コーヒーの道具

こんなにあった!コーヒーの抽出器具と特徴

「コーヒーを飲む」と言っても、「コーヒー豆の生産地はどこにするか」「焙煎具合は何にするか」「抽出方法はどれにするか」「アレンジは加えるのか」などなど、選択肢が沢山あります。今回はその中のコーヒーの抽出方法について詳しくみていきたいと思います。器具の種類と特徴を知りましょう。

コーヒー抽出の原理

抽出原理の点からみると、抽出器具には「浸漬式」と「透過式」の2種類に代別することができます。「浸漬式」はお湯にそのままコーヒー粉を浸して成分を抽出す方法で、「透過式」は、コーヒー粉にお湯を通過させて抽出する方法です。では、「浸漬式」と「透過式」どちらが抽出力が高いのでしょうか。一般的には「透過式」と言われていますが、それは初期段階では、という話なのでだからと言って「浸漬式」が抽出力が低いというわけではありません。なので、単純に比較することはできないでしょう。次では、「浸漬式」「透過式」それぞれどのような種類と特徴があるのかということをみていきます。

浸漬式

「浸漬式」には「フレンチプレス」や「コーヒーサイフォン」などがあります。

「フレンチプレス」

量と時間などをきっちり守れば安定した味が再現できます。コーヒーオイルを逃さないため、コーヒーの個性をダイレクトに感じることができる器具です。特徴としては、「香りや口当たりをよくするオイルが豊か」「手順が簡単で味の再現が可能」「デザイン性が高い」などが挙げられます。

「コーヒーサイフォン」

沸騰させたまま抽出するため、温度が高く香りがたった仕上がりに。高温から温度が下がったときの味の変化も楽しめますが、手入れに手間が少しかかります。特徴としては、「高温短時間抽出による際立つ香り」「温度によって味の変化を楽しめる」「器具の見た目の美しさと高い演出効果」などが挙げられます。

透過式

「透過式」には「ペーパードリップ」「ネルドリップ」「金属フィルター」「エスプレッソマシン」「マキネッタ」などがあります。

「ペーパードリップ」

ペーパーフィルターが油分やアクを吸収するのですっきりとクリアな味わいとなります。特徴として、「明るくクリアな味わい」「比較的低コスト」「手入れが簡単」などが挙げられます。

「ネルドリップ」

ネルを通すことで生まれるまろやかな口当たりのよい粘性が魅力。ペーパーに比べ、湯の抜けが早く技量の差がでやすいと言われています。特徴として、「まろやかで厚みのある質感」「角がなく甘味を感じられる」「入れ方に自由度がある」などが挙げられます。

「金属フィルター」

メッシュが金属のため、コーヒー粉がほどよく透過し、豆の個性が表れやすいです。洗剤で洗うこともでき、衛生的な器具です。特徴としては、「ほどよいオイル感」「豆の個性をダイレクトに感じることができる」「手軽でゴミが出ない」などが挙げられます。

「エスプレッソマシン」

値段は高価ですが、エスプレッソもでき、ミルクのスチーム機能がついているものはカプチーノなどを家庭で楽しめます。特徴としては、「濃厚なエスプレッソが家庭でできる」「家庭でアレンジドリンクが作れる」など挙げられます。

「マキネッタ」

マシンに比べると手軽。濃いめのコーヒーとエスプレッソの中間のようなコーヒーができます。特徴としては、「低コストでエスプレッソが楽しめる」「スタイリッシュな見た目と抽出法」というのが挙げられます。

以上、「浸漬式」と「透過式」の抽出器具とその特徴でした。こんなにも種類があるのですね。しかし、これは大枠なので更にそれぞれまたいろいろな種類があります。自分にあった抽出器具を見つけてみて下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーバリスタ
  3. 神保町の喫茶店
  4. コーヒーカップブランド
  5. コーヒーの仕事
  6. ドトールコーヒー
  7. コーヒーのバイト
  8. スターバックス
  9. 名古屋喫茶店モーニング
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP