カフェ・喫茶店

初心者向け自宅カフェの開業方法【低コストの魅力とデメリット】

自宅カフェは低コスト

開業をする場合、予算を抑える方法の一つとして「自宅カフェ」があります。店舗を別で用意するよりも自宅を改築するほうが予算がかからなくて済みます。
もちろんコストが抑えられるのは改築費だけではありません。電気代や水道代などの固定費も低くできますし、材料費を店で使う分と家庭で使う分を共有することで資金を抑えられます。また家族がいれば働いてもらい、人件費を下げることも可能です。家賃も自分の元々住んでいる自宅のみと言う点も大きいです。

自宅カフェは自由にスタイルを組みやすい

また自宅カフェは一週間に一度のみ開くなど、自分の都合で開きやすいと言うメリットがあります。その利点性に最近主婦層に人気が集まっているようです。

もし50万円の物件を借りて開業するなら、単純に50万円以上の売上を出さないといけません。ですので一週間に一度のみと言う働き方は考えにくいのですが、自宅カフェなら家賃などの問題がクリアされるのでそれが実現しやすいのです。

また将来の子どもの成長に合わせて営業しやすく、例えば乳幼児なら付きっきりで育児をしなければいれませんが、成人になればその分営業に回すと言うスタイルも可能なのです。通勤をする必要もないのでその分の煩わしさがなく、子どもの面倒と営業が両立しやすくなるのです。

自宅カフェが向いている人と難しい人

自宅カフェは確かに住宅地やマンションの中であると駐車場がない限り、周辺の人しか利用しません。繁華街の物件を借りるように、大々的に目立った宣伝も出来ません。 悪い言い方をすれば、大抵はひっそりとした営業にならざるおえません。

そう言ったデメリットを、「自分の趣味の延長線上で収入を得たい」のか「きちんとしっかりとした収入を得たい」のかによって、楽に感じるか苦になるか感じ方も違ってきます。
例えば「自分の趣味の延長線上で収入をそこそこ得たい」方は、大抵は自分自身の住んでる環境を優先したいと考えられるので、こぢんまりでも近所付き合いも深くなり、円満な住まい環境を築きやすい所に利点を感じられるのでしょう。

「きちんとしっかりとした収入を得たい」方には、円満な住まい環境はともかく、お客さんを多く呼び込まないといけないので、遠くからお客さんが来るような、魅力的なメニューがないといけません。ちなみに「きちんとしっかりとした収入を得たい」方では、自分の住んでいる住居ではなく広めの中古住宅を購入すると住まいを借りてから営業を開始する方もいるようです。(これはまた物件を借りて営業することになるので「自宅カフェ」とは違うのような気がします。)

自宅カフェで気をつける点

自宅カフェは、こぢんまりでやるとしてもニオイの問題に気をつけないといけません。苦情が来たら周囲との人間関係も悪くなり、また営業にも響くことが考えられます。

また建築基準法に乗っ取り飲食店としての使用面積が100㎡を以上なら用途変更の確認申請をしなければいけません。
そしてスタッフ(家族含む)や自分の体調管理や情報収集、宣伝など経営に必要な努力は物件を借りた場合と規模の違いはあれどあまり変わりありません。とにかく自宅カフェも課題が多いことを頭の中に入れときましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーの酸味と苦味
  3. コーヒーのマナー
  4. 名曲喫茶東京
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーの効果
  7. ロンドンのコーヒーハウス
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP