適温があります。

フレンチ、イタリアンロースト(深煎り)

75~79度が適温です。苦味を抑えたまろやかな味のコーヒーが抽出できます。温度を高くすれば苦味が増します。

シティ、フルシティロースト(中深煎り)

80~83度が適温です。苦味・酸味・甘味をバランスよく抽出でき、コクのあるコーヒーが淹れられます。

ミディアムロースト(中煎り)

84~86度が適温です。香り豊かでスッキリしたコーヒーを抽出できます。おいしい酸味を引き出すのにもお勧めの温度です。

ちなみに、87度以上のお湯ではコーヒーの油成分が抽出されてしまいます。ですので、コーヒーを淹れる時に沸騰したてのコーヒーは向いていないのです。沸騰したてのお湯だと、コーヒーの成分を壊す可能性があるので少し冷ましてから使用することをおすすめします。

適温の見方

では、どのように適温をみたらいいでしょうか?温度計がない場合の目安として、まず沸騰したやかんのお湯の温度は「100度」です。これでは熱過ぎるので、だいたい85度くらいまで冷ます必要があります。沸騰後、ふたを取り少しさまし、更にポットに移し替えたお湯の温度がだいたい「85度」なので目安にしてみてください。中煎りのコーヒーを抽出するのに適温です。

これらはあくまでも温度の目安であって、やかんやポットの大きさや、湯の量、周りの温度で多少温度は異なってきます。完璧に美味しいコーヒーを淹れたおい時はやはり温度計を使って温度を測るのが良いでしょう。

美味しく飲める温度

おいしいと感じる温度は、人それぞれ違うので一概には言えませんが、一般的には自分の体温プラス25度(60~70度)あたりが一番おいしく感じられるといわれています。また、気候や風土、国柄によっても変化しますのでいろいろと試して自分の好みの温度をみつけてみるのも面白いですね。

いかがでしたか?以上、コーヒーとお湯の関係性についてご紹介しましたが、あまり気をつかっていなかったという方が多いのではないでしょうか?お湯はコーヒーの大部分を占めるので、とても重要なものです。おすすめの飲み方は、沸騰したお湯をマグカップに使用する分入れて、マグカップを温めておき、少しお湯が冷めたらそのお湯でコーヒーを抽出する方法です。こうすることでカップも温められ、お湯も適温にすることができるので、一石二鳥で美味しいコーヒーを淹れることができます。みなさんも、ぜひ、いろいろな温度で抽出したコーヒーを飲み比べ、自分のお気に入りのコーヒーの温度を見つけましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 神保町の喫茶店
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒー染め
  5. NEWoManニュウマンカフェ
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーの砂糖とミルク
  9. コーヒーベルト
  10. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP