カフェ・喫茶店

カフェ開業に必要な資金と経験とは?知っておきたいポイント2選

    筆者は、グルメ情報誌の編集部に在籍していたとき、何十年も続く老舗店から若い人が開いたばかりの新店までを取材しました。ちょっと前に取材したときはたいへん繁盛していたお店がいつの間にか閉店していることもあり、飲食店経営とは難しいものだな、と思ったものでした。

    そして、長く続くお店をやっていくにいくつか知っておいていただきたいことがあります。カフェを開きたい! と思って勢いではじめるのではなく、何よりも大事な心構えをまとめます。料理が好きで自分のカフェを開きたいという漠然とした夢はあるけど、何からはじめればいいのかわからないという人にも参考になるはずです。

    カフェ開業にはまとまった資金を用意すること

    開業に当たり資金を用意することは不可欠です。店舗物件を探して契約すること、厨房機器や家具や食器類の購入など、かかる経費は莫大です。居抜き開業(前テナントが使っていた設備や内装、造作などをそのまま譲り受けて開業すること)であれば経費の削減ができますが、それでも営業をはじめていくうちに不具合が出てきてリフォームなどの経費がかかります。

    「カフェが好き」「料理で人を喜ばせるのが好き」などという夢を持つのはいいことですが、「想像以上にお金がかかる」という現実をちゃんと踏まえなければなりません。一般には、自己資金を300~400万、しばらくの運転資金に余裕を持たせるためには1000万円程度、などといわれています(※事情により異なります)。

    開業資金などの制度を利用することもできますが、書類をそろえたり事業計画書を書いたりなど、やるべきことは多くハードルが高いのです。

    飲食店勤務の経験は必要なのか

    飲食店勤務の経験はあったほうがいいです。独立時に、雇い主とのいい関係を築いていたらお客さんや食材の仕入れ先を紹介してもらえたりするからです。また何より、飲食の現場で長い経験を積んだ先輩たちと一緒に働くことは、ほかでは得難い経験となります。調理技術のみならず、仕入れや食材の目利き、集客のコツなどを現場体験で得ることは有効なことです。とはいえ、飲食店経験ゼロからスタートした人の成功例も、意外と少なくありません。人柄に魅力がある、店づくりのセンスがある、など経験以外の部分が大事なのもまた飲食店経営なのです。逆に、調理の技術が一流でも飲食店経営がうまくいかないケースもあります。

    世の中には料理学校やカフェの専門スクールなどがありますが、こういうところに行くことは調理や接客の技術向上だけでなく、人脈や仲間ができるということからもおすすめできます。同じ夢を持って学ぶ仲間がいれば、情報交換をしたり、開業をしてからもおつきあいをしたりと、何かと心強い存在となるでしょう。また、講師のネットワークからカフェ開業に関する有益な情報が得られることもあります。

    また、自分にできること、どんなセンスがあるか、自分の個性をお店づくりにどのように活かしていくかなど、“自分の強み”を客観的に把握することです。ひとりよがりやうぬぼれはいけません。客観的な意見をくれる友だちや仲間、家族の意見を聞きながら、この世にオンリーワンのお店づくりの夢を、一歩一歩叶えていきましょう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP