カフェ・喫茶店

3社比較!こだわりが光るコンビニコーヒー

ンビニのコーヒーを飲んだことがありますか?どうせインスタントでしょと舐めてかかってはいけません。最近のコンビニのコーヒーは違います。なんとコーヒー豆を挽くところから始まるのです。「コンビニのコーヒーなんてどれも同じでしょ」とお思いのみなさん、それも間違っています。コーヒー市場が活発化している今、コンビニのコーヒーはただの簡素コーヒーではないのです。ローソン・ファミリーマート・セブンイレブンの3社のコーヒーを比較してみましょう!

コンビニ史上初、カフェインレスコーヒーがあるローソン

ローソンは、コーヒー豆の農園・生産地域を100%指定しており、ブラジル・コロンビア・グアテマラ・タンザニアの4か国5種のコーヒー豆をブレンドしています。ラテンアメリカや南米の豆が多く、さっぱりとした酸味と明るい味わいのコーヒー豆です。

ローソンのコーヒーは、苦みや酸味、コクが比較的強くコーヒーの味がしっかりとしていてバランスがとれています。その為、濃いコーヒーが好きな人に向いていて、すっきりを求めている人には向かないかもしれません。そして、ローソンでは「カフェインレス」のコーヒーが登場。今回発売された「MACHI caféカフェインレスシリーズ」は、コロンビア産のアラビカ豆を100%使用し、化学物質を使用しないウォータープロセス方式を用いて、カフェインを97%以上カットしたコーヒーシリーズです。コクと香り、やさしい口当たりが特長のコーヒーでとても美味しく、カフェインレスを感じさせません。

エスプレッソ抽出にこだわったファミリーマート

コーヒー豆はグアテマラとブラジルの2種類をブレンド、豆の選定、ブレンドの比率、鮮度を保つための工夫など細部にまでこだわりを持っています。2012年9月から挽きたてコーヒーを本格展開。2013年11月にブランド名を「FAMIMA CAFÉ」に変更し、「エスプレッソ抽出」を訴求するデザインに一新。スタイリッシュなカップに、「ESPRESSO」の文字を明記することで、ファミリーマートの最大の特徴である香りやコクが、より引き立つ「エスプレッソ抽出」のコーヒーを訴求しています。ファミリーマートのコーヒーはこの4社の中でも苦みを一番強く感じると思います。後味もすっきりというよりは重厚感のある感じなので、ブラックで飲むのが好き、どっしりとしたコーヒーが好きという人にはおすすめです。

新しくなったカフェラテが美味しい!セブンイレブン

水洗式で精製されたアラビカ種100%ブレンドのコーヒー。水洗式のコーヒー豆はすっきりとした味わいが特徴です。苦みと酸味もバランスがとれており、後味はすっきりとしています。コーヒーが苦手な人でも非常に飲みやすく、またアイスコーヒーだとよりさっぱりとしているので夏や朝サラッとに飲むにも最適かもしれません。そして最近カフェラテが新しく改新されました。今までは、ミルクを固めた小さい玉がカップに氷と共にすでに入っており、そこにコーヒーを注いでつくっていました。新しくなったカフェラテは、氷のみが入ったカップを機械にセットするとまずは濃厚なミルクがたっぷり抽出され、そしてエスプレッソが抽出される仕組みになっています。今までのものは甘みがありましたが、新しいものはノンシュガーなのでエスプレッソの香りをふんだんに楽しめます。

いかがでしたか?今回は3社のコンビニを比べてみましたが、それぞれこだわりは違い、味わいにも個性が出ています。お手頃な値段なので、みなさんもぜひいろいろなコンビニのコーヒーを飲み比べし、自分のお気に入りをみつけてみてください。個人的にはセブンイレブンの新しくなったカフェラテが本当に美味しいのでおすすめです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. オールドクロップの珈琲
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーの効果
  5. 代用コーヒー
  6. 海外の珈琲の飲み方
  7. コーヒーメーカー
  8. アメリカのコーヒー文化
  9. コーヒーメーカー
  10. NEWoManニュウマンカフェ
PAGE TOP