カフェ・喫茶店

カフェ開業初心者向け【メニューの作成・立地の決め方・物件の探し方】

カフェ開業を決意した人はコンセプトを決定したのちに、メニュー作りや物件探しという現実的な段階へと移ります。メニューはお店の“顔”たる存在。物件探しも重要タスクです。具体的にみていきましょう。

カフェメニューの作成方法

ドリンクだけか食事も出すか、食事は軽食か本格的な料理か、などを決めることは最重要事項となります。それにより、厨房の広さ、厨房機器の種類、冷蔵・冷凍庫の大きさ、内装などが決まってくるからです。調理、接客のスムーズなオペレーションの実現に努めましょう。

そのためにも、リサーチを兼ねて、ふだんからさまざまなカフェや話題の飲食店に出かけたり、情報誌やネットの情報をチェックしたりなど、最新の情報を意識的に収集するようにしましょう。

おもなドリンクや料理が決まれば、うつわの大きさや質感、素材などを決めて集めはじめることができます。実際にオープンしてからこれらのことをするより、事前にしっかり準備してから臨むほうが精神的にも経済的にも理想的といえます。

カフェメニュー構成の進め方

・コンセプトに沿ってメニューを構成
・必要な厨房機器やうつわを決める
・想定する業態にあった立地を決める
・インテリアや外装のイメージを決める
・開業資金を決める

メニューが決まれば、厨房機器や内装(厨房と客席の配分など)が決まります。それによって、どのような立地にどの広さの物件を取得すればいいのかが決まってきます。こうしたことから逆算しながら試算もはじめましょう。

これらは、複数のタスクを同時進行させたり、順序が逆になったりと、思うようにいかないことも多いもの。資金や日程には、十分な余裕をもって臨みたいところです。

カフェの立地や物件の選び方

コンセプト、メニューが決まったら、いよいよどのエリアにするかという「立地決定と物件取得となります。店を探しているとき、内装などをつくっているときは売り上げがないので、しばらく暮らしていける程度の生活費をたくわえておく必要があります。また、予想外の出費もあるので、開業資金はなるべく多めに準備しておくことです。

カフェの立地の決め方

以下のようなことを考えておくことが重要です。

街を歩いている人の服装や年齢層をチェックする
地元のスーパーや飲食店をチェックする
同業の飲食店の客単価をチェックする
その街で求められている飲食店を想像する
出店候補先は、その街限定か、ほかの街でもいいか

などを念頭に置いて候補となる街をリサーチしましょう。昼と夜とで歩いている人の感じや街の雰囲気がまったく違うこともあります。ベッドタウンなのかオフィス街なのかでも、店のコンセプト、メニューづくりは変わってくるのです。

カフェの物件の探し方

以下のように進めるのが一般的です。

居抜きの場合は、居抜き専門の店舗物件を扱っている業者へ
内装をイチから造る場合は、その地域に強い業者へ
一般的には、住宅用ではなく店舗物件を専門に扱う業者へ
費用対効果で考える(いい物件はそれなりの価格。掘り出し物はなかなかない)
絶対に条件と、譲ってもいい条件を決める

飲食店に勤務してからの独立などで、円満退社の場合は、関係者からいい物件を紹介してもらえることなどもあると聞きます。あるいは、信頼できる業者などを紹介してもらえることもあるでしょう。ネットでの情報収集も有益です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP