コーヒーの道具

アウトドアコーヒーを楽しみたい人におすすめ、パーコレーターとは

みなさんは、コーヒーの抽出器具のひとつ「パーコレーター」を知っていますか?ガスコンロとコーヒー粉とパーコレーターがあれば、簡単にコーヒーを淹れられるこの抽出器具、アウトドアでも人気の抽出器具です。今回のこの「パーコレーター」についてご紹介します。

パーコレーターとは

パーコレーターとは、コーヒーを抽出する器具で、この器具を使う抽出方法のことを指します。1827年にフランスで考案され、その後アメリカで普及しました。見た目は寸胴のポットのような形で、ぱっと見コーヒー用の器具だとはわかりません。蓋をあけると、内側に小さなかごのようなものがついていて、取り外しができます。キャンプ用品売り場などでも見かけるのが、このパーコレーター。お湯(コーヒー液)が中にあるパイプを伝って循環することによって、次第に濃いコーヒーになる抽出方法です。高温で抽出するため、味わいは強めになります。

パーコレーターの仕組み

バスケットの中心部分にパイプがついていて、湯を沸騰させると、このパイプを伝い湯が押し上げられ、バスケットに入ったコーヒー粉に湯がかかる仕組みになっています。そうして、湯を循環させることでコーヒーを煮出しタイプの抽出器具です。このパーコレーター、何と言ってもコーヒーをセットして直火にかけるだけの手軽さが魅力です。バスケットを外せばポットとして使えるし、コーヒー粉をセットすればコーヒーも抽出できるので、アウトドア用品とし無駄がない道具なのです。ひとつの容器で抽出できるという点もおすすめポイントです。

パーコレーターの使い方

<用意するもの> パーコレーター コーヒー粉(粗挽き) 水 ガスコンロ

たったのこれだけです。どの家庭にもありますよね。コーヒー粉1杯分12gに対して、湯160ccぐらいがおすすめの分量です。

①パーコレーターの蓋をあけ、バスケットと呼ばれるかごのようなものを取り出す

②バスケットに杯数ぶんのコーヒー粉をセットし、中蓋をしておく

③バスケットを取りだしたパーコレーターに杯数分の湯をわかす

④湯が湧いたら、火を消し、コーヒー粉がセットされたバスケットを中に戻す

⑤再び弱火で加熱しながらコーヒーを抽出する

⑥蓋の透明部分から見えるコーヒー液の色が濃くなったらできあがり

抽出後は、コーヒー粉が落ち着くのを待ってから、粉がカップに入らないようゆっくり注ぎましょう。抽出する時のアドバイスとして、このとき、強火で煮出したり、長時間火にかけたままにすると、過剰抽出や酸化のために、香りが失われ、クセのあるにごったコーヒーになってしまうことがあるので注意しましょう。

いかがでしたか?パーコレーターは、比較的簡単にコーヒーを抽出できますし、自分の好みに濃さも調整できるという手軽さから、初心者でも扱いやすく、アウトドアでもよく利用されています。また、アウトドアはしないので縁がないかなと思っている方、このパーコレーターは、昔から変わらない機能性を追求したデザインが魅力的なので、キッチンインテリアとしてもおすすめです。カフェなどでは、あまり味わうことのできない、パーコレーターで抽出したコーヒーを、あなたも楽しんでみませんか。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP