コーヒーの道具

甘くみてはだめ!コーヒーを淹れる際の「蒸らし」の作業

コーヒーの粉をフィルターに入れてそこお湯を注いでいきますが、その際に「蒸らし」という作業を行うのが一般的です。たとえインスタントコーヒーでも、この蒸らしの作業をするのとしないのとではコーヒーの味に大きな差が出てきます。今回はそんな蒸らしの作業について、なぜ重要なのかについてご紹介します。

蒸らしとはなにか

コーヒーの蒸らしとはひとことで言うと、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に初めに少量のお湯を注いで20~30秒ほど待つ作業のことを言います。美味しいコーヒーを淹れるためにはこの蒸らしの作業が重要になるのです。この蒸らしの作業を行うことによって、コーヒーの粉に均等にお湯を行き渡らせて、コーヒーの味を引き出しやすくなります。また、蒸らしの作業でお湯を少しだけ注ぐと、コーヒーの粉がプクーと膨らんできますが、この際にコーヒー豆の中で「これから抽出するぞ」という準備が行われています。この膨らみがあるかないかで新鮮なコーヒー豆を使っているかどうか判断することもできます。

初めの蒸らしの作業で注いだお湯でコーヒーの粉が膨らんでコーヒーを抽出する準備が整います。そして次の段階で残りのお湯を全て注いで一気にコーヒーを抽出していきます。その結果として美味しいコーヒーを飲むことが出来るのです。蒸らしをしないと、コーヒー豆が抽出する準備ができていないために十分な抽出ができず、せっかくの風味や香りを出すことができないのです。

どれくらい蒸らしをすれば良いか

コーヒーの蒸らしの時間は実は奥深く、人によって何秒くらい待つのがベストなのかという意見が異なります。一般的によく言われているのは20~30秒くらい蒸らすと良いと言う意見。蒸らすとコーヒーの粉が膨らむのですが、それがしぼんでくるのが20秒後くらいなのでそれに合わせて蒸らしを終了するという理由からです。しかし一方で、20秒だとまだ味が軽すぎるので60秒くらいまでじっくりと蒸らしの時間を待った方が良いという意見もあります。60秒待てばコーヒー粉が開き、コクも出てきて苦味や酸味がはっきりとしてくるからです。実際のところ全てのコーヒー豆に通じる蒸らしにベストな時間など存在しないというのが現実のように感じます。なので、この蒸らし時間も、結局は自分の好みによって調節することになります。極々少量のお湯でじっくり粉全体にいきわたるまで待つ、という基準もアリだと思います。

蒸らしをすることでコーヒーが美味しくなる理由

コーヒーの抽出で蒸らしが重要な理由は大きく分けて2つあります。1つ目は蒸らすことで均一にコーヒーが抽出出来るようになることであり、2つ目は蒸らすことでガスを外に出すことが出来るからです。

①蒸らすことで均一にコーヒーが抽出出来る

コーヒーを蒸らすことで、お湯がゆっくりと全体にいきわたるので均一に全てのコーヒーの粉からコーヒーを抽出出来るようになります。お湯を初めに注いだ時には一部のコーヒーの粉にしかお湯が触れなくて、コーヒーの粉全体からコーヒーを抽出することができませんが、蒸らしの工程を入れることで、コーヒーの粉全体からコーヒーを抽出することが出来るようになり、ムラをなくすことが出来るのです。なので蒸らしをするときは、必ずお湯が全体にかかっているかに注意しましょう。

②蒸らすことでガスを外に出すことが出来る

お湯を注ぐと二酸化炭素ガスが放出されるので、その結果としてコーヒーの粉が膨らみます。コーヒーを蒸らすことでこのガスを事前に外に放出させて、本格的にお湯を注ぎ始めた時にお湯がコーヒーの粉に馴染みやすくすることができますこれをしないとガスが邪魔をして、お湯とコーヒーの粉が十分に接することができません。その結果として酸味の強めなコーヒーが出来上がってしまいます。

いかがでしたか?コーヒーの蒸らしは、コーヒーに準備をしてもらう時間なのですね。ドリップバッグのようなインスタントコーヒーの場合でも、ごく少量の湯でじっくり蒸らすのと蒸らさないのでは、濃さや鼻に抜ける風味や香りが全くちがいます。工程には何事にも理由があるので大切にしてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. カフェ開業経営
  2. スターバックス
  3. コーヒーメーカー
  4. 電源のあるカフェ・喫茶店
  5. 銀座喫茶店ルノアール
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーでストレス解消
  9. コーヒーの仕事
  10. ペットボトル入りコーヒー豆
PAGE TOP