カフェ・喫茶店

電源やWifiもある銀座の人気喫茶店ルノアールや清澄白河コーヒー・カフェショップ2選

銀座の喫茶店ルノアールやコーヒーに関する取材こぼれ話より、銀座の喫茶店ルノアールの特徴を6つに分けてご紹介します。

銀座の喫茶店ルノアールの本社は中野

都心を中心に展開する喫茶店グループ「ルノアール」。会社名に「銀座」と入っているのに、実は本社が中野区にあるのをご存じですか?

ルノアールの公式サイト(http://www.ginza-renoir.co.jp/)にもある通り、同社の本社所在地は「中野区中央4丁目60番3号 銀座ルノアールビル5階」です。同サイト内、「店舗検索」ページで「中央区銀座」で検索をすると、42軒もヒットしますが本社は正真正銘、中央線の人気タウン・中野なのです。

銀座の喫茶店ルノアールはもともとはせんべい屋として創業

ルノアールの前身は、なんと「花見煎餅」という屋号のお菓子屋さん。中野区に創業(一時期は、お隣の高円寺駅前に本社があり、デカデカトと社名看板が掲げられていた!)しました。

1964年の創業当時、ハイカラで文化や情報発信の中心地である「銀座」の名前を冠する気持ち、わかりますよね。

銀座の喫茶店ルノアールは長居・作業は基本的に歓迎(電源あり)

セルフ方式のカフェが増える一方で、「断然、ルノアール派」を標榜する人は少なくありません。そうした愛好家が評価するのは、席と席の間隔がきっちり取られ、ゆったり過ごせること。

また、スマホやタブレットの普及や、カフェで仕事をするノマドワーカーの増加により、「電源の取れる場所」の需要は拡大。それに応える形で、ルノアールやそのグループの店舗にはほぼすべての席で電源が使えるようになっています。ありがたいことですね。

銀座のの喫茶店ルノアールはウェイターやウェイトレスのいない店舗もあり

スタッフが親切なのもルノアールのいいところです。入店したらホール担当のウェイターやウェイトレスが席まで案内してくれて、注文も席で行う“昔ながらの喫茶店”スタイルは、温かみを感じるもの。

ですが、ルノアールは若年層向けに「ニューヨーカーズ・カフェ」というセルフ方式のカフェも数店舗運営しています。この業態の店舗では、従来のルノアールで出しているドリップコーヒーではなく、エスプレッソやエスプレッソベースのアレンジコーヒーを提供するという違いがあります。

銀座のの喫茶店ルノアールのおしぼりとお茶はおもてなしの証

着席したら、ウェイターやウェイトレスが温かいおしぼりとお水を運んでくれます。ウェットティッシュよりもおもてなしの心を感じます。また、注文したコーヒーを飲み終わるころ、空になったうつわを下げるのと差し替えでお茶を出してもらえます。これは、「そろそろ帰って」という意味ではなく「もう少々お茶でも飲んでゆっくりなさってください」の意味なのだそう。おしぼりもお茶も、絶妙のタイミングなのがすごいところです。

銀座のの喫茶店ルノアールの本

本といっても電子書籍。kindleで買えます(www.amazon.co.jp/dp/B00GS5ZZVK)。社長インタビューはもちろんのこと、愛好者のインタビューなども収録され、充実内容となっています。

飲食店経営には「リピーター確保」が欠かせません。その点、ルノアールはパーフェクト。最近では、名刺をスキャンするドキュメントスキャナを備えた店もあります。

コーヒーの聖地と呼ばれている場所がここ日本にもあります。そこは東京都江東区の清澄白河です。

コーヒーの聖地である清澄白河

東京都江東区 清澄白河はコーヒーの聖地と言われ盛り上がっています。
その理由はサードウェーブコーヒーであるブルーボトルが、日本上陸1号店として来たことが理由となっています。

まずサードウェーブコーヒーはアメリカコーヒー文化のことです。高い品質の豆を(これを『スペシャルティコーヒー』と呼びます)を、1杯ずつ丁寧にドリップしていきます。

そしてブルートレードは、元クラリネット奏者がCEOと言う一種変わり種のコーヒー店です。フェアトレード(発展途上国の貧困層の方を生活支援運動)を理念としたオーガニックかつ新鮮な豆で自家焙煎し、48時間以内に出す。

また、清澄白河には他にはアライズ コーヒー エンタングルやザ・クリーム オブ ザ クロップコーヒーなどがあります。

清澄白河の人気の喫茶店「アライズ コーヒー エンタングル」

アライズ コーヒー エンタングルは『次世代のコーヒーメディア』と自ら謳っています。店内は広く作っており、週末には家族連れやお年寄りまで幅広い年齢層が訪れています。

出されるコーヒードミニカやエチオピア イルガチェフェなど。黒いメニュー板はそのコーヒー豆の種類名が羅列され、その日出されるコーヒー豆の種類を動物のマグネットを横に貼り付けて教えると言うユニークな演出があります。また近くには清澄庭園がありますので、そこに行くついでや帰りに寄る・・と言うのも人気の一つかもしれません。

清澄白河の人気の喫茶店「ザ・クリーム オブ ザ クロップコーヒー」

ザ・クリーム オブ ザ クロップコーヒーは『アロマが、コクが違う。フルーティーな味わいのラグジュアリーなコーヒーをたっぷり、小粋に召し上がれ!』と自ら謳っています。
『東京都現代美術館から徒いて5分と言う距離も手軽で、店内は成長した少年の遊び場と言う感じでどこかワクワクさせるような雰囲気を持っています。

つまり清澄白河に行けば、最先端で個性豊かなコーヒー店に巡り会えるとい言うことかもしれません。

清澄白河はおしゃれな街

清澄白河は週末はコーヒー店に入るのに30分間、行列を待つのが珍しくありません。しかしそれは一過性のブームで終わらず町おこしにつながるはずと、3店以外の他のコーヒーショップの方も期待しています。

清澄白河を調べると、本屋や雑貨屋や紅茶専門店など、とにかくオシャレで溢れている印象を受けます。深川図書館や深川江戸資料館と言った、昔の歴史を伝える施設も垢抜けていて、ファッショナブルな雰囲気さえ感じます。

また、お年寄りにも住みやすい町なのは先程の「アライズ コーヒー エンタングル」の話から予想がつきます。
事実、古い物も新しい物もちょうどバランスよく溶け込んでいると住民から言われていますし、清澄白河にこう言った特徴があるのもチェーン店が少ないのも理由があると言われています。

清澄白河がいかにコーヒーの最先端の文化が感じられ、オシャレにも特化しているのがお分かりいただけたと思います。チエーン店が少ないのも良いですし、一度そこに足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. チェーン店のカフェ
  2. コーヒードリップ道具
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーかす
  8. コーヒーハウス
  9. コーヒーメーカー
  10. 東京の人気老舗喫茶店
PAGE TOP