カフェ・喫茶店

東京で人気の喫茶店ランキングベスト10

コーヒーの街神保町は、神保町のさまざまな喫茶店やカフェのある街です。特に人気のあるカフェを下記で紹介します!

さぼうる

山小屋のような外観で、店内は半地下、中二階などもある不思議な多層構造。レンガの壁には落書きやサインがいっぱいで、長い間愛されてきた店であることを物語ります。コーヒーにピーナッツが添えられるローカルルールがユニークで、新鮮な果物を使ったジュースもおいしい。お隣の『さぼうる2』はボリューム自慢の洋食店。味も申し分なし!

東京都千代田区神田神保町1-11
TEL.03-3291-8404

ラドリオ

ラドリオとはスペイン語で「レンガ」という意味。重厚なレンガ造りの建物に一歩足を踏み入れる、時間が止まったような昭和空間が広がっています。メニューはドリップコーヒーに生クリームを浮かべる「ウインナーコーヒー」が人気ですが、夜はアルコール類も充実します。先代がシャンソン好きだっただめBGMはシャンソン中心。なんでも昭和の時代には“シャンソン喫茶”というジャンルの喫茶店が流行したことがあるそうです。

東京都千代田区神田神保町1-3
TEL.03-3295-4788

ミロンガ・ヌオーバ

『ラドリオ』のはすむかいに立地しているのは同じオーナーが経営しているから。「ミロンガ」とは南米の音楽のひとジャンルを指す言葉で、店に流れるBGMはアルゼンチンタンゴが中心です。過去に作家の武田百合子が働いていたこともあり、昔から多くの作家がよく訪れています。

東京都千代田区神田神保町1-3
TEL.03-3295-1716

神田伯剌西爾(ぶらじる)

自家焙煎コーヒー豆の販売を行っており、コーヒーの味は本格的。店の看板メニューのブレンドは、「神田ぶれんど」、「亜米利加ぶれんど」、「仏蘭西ぶれんど」の3種類から選べる方式です。コーヒーと合わせて楽しみたいスイーツ類も人気で、筆者はレアチーズケーキとコーヒーゼリーをおすすめします。

東京都千代田区神田神保町17-B1
TEL.03-3291-2013

倉木コーヒー商店

神保町の老舗焙煎店。豆は、本来の味をそこねないために“浅煎り”にこだわっています。新発売の「3ステップコーヒーバッグ」は、カップの上にのせてお湯をかけるだけで淹れられる手軽さが評判です。

東京都千代田区神田神保町2-28-1
TEL.03-3263-0656

珈琲エリカ

神保町を舞台とした映画『珈琲時光』の舞台になったこともある、レトロですてきな喫茶店です。コーヒーは昔ながらの味わいで、ほっとします。

東京都千代田区神田神保町1-32
TEL.03-3291-8411

豆香房(まめこうぼう)

焙煎豆のほか、日替わりコーヒーや季節限定のドリンクを販売しています。テイクアウトのほか、店内のカフェスペースでいただくこともできます。

東京都千代田区神田神保町1-399
TEL.03-3518-4123

UCCカフェ コンフォート

神保町のランドマーク的なビル「三省堂書店」の2階にあるカフェ&レストラン。コーヒーはサイフォンで抽出する本格派で、本を読みながらコーヒーや食事をするお客が多めです。こちらのビルの地下には、昔『ローターオクセン』という名前でやっていたビアレストラン(現店名は『放心亭』)も入っています。

東京都千代田区神田神保町1-1 三省堂書店神保町本店2F
TEL.03-3518-0280

ペーパーバックカフェ

東京堂書店ビルの1階、2階、3階の本売り場にカフェスペースが併設されています。
書店、古書店が軒を連ねるすずらん通りに面した好立地のため、通りの風景を眺めながら、本を読みながらコーヒーを楽しむことができます。

東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店1F
TEL.03-3291-5181

珈琲貴族エジンバラ新宿本店

1975年に開店した珈琲貴族エジンバラは2016年で創業41年目の老舗喫茶店。なんと24時間営業のカフェなのです。もともとは2014年5月28日に、店の入っているビルの建てかえが急遽決まり、長年のファンに惜しまれながら閉店し40年の歴史に幕をおろしました。
しかし2015年に歌舞伎町から場所を新宿三丁目に移しリニューアルオープン。地下鉄やJRからの距離が近く、客席数は2倍の130席になりました。完全な分煙ではないものの、喫煙席と禁煙席に分かれています。
深夜にコーヒーを飲みたい方や、Wi-Fiも完備で全席電源コンセント有りなのでノマドワーカーや夜通し仕事をしたい方にも便利なサービスです。
旧店からの長年のファンや新規客でリニューアルオープン当日から毎日にぎわっています。

特に休日、祝日のお昼過ぎから夕方にかけては混雑しやすいようです。

珈琲貴族エジンバラ新宿本店の特徴

24時間営業だから大した味ではないと思いきや、味にはかなりこだわっています。まず、オーダーを受けてからコーヒーサイフォン(蒸気圧を利用してコーヒーを抽出する方法)で一杯一杯抽出して作り、香り高い本格コーヒーを提供してくれます。
コーヒー豆は、仕入先、品質にこだわったものを使用。店内にはコーヒーの良い香りが漂います。「カフェオレ」は珈琲貴族エジンバラの名物で、スタッフが専用ポットを高々と持ち上げ、高い位置からミルクを注いでくれとてもクリーミーに仕上がります。
珈琲貴族エジンバラに行ったからには1度は見ておきたいパフォーマンスです。広々とした店内でお客さんの数も多いですが、一杯一杯丁寧に淹れた本格的なコーヒーを提供してくれます。

【古書の貸し出し&販売】
空きスペースには本棚が設置されており、古書を提供しています。美味しいコーヒーを飲みながら、のんびりとお気に入りの一冊を探すことができます。自由に手に取り席で試し読みすることもできますし、もっとじっくり読みたい!と思った場合は購入も可能です。

置いてある文庫ジャンルはハヤカワ・ポケットミステリ(ポケミス)、ハヤカワSFシリーズ、メグレ警部シリーズ、「ミステリマガジン」、「マンハント」、「SFマガジン」、「レコード・コレクターズ」、落語関係書籍、映画関係書籍です。

ミステリやSF、芸能が好きな方にはたまらないラインナップですね。普段あまり本を読まない方も、ここに来たことがきっかけで、もしかすると今まで出会ったことのない素敵な本に出合えるかも知れません。
本に囲まれた図書館を彷彿させる店内で、ゆっくり古書を読みながらコーヒーが飲める癒し空間です。

【価格】
ブレンドコーヒーは800円
名物のカフェオレ900円
モーニングセット(月~土の6時~11時30分)830円
ランチ1,080円~。

コーヒー以外にフードメニューも充実しています。24時間いつでもサンドイッチのような軽食をオーダーすることが可能です。

珈琲貴族エジンバラ新宿本店 店舗詳細

住所:東京都新宿区新宿3-2-4 新宿M&Eスクエアビル 2F

映画館「新宿バルト9」の近くで、映画の半券を持参すると100円割引となります。

電話番号:03-5379-2822

営業時間:年中無休、24時間営業(※23時~翌朝6時の深夜帯は200円の深夜サービス料を追加)
月曜日~土曜日の6:00~11:30まではモーニングセットもあり、モーニングセットはコーヒーのおかわり可能です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの入れ方
  2. コーヒーの苦味
  3. アメリカのコーヒー文化
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. カフェ開業
  7. 代用コーヒー
  8. コーヒーメーカー
  9. カフェ開業メニュー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP