カフェ・喫茶店

カフェ・喫茶店人気ランキング10選

日本トップレベルのコーヒーを出す『カフェバッハ』というコーヒーショップをご存じですか?

カフェバッハは、台東区日本堤というちょっと特殊な場所に立地。通称“山谷(さんや)”と呼ばれるところで、労働者のための簡易な宿泊施設(ドヤ)が立ち並んでいるため“ドヤ街”などとも呼ばれます。

ひと昔前まではちょっと危ないイメージもありましたが、最近の訪日ブームを受け、簡易宿泊所に好んで泊まる外国人が増えたことで街のようすも様変わりしました。

創業以来、この街で愛され続けるコーヒーと店の哲学に迫りましょう。

カフェバッハの歴史

カフェバッハの創業は1968年。創業者の田口護(まもる)さんは、日本スペシャルティコーヒー協会会長も務める、コーヒー界の偉人です。いまでこそ「自家焙煎」を掲げる喫茶店やカフェは増えましたが、自家焙煎コーヒーがまだ珍しかった時代から探求し続けるまさに“自家焙煎コーヒーの先駆け的存在”なのです。

そんな偉人に会いたい! とカフェバッハに出かけても、田口さんご本人はほとんど店にはいません。日本全国のコーヒーセミナーの講師をしたり、コーヒーの生産国や消費国視察のために全国を飛び回ったりと、忙しくお過ごしだからです。ただ店では、腕のいいスタッフがおいしいコーヒーを出してくれるのでご安心を。注文を受けてからペーパードリップで抽出するようすが見られる、ライブ感満載のカウンター席がおすすめです。

カフェバッハで人気のスイーツ

さて、カフェバッハは、田口さんの奥様抜きには語れません。もともとここに店ができたのは、奥様のご実家がこのあたりにあったことが大きな理由であるとのこと。この奥様は、店のスイーツやパンのレシピ開発を担当しており、これらも「味がいい」と評判なのです。旦那様がコーヒーを、奥様がスイーツを……理想的なマリアージュですね。

カフェバッハのサイトに掲げられた美しい文章たちのうち、「なぜ山谷という街を選んだのか?」ということについて触れたすばらしい文章があるので、ぜひ一読ください。「コーヒーとは何か、喫茶店とは何か、仕事は何か」という枠を超え、人とと人が助け合うことのすばらしさに気づかされます。

田口さんは、コーヒーの入れ方教科書だけでなく、カフェ開業などに関する著書・監修書を多数出版しています。料理書専門の旭屋出版などからさまざまな出版物があるので、興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか? 喫茶店に限らず、飲食店経営に関する書籍としてもためになることがたくさん書かれています。

カフェバッハは田口護さんの自転車ツーリングでも人気!

コーヒー界の偉人・田口さんはロードバイクにも凝っているらしく、カフェバッハにはコーヒーファンだけでなく、自転車ファンもやってきます。カフェバッハオリジナルのサコッシュ(自転車に乗るときに斜めがけにするポシェットのようなもの)も、隠れた人気商品らしいのです。近くには隅田川が流れ、スカイツリーにも近いという好立地なので、コーヒーを飲むためのツーリングも楽しそうです。

名古屋は独特の喫茶店文化を持った地域です。ロードサイドに喫茶店が立ち並ぶ“喫茶街道”と呼ばれる通りがあったり、モーニングでコーヒーを注文するとピーナッツがついてきたりと、ほかのエリアでは見られない習慣があります。そんな名古屋の喫茶&コーヒー文化を見てみましょう。名古屋に行ったら、是非、喫茶店のモーニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

名古屋の喫茶店の特徴であるモーニング

東京ではスターバックスやタリーズ、ドトールのようなセルフ方式のカフェ、コーヒーショップが主流となっていますが、名古屋ではいまだに個人経営・地域密着型の喫茶店の人気が根強いといわれています。

また、名古屋出身者に話を聞くと、「休日は家族そろって朝から喫茶店に出かけて新聞を読みながらモーニングサービスを食べる」という話をよく聞きます。

しかも、名古屋で「モーニング」といえば、独特のスタイルとなっています。店ごとに内容は違いますが、「コーヒー(か、ドリンク)を頼めばトーストやお茶漬けなどの軽食がついてくる」「モーニングといいながら、朝以外の時間もやっている」など店ごとに工夫をこらしたサービスを提供しているのです。

また、「小倉トースト」という独特のパンの食べ方も特筆すべき点といえます。その名の通り、パンにバターかマーガリンをぬり、そこにさらに小倉あんをのせるというもの。意外な組み合わせに思えますが、あまじょっぱい味はくせになります。

名古屋の典型的な喫茶店コメダ

また、コーヒー業界で名古屋地区はいち目おかれる存在といわれています。名古屋の喫茶店カルチャー
店内はログハウス調のゆったりとした作りで、 自由に読める雑誌や新聞が店内に多数用意されている。

名古屋市東区に本社を持つ『コメダ珈琲店』も、首都圏を中心に店舗数を拡大しており、その名が全国的に知られるようになりました。

インテリアは木の質感を活かした山小屋・ログハウス風。席と席との感覚がゆったりと取られており、リラックスできます。また、さまざまな雑誌や新聞も用意されており、思い思いに過ごすことができます。

看板メニューは「シロノワール」。円形のデニッシュにソフトクリームがのり、さらに別添えのシロップを自分でかけていただく濃厚な甘さのデザートです。

名古屋流の喫茶店の代表格といえるのは『コメダ珈琲店』です

名古屋カルチャーの祖である宗春

名古屋といえば、女性の「名古屋巻き」に加え、駅前に林立するブランドショップ、金のしゃちほこなどからもうかがえるように、派手好みの気質があります。喫茶店のモーニングなどもその文脈上にあるといえるでしょう。

ところで、独特の名古屋カルチャーの礎を築いたといわれているのが、第八代将軍・宗春(むねはる)です。尾張藩の第7代藩主で、同時代の江戸では八代将軍吉宗が「質素倹約」を奨励したのと対照的に、芝居などの芸事を奨励しました。また、規制緩和を進めたり、文化の保護に努めるなどの功績もあります。名古屋の独特の気質は、こうした政治事情にるよるところもありそうです。

名古屋で広ブラ

銀座で、ブラジルコーヒーを飲ませる本格的な喫茶店としてはじまった『カフェー・パウリスタ』も名古屋に進出したことがあるそうです。大正から昭和にかけての時代、名古屋の繁華街である「広小路通り」でブラジルコーヒーを飲む“広ブラ”という言葉があったのだとか。興味深いエピソードです。

「喫茶店はタバコくさい? 健康に悪い?」それは昔だけの話なんでしょうか? いえいえ、割りとまだそうでドトールはそこから少しイメージアップを図ろうとしているようです。今回はドトールの分煙化についての事業運営を中心にまとめています。

・まずドトールの名前の由来

ドトールの名称はポルトガル語で「医者・博士」の意味ですが、創業者の鳥羽博道氏が働いてたブラジルの下宿先が「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」にも由来するようです。

ちなみにはドトールはドトール・日レスホールディングスの子会社です。ドトール・日レスホールディングスの他の子会社は、洋麺屋 五右衛門などレストラン事業展開をする日本レストランシステム。ベーカリー・カフェ事業を展開するサンメリー。洋菓子の製造から販売まで行うD&Nコンフェクショナリー。ほかグループの経営及び管理をする会社があります。

コーヒーは一つの医療としても考えられているので、他のグループ会社まで言えばまさにコーヒーや料理の健康的な側面と、それらも円滑に行うために管理していると言った感じです。

・ドトールの健康志向的運営

勿論子会社のドトール自体、健康に気を遣っています。

ドトールは森永乳業と共同開発を行い、整腸作用効果のあるビヒダスBB536 プレーンヨーグルトを使ったヨーグルトドリンクである「アセロラ・クランベリー ヨーグルト」を2014年7月に発売しています。他にマンゴーパッションヨーグルトなど他のビヒダスBB536 プレーンヨーグルトを使った商品も販売しています。

また総合病院内にドトールのチェーン店がある模様です。

他に通称白ドトールと言って、看板がいつものブラックの背景に白文字じゃなく、白い背景に白文字なの通常ドトールの”別バージョン”的なお店も展開しています。
店内は完全分煙化されているのが特徴のようです。

私が行った事のある通常のドトール(看板がいつものブラックの背景に白文字)は喫煙者は1階、禁煙者は2階と完全に分かれているので普通のドトールでも健康に配慮していることは伺えます。

ただ店舗によっては通常のドトールでも「煙臭い」などあまり分煙化されていない場所もあるかもしれませんので、白ドトールは「完全に分煙化している約束」をアピールと言う意味が込められているのだと思われます。

ちなみに完全分煙化以外にも、店内を広く作ってたりコンセントが充実しているようです。

・コーヒーとタバコ

「喫茶店 健康志向」で検索すると「健康志向の喫茶店」を謳ったお店が多くあります

勿論それはサラダなどの料理に健康によい材料を使っていると言う事もありますが、中にはきちんと分煙化されていないから、分煙化されてますよ的な意味合いもあるようです。

そう言った分煙化されていない店は意外と多いらしく、お店にタバコは付き物だと思われていたのは昔の話だと考えていたのでこれには驚きました。

喫煙派と禁煙派のタバコとコーヒー論争は、まだまだあるような感じで、中には『コーヒーはカフェインで精神的に支障がきたしやすいから健康に過敏になってる人は飲みませんものね。』とネット意見もありました。

・白ドトールの存在意義

他には「ドトールには喫煙席が多い。」と言う意見も確かによく見かけます。
スタバは完全分煙だから勉強に集中できるけどドトールはそうじゃないから集中できないと言われているほどです。

喫茶店全体のイメージとしてあるタバコもそうですが、ドトール=タバコくさいと言うイメージを変えるために白ドトールがあるかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. 海外のコーヒー
  2. 自宅カフェ
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーのかす
  5. コーヒーメーカー
  6. アメリカのコーヒー文化
  7. コーヒーメーカー
  8. 名曲喫茶東京
  9. コーヒーの香り
PAGE TOP