カフェ・喫茶店

セブンイレブンの知られざるコーヒー事情!

最近コンビニコーヒーというワードが頻繁にネットなどで言われているほど、今コンビニのコーヒーが熱いです。どのコンビニもこだわっていて、コーヒー好きの人でも「美味しい!」と購入する人が増えています。更にコンビニのコーヒーはなんといいても値段がお手頃!一杯「100円」程度で美味しいコーヒーが飲めてしまうのでとても画期的ですよね。今回は数あるコンビニの中から「セブンイレブン」について取り上げたいと思います。

セブンイレブンのコーヒー

セブンイレブンのコーヒーのコンセプトは、「豊かなコクと香り高い味わい」だそうです。コーヒー豆の品種は「アラビカ種」オンリー。アラビカ種のコーヒー豆は、栽培の仕方が難しく、コーヒーの病気や害虫等つきやすいため、一本の木から収穫される量は少なくなっています。ですので、もうひとつの「ロブスタ種」に比べると品質が良く高価と言われています。セブンイレブンのコーヒーには4種類のアラビカ種の豆を使用し、ブレンドしています。「ホット」と「アイス」で豆の産地の組み合わせを変えているそうで、そこにもこだわりが感じられますね。

「ホットコーヒー豆の生産地」

ブラジル・コロンビア・タンザニア・グアテマラ

「アイスコーヒー豆の生産地」

ブラジル・コロンビア・グアテマラ・エルサルバドル

アイスコーヒーに使用されている「エルサルバドル」のコーヒー豆は、さわやかな酸味が特徴とされているので、アイスコーヒーに使用したのでしょう。

コーヒーの味わい

セブンイレブンのコーヒーは、他のコンビニのコーヒーに比べ、苦みがしっかりしているように感じました。また、豆の香りも感じられ、コンセプトである「香り高い味わい」というのは感じられるコーヒーだと思います。個人的にはホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が苦みと酸味のバランスがとれているように感じ美味しかったです。

コーヒーかすまで活用していた

セブンイレブンでは、このコーヒーを抽出した後にでる「コーヒーかす」をなんと活用しています。全店の店舗清掃用の「消臭除菌剤」にセブンイレブンのコーヒーかすをリサイクルしたものが使われているそうで、自分たちのお店で出たい「ゴミ」となるものを再利用するという素晴らしい取り組みをしています。環境保護に貢献していて好感がもてます。

セブンイレブンは、年間約10億杯ものコーヒーを販売しており、その分大量のコーヒーかすが発生してしまいます。コーヒーかすには様々な活用法があり、その中に「消臭」効果があるのでそこに着目しました。

商品化もあるか

今は店内の清掃用とのことですが、ニュースでも大きな話題となり興味を持った人が多くいたそうなので、もしかしたら商品化が実現するかもしれません。

いかがでしたか?コーヒーにも力を入れているセブンイレブン。更に自分達が飲んだコーヒーのかすが店内の清潔を保っていると考えると、なんだか自分も環境保護に貢献した気分になりますよね。味わいもコンビニとは思えないほど美味しく、値段もお手頃です。「コーヒーが飲みたいな」と思った時にいつでも気軽に楽しむことができるので、セブンイレブンのコーヒーをぜひ一度お試しください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP