カフェ・喫茶店

経営の課題、コーヒーの友となる料理探し。

    喫茶店を経営する時はコーヒーに合う料理も考えないといけないと思います。そこでコーヒーに合う食べ物を紹介していきたいと思います。

    ・定番のスイーツやクッキーとあんこ入りのお菓子

    まず、やはりスイーツやクッキーなどが定番としてよく挙げられます。さらにはコーヒーの特徴ごとに合うスイーツやクッキーが細分化されていきます。
    酸味の強いコーヒーなら、アップルパイなどフルーツを使った酸味のあるケーキが合い、中煎りみたいに酸味と苦みのバランスが良いコーヒーにはプレーンタイプのシフォンケーキやクッキーが合うと言われています。そして苦みが強いのは、チョコレートやバタークッキーなど甘さが強いものとバランスが調和されます。

    またコーヒーに会うのは和菓子も同じです。実際に名古屋のカフェにはコーヒーぜんざいがあったり、喫茶マウンテンと言っておしるこスパや甘口メロンスパなどを提供するお店が有名です。こう言ったコーヒーに合う和菓子としてはよく餡この入ったものが挙げられています。

    ・朝食で見た場合

    コーヒーに合うのは勿論お菓子だけではありません。朝食にも合います。ハムチーズサンドやエッグマフィンなどの卵料理もコーヒーに合います。

    またサラダも合い、温野菜にすれば柔らかくなることで消化に良くなり忙しい朝に特に向いてると言われています。
    喫茶店を開業した際に温野菜で提供すれば普通のサラダよりも消化効率が良くなり、評判を頂くことも期待できるのでないでしょうか?

    そして目玉焼きや、バナナとヨーグルトも合うと言われていますが、サラダなど朝食は基本的に消化効率が良いのが好まれている傾向に合うと考えられます。
    朝食にパンと肉料理と一緒にコーヒーを飲んでいる方もいますが朝早い時間から営業したい場合、消化効率の良いもので揃えることで充分な満腹度と共に、早く食事を済ませられる事をアピールできるのではないでしょうか?

    ・カフェオレは用意するべきだと思います。

    さらにカフェオレになると色々な食べ物に合うと、コーヒーのユーザー間では言われています。上のようなプレーンタイプのクッキーやケーキは勿論のこと、海鮮そばや肉まん、卵チャーハンなど中華系料理にも合うとの事です。確かにミスター・ドーナッツでは、中華系料理と共にカフェオレも飲み放題として提供しているので納得できます。

    またコーヒーユーザーでも、何も入れていないストレートで飲める人は少数のように感じます。その為にカフェオレも用意しなければいけないと思いますし、黒みつカフェオレやキャラメルマキアートと言ったミルク・砂糖以外に味付けを施してるコーヒーも場合によっては必要でしょう。
    そしてカフェオレとして使うならストレートとししてはこのコーヒー豆が合うけど、ブレンドでするならまた別と言う書き込みもあります。
    カフェオレに合う豆は、喫茶店を経営したい方の経験とカンで探すしかないとしか言えませんが、いずれにせよ後々考えなければいけない要素になるのではないでしょうか?
    とりあえず今は、コンセプトをきっちり考えてからコーヒーに合う食べ物を探すと言う順番で良いのではと思います。(昼になってから営業するなら、コーヒーに合う朝食を提供する必要が無いように。)

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP