カフェ・喫茶店

コンビニでも!タンブラー持参のメリット

近年、コンビニのコーヒーも進化していて、とても美味しくなっていますよね。よく飲むという人も多いかと思います。コンビニコーヒーはレジでお金を払うとホットなら紙パック、アイスならプラスティックカップをもらって、そこにコーヒーマシンの飲み物を入れるのが一般的ですが、実はコンビニによってはタンブラー(水筒)を持参してそれに入れることもできます。スターバックスのようなカフェでは、タンブラーを持参すると割引になったりしますが、コンビニでも店によっては割引を受けたりすることもできます。今回はそんなコンビにコーヒーとタンブラーについて各社コンビニを比較しながらみていきたいと思います。

タンブラーとは

タンブラーとは水筒と同じでコーヒーなどを入れる保温性の高い容器です。よくスターバックスなどのコーヒーチェーン店で売られており、タンブラーを持参することで、カップを使わずエコに貢献しているということで、商品の値引きが受けられたりします。なので、紙カップを使わないので環境に優しいエコ目的の人や、かっこいいタンブラーのデザインが使いたい人など、目的は人それぞれです。

セブンイレブン

コンビニコーヒーの代表格であるセブンイレブンですが、タンブラーの導入に関しては少し遅れをとっています。セブンイレブンでは、店舗によっては使えないところもあるのが現状です。本部見解は「禁止ではない」という発言にとどまっており、実際には店舗によってはタンブラーを持参しても断られることがあるようです。タンブラーによる割引は特になく、タンブラーを使用する際にはレジでタンブラーを使用しても良いか許可をもらう必要があり面倒です。ですので、割引目的ではなく、コーヒーが冷めないようにという目的であれば活用できそうです。

ローソン

ローソンのコンビニコーヒーでタンブラーを持参すると値引きを受けることができます。まだコンビニ各社はタンブラーの持参まで対応できているところは少ないのですが、ローソンはいち早くタンブラー持参に対応しています。具体的にはタンブラーを持参するとローソンのマチカフェドリンクが全品10円引きになります。コンビニコーヒーでタンブラーに割引を入れているのは今のところローソンだけです。

ファミリーマート・サークルKサンクス

ファミリーマートやサークルKサンクスはタンブラーの使用は可能になっていますので、コーヒーを購入したら、タンブラーに直接注ぎ込むことができます。特に値引きはないので値段はそのままです。タンブラーを使うことで保温性を高めたり、おしゃれなカップに入れて持ち歩きたいという目的の場合にはタンブラーを活用しましょう。

ミニストップ

主要なコンビニ各社で唯一タンブラーの使用を禁止しているのがミニストップです。ミニストップではタンブラーの使用そのものが禁止されているので、お店でタンブラーにコーヒーを注いではいけません。注意しましょう。

いかがでしたか?まだまだコンビニコーヒーで割引をしているところは少ないですが、保温効果などのメリットがあるのでタンブラーの活用はおすすめです。しかし、サイズが大きいタンブラーの場合には、コンビニのコーヒーマシンに入り切らない場合があるので、基本的にはサイズが小さいタンブラーを持参するようにしましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. オールドクロップの珈琲
  2. コーヒードリップ器具
  3. コーヒー染め
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーハウス
  6. 神保町の喫茶店
  7. コーヒーカップブランド
  8. コーヒーメーカー
  9. 神保町カフェ人気
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP