コーヒーの道具

こんなにあった!コーヒーの抽出方法の一つ、ペーパードリッパーの種類と特徴

皆さんは家でコーヒーを飲む時、どのような入れ方で飲んでいますか?手入れが簡単で、値段もお手頃なペーパードリッパーですが、一度は使用したことあるという方も多いのではないのでしょうか?とても単純な構造で手軽なイメージですが、実は奥深い道具なのです。今回はそんなペーパードリッパーについてご紹介します。

ペーパードリッパー大きく分けて2種類

日本で現在使用されているペーパードリッパーには、大きく分けて2種類に分けられます。「台形型」と「円錐形型」です。「台形型」には「カリタ式」「メリタ式」、「円錐形型」には「HARIO式」「コーノ式」があります。この2種類ですが、ぱっと見ただけでは同じではないかと思ってしまうほど似ていますが、穴の大きさや内側についている凹凸の形状など、細かいところがそれぞれ異なります。なのでどの種類で淹れても味が同じになることはないのです。

ペーパードリッパーの種類と特徴

では、次は種類別にみていきます。

「カリタ式ウェーブ(台形型)」

3つの穴が一列に並んだ従来品が有名で頭に浮かびますが、近年では、ペーパーフィルターを使用する「ウェーブ」タイプが主流となっています。穴は3つで同じですが、三角形に並んでいます。特徴としては、ドリッパー自体には空気の通り道である凹凸が無く、その代りを果たしているのペーパーフィルターにつけられた「ウェーブ」です。なので、ウェーブというのは、ドリッパーの形ではなく、そこに取り付けるペーパーフィルターの形のことですね。このタイプは、ウェーブの中にコーヒー粉が入り込み、自然と壁になり抽出されるため初心者の人におすすめ。

「メリタ式(台形型)」

最も古い歴史を持つこちらは、手順がとてもシンプルなので朝などの忙しい時におすすめです。皆さんがよく使用しているタイプもおそらくこのメリタ式だと思います。特徴としては、台形型で底の中央に小さい穴が1つ開いています。ほかのドリッパーとの大きな違いは、2度目で目的量のお湯を注ぎ、最後まで落としきという点です。適正な抽出がされるように、すでに角度や高さが計算されているので自然とコントロールされいつでも安定した味わいが楽しめます。

「HARIO式(円錐形型)」

ペーパーフィルターの先が出る大きな一つの穴と、らせん状の凹凸が特徴です。お湯を速く注ぐとあっさりと、ゆっくりと注ぐとボディが強めの味わいになると容易に調節が可能ですが、味わいにブレが出やすいので慣れていない人には難しいかもしれないです。

「コーノ式(円錐形型)」

円錐型に1つ穴で凹凸は下部にだけついています。もともとプロ用に開発されたものなので、上手く淹れるには練習が必要です。特徴としては、側面はペーパーが密着して成分が染み出さない上部と、成分抽出を促す凹凸のある下部の二重構造です。上手く淹れるには丁寧に調節も必要なので高度な技が必要なわけですね。

このように「ペーパードリッパー」と一口に言っても、一つ一つに特徴があり、入れ方も味わいも違います。スーパーやカフェなどでも販売しており価格もお手頃なので、まずは初心者でも簡単なものからはじめてみてはいかがでしょうか?慣れてきたら難しいコーノ式にも挑戦したいですね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒードリップ器具
  3. トルコのコーヒー占い
  4. 沖縄のコーヒー
  5. コーヒー栽培
  6. コーヒーメーカー
  7. チェーン店のカフェ
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの効果
PAGE TOP