コーヒーの道具

エスプレッソの本場イタリアの家庭の味わい、マキネッタ

あなたは「マキネッタ」をご存じですか?初めて聞いたという人もいるかもしれません。マキネッタとは、手軽にエスプレッソを作ることができる、イタリアではポピュラーな抽出器具です。日本では馴染みがありませんが、イタリアでは、親から子へと伝えられ長年使いこまれた風合いも自慢のひとつだといわれています。伝統的な器具なのです。今回はこの「マキネッタ」についてご紹介したいと思います。

マキネッタとは

マキネッタは、「直下式エスプレッソメーカー」とも呼ばれていますが、その名の通り、下のボイラーに水を入れ、ガスコンロ等で直接火にかけます。そして水が沸騰すると、蒸気圧が高まり、その圧力によってエスプレッソが抽出される仕組みです。ただ、エスプレッソマシンの9気圧で抽出するのに比べると、マキネッタは2気圧での抽出となり、エスプレッソとは呼ばず、深いコーヒーとエスプレッソの間くらいのものとなります。完全なエスプレッソではないにしても、濃縮された濃いコーヒーを家庭で楽しめ、ミルクとの相性も抜群なので、カフェラテなどにするのがおすすめです。

マキネッタの入れ方

マキネッタで抽出したエスプレッソは、オイル感があり、濃厚な液質です。イタリアの家庭で行われている抽出方法をみてみましょう。

①水を入れる

下部にあるボイラーに水を入れます。「MAX」の線があるのでそこまでしっかりと入れます。

②粉を詰める

ボイラーの上に設置するバスケットと呼ばれるところにコーヒーの粉を入れ、表面をならし、スプーンなどで平らに押し固めます。固めすぎには注意です。

③サーバーをつなげる

ボイラーにバスケットをセットし、更にその上にサーバーをつなげます。連結が緩いとmこの部分から湯が噴出してしまうのでしっかりとセットすることが重要です。

④火にかける

マキネッタをコンロにかけて火をつけます。網を引くと安定するでしょう。

⑤抽出する

そのまま加熱を続けていると勝手に抽出が始まります。

⑥カップに注ぐ

「コポコポ」という音が出てきたら抽出は終わりです。時間的には火力にもよりますが3~4分と早めです。火をとめてカップに注げば完成です。

マキネッタに合った水、お手入れ方法

マキネッタで抽出するときは、「硬水」ではなく「軟水」がおすすめです。ミネラルを多く含む硬水だと、長期間、多頻度でマキネッタを使用したときに結晶化してしまいお湯の通りが悪くなり、均一な抽出ができなくなってしまうためです。コーヒーの味のためにというより、長く安定して抽出ができるようにといった実用的な理由のためです。お手入れの際は、傷がつかないようにスポンジなどで洗いましょう。ステンレス製とアルミ製とがありますが、特にアルミ製だととてもデリケートな上に塩素にも弱いです。汚れたからと言って漂白剤を使うのは避けた方が良いでしょう。

以上、「マキネッタ」についてご紹介しましたが、いかがですか?マキネッタは店頭などでは見たことがありましたが、イタリアで代々引き継がれるような伝統的な器具であったというのは初めて知りました。エスプレッソの本場イタリアで、長く愛用されているのはそれだけマキネッタに魅力があるということです。意外と抽出方法も簡単なので、ぜひマキネッタでエスプレッソを作ってみたいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの仕事
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーハウス
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーのかす
  6. 海外のカフェ
  7. コーヒーの豆知識
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP