カフェ・喫茶店

カフェを開業したい人へ コンセプトの決定

    カフェをはじめようと決意したら、何よりも大切なコンセプトづくりです。というよりも、「脱サラしてカフェでもはじめよう」「料理が好きだからカフェを開きたい」「コーヒーの香りに包まれて仕事をしたい」などという漠然とした思いだけでは失敗してしまいます。だからコンセプトは重要なのです。それから、お店の“顔”となるメニューを構成していきます。

    コンセプトの決定が開業への一歩

    その前段階として、「そもそもなぜ自分はカフェを開くのか」を自己分析しておきましょう。そしてどんなお店にしたのか、インテリアや雰囲気づくりも含めて明確にしておきましょう。ふだんから、自分好みのカフェに足を運んだり、カフェの情報誌をチェックしたりと、情報収集も意識的に行いましょう。

    インテリアのイメージが決まればどのような物件を取得すればいいのかが決まり、メニュー構成が決まればどのような什器や機材、食器が必要なのかが決まってきます。そこから考えて、お店の理想的な広さと賃料の相場のリサーチ、開業資金の試算などをはじめます。

    開業に向けて

    そこからは、オープンに向かって集中してやるべきことに取り組みましょう。ときに、やるべきことを複数同時進行させなければならなかったりと、慌ただしい日々となるでしょう。家族の理解や、資金の余裕があるのが望ましいですね。

    大まかな流れは、

    【コンセプトやメニューの決定】
    ・どのようなテーマの店にするか
    ・料理とドリンクをどのように構成するか
    ・営業時間はどうするか
    ・ランチ営業を行うか
    ・必要なものは何か
    ・出店候補地のリサーチ
    ・物件探し

    【物件契約・開業手続き】
    ・物件の契約
    ・デザイナー、建築家、内装業者等の選定・発注
    ・内装、外装デザイン
    ・食材の確保
    ・料理の価格、売り上げの目標を設定する
    ・開業手続き

    【最終準備】
    ・料理の試作
    ・接客オペレーションの確認
    ・レセプションやオープニングパーティーの企画
    ・宣伝・広報活動

    などです。店をつくっているときは売り上げがないので、その期間の生活費を十分にたくわえておく必要があります。

    また、ロゴデザインやショップカードづくり、ホームページ制作など、やるべきことは山のようにあります。やり忘れていることがないか、日記やメモに記しながら正確に手順を踏んで進めましょう。

    悩んだときは、カフェ開業を決意したときの自分の「原点」を思い出しましょう。お店のコンセプトがブレるのは、お客さんによい印象を与えません。個人ではじめるカフェは、オーナーの個性とセンスがすべてです。お菓子づくりが得意ならスイーツ自慢のカフェにする、本や雑誌が好きなら読書を楽しみながらコーヒーが飲めるカフェにするなど、自分の強みを全面に出すべきです。

    また、自分にとっての理想のカフェを常にイメージしておくことも大事です。インテリアや店名、音楽などを変えるだけで、カフェの雰囲気もガラリと変わります。自分が憧れているカフェ、個人的に行きつけにしているカフェで、オーナーと話す機会があれば、どんな内装業者に依頼したのかなど、開業物語を聞かせてもらうのも有効です。漠然と「カフェを開きたい」という思いを具体的な手順に落とし込んでいく作業はとても重要なことです。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP