カフェ・喫茶店

コーヒー・カフェ資格ランキング

    一日のスタートに、仕事中の休憩に、本を読みながら・・・となにかと飲む機会の多いコーヒー。コーヒーが好きで自分で豆を挽いたり、ブランドの知識を本やネットで得ていても、「独学で色々覚えたけど、やっぱりきちんとした知識と技術をつけてみたい!」と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで、今そんな方にお勧めしたい人気のコーヒー・カフェの資格ランキングをご紹介します。

    1位 コーヒーソムリエ

    コーヒーを楽しむための正しい知識を一番手軽に身に付けられるのがこの資格の特徴でしょう。2ヶ月ごとに資格試験があり、家に居ながら資格を取得する事ができます。特に講習を受ける必要もない手軽さのため、カフェの経営やサービスとしての提供に直接結びつかせるというよりは、コーヒーの趣味をより高じさせたい人にオススメ。また、コーヒーの世界をより広くより深く知ることができるので、将来カフェや喫茶店をやってみたいけど何の知識もない・・という人が、まず初めにコーヒーの世界に触れてみるといった良い機会にもなるでしょう。

    2位 カフェオーナースペシャリスト

    近年、定年を迎えた方や過去に喫茶店で働いた経験がある方から「自分のカフェを開いてみたい!」という声を聞くことが増えてきました。でも「やってみたいけれども、経営の事や設備の事や商品をどのようにすればいいのか分からない・・・」というのがほとんどです。そこでそんな方にオススメしたいのがカフェオーナースペシャリストという資格です。カフェのオーナーとして独立する為に必要な知識を全て網羅する事ができます。また、自分のカフェ経営に役立つだけでなく、講師として活動する事もできます。2か月ごとに試験があり、在宅でテストを受けられるのも利点といえるでしょう。

    3位 カフェインストラクター

    元々、コーヒー業者の全体の水準を向上させるために設けられたのがこの資格です。そのため、コーヒーの正しい知識の普及と技術の向上をはかるのが主な目的とされていますが、最近では一般のコーヒー愛好家にも門戸が開かれ、受験者が増加しています。資格は1級と2級に分かれており、2級ではコーヒーをより美味しく飲むための基礎的な知識を中心に学びます。1級ではより高度なコーヒーの抽出技術、製造技術などを身につけ、コーヒーづくりのプロフェッショナルを目指します。全国に7か所の教育機関での講習が義務付けられており、講習を全て受けた者のみ試験を受ける事ができます。

    4位 コーヒーマイスター

    日本スペシャリティコーヒー協会(SCAJ)が主催している認定試験です。コーヒーのより深い知識と基本技術の習得、そして人々に豊かなコーヒー生活をお届けできるプロのコーヒーマンを目指します。そのため、趣味でコーヒーを楽しむというよりは、コーヒーで生活していこうとしている人向けの資格といえるでしょう。資格認定後は資格保有者のバッジがもらえ、コーヒーについて一定以上の実力を持っていることを表明する事ができます。専用のテキストを購入し、自宅でカリキュラムを終えてから実技・筆記試験に進み、資格取得となります。

    5位 JBAバリスタライセンス

    将来、バリスタとしてバーに立ってコーヒーを提供したい人向けの資格です。受験資格に制限があり、カフェでの就業経験(アルバイトも可)があるか、コーヒー関連会社に就業していてエスプレッソを抽出した経験がある方しか受験することができません。試験も比較的厳しい採点基準となっており、マシンを使っての実技試験、接客スキルなども採点の対象となります。そのため、趣味でコーヒーを楽しみたいという方にはあまり向いていない資格でしょう。逆にそれだけ権威のある資格であるという事でもあります。

    6位 コーヒーコーディネーター

    将来、カフェの開店を考えている方、より美味しいコーヒーを自分で淹れられるようになりたい方にオススメの資格です。専用のテキストを用いての勉強となりますが、DVDの教材もつき、またカフェフードの作り方なども学ぶことができます。

    7位 カーサバリスタ

    バリスタとしての資格を在宅で取得する事ができるのがカーサバリスタです。コーヒー豆の基礎的な専門知識、ペーパードリップ、サイフォン、ネルドリップエスプレッソなどのコーヒー抽出技術、さらにラテアートも習得する事ができます。テキストなどの教材を購入しての在宅勉強となりますが、抽出に必要な機材、コーヒー豆も送られてきますので安心です。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    PAGE TOP