カフェ・喫茶店

コーヒーに関係する仕事を知ろう

コーヒーに関わりながら仕事がしたいという方、多いのではないのでしょうか?今はカフェブームが起きており、そのような人達が依然に比べて増えています。「バリスタ」という言葉は耳にしたことがあるという人は多いと思います。なんとなくかっこいい響きですよね。この「バリスタ」という職業は実際になにをしているか詳しく知っている人は少ないでしょう。「コーヒーを淹れる人」「コーヒーに詳しい人」など漠然としたイメージだと思います。今回は、そんな「バリスタ」の定義や仕事内容、更にはどのようになるのかをご紹介していきます。

バリスタとは?

バリスタは、コーヒーに関する深い知識と技術で、お客様が求めるコーヒーを提供するのが主な仕事です。その為には、豆の種類、焙煎方法、抽出方法、季節、気温、湿度など、すべてを考慮して一杯のコーヒーを淹れる技術と経験が必要である仕事と言えます。また、最近注目されている「ラテアート」など、客を楽しませるような技術や、居心地のよい空間つくり、来てよかったと思ってもらえるようなちょっとした会話や、リラックスできるような家具選びや音楽のチョイスなど、コーヒーを通して、お客様に満足してもらえるようなコミュニケーションや雰囲気つくりも重要な仕事です。

バリスタの働く場所

主にバリスタといえば「カフェ」で働くイメージがありますが、今では多岐にわたって活躍の場が広がっています。カフェ、レストラン、ホテルのカフェ、コーヒー専門店などを拠点として活躍をしており、正社員やアルバイトとして働く方も居ますし、独立して開業される方も多く存在します。バリスタとひとことで言っても、それぞれの場所にあった働き方が求められます。カフェはカフェでも、街中のカフェでしたら常連のお客様とフランクに話す空間であったりしますが、ホテルのカフェというと、少し街中のカフェよりはきっちりとしたイメージの接客や、より落ち着いた雰囲気の空間つくりになるでしょう。

バリスタになるために

バリスタになるためには大きく分けて2つ方法があります。多くの人は、バリスタになるための専門学校へ通います。この専門学校では、コーヒーの知識や美味しく淹れる技術の他に、プロとしてお客様と接する方法や、今話題のラテアートなども学ぶことができます。自ら経営する人や、転職して開業を考えている人のために「経営学」も教えていたりもしますが、卒業後にカフェなどの店に雇ってもらい、現場で経験を積むことが何より大事です。専門学校は2年制のものから、週5日の通学形態、更に夜間制のものまで幅広くあるので、働きながらバリスタを目指す人も安心です。

もう1つは、最初からお店に見習いとして雇ってもらう方法です。こちらは現場で学んでいくのですが、技術力の高いバリスタを近くでみて学べるので十分上達しますし知識もつきます。毎日実践していくことで、現場の雰囲気や要領、また経営しているオーナーも近くにいあるため、専門学校に行かなくても経営を学ぶこともできるのです。

バリスタの資格

バリスタになるために、必ず資格が必要というわけではありません。バリスタとして働く際には、日本安全食料料理協会のコーヒーソムリエ資格やカフェオーナースペシャリスト資格などを取得していると就職に有利でしょう。また、自分の技術向上、評価につなげるために、「コーヒーマイスター(SCAJ)」と「JBAバリスタライセンス」という資格もあります。

以上、バリスタについて述べてきましたが、いかがでしたか?コーヒーの知識だけあればなれるものではないということがわかりますね。バリスタは、コーヒーをより一層楽しむためのコミュニケーションや空間つくりなど、お客様のことをどれだけ考えられるか、というのも重要な要素の一つなのです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの入れ方
  2. 名曲喫茶東京
  3. 安いコーヒー
  4. コーヒーの資格
  5. カフェの仕事
  6. コーヒーかす
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 名古屋喫茶店モーニング
  10. オールドクロップの珈琲
PAGE TOP