カフェ・喫茶店

さらばカフェイン!デカフェについて

「デカフェ」、聞いたことはありますか?コーヒーの主な成分である「カフェイン」が入っていないもののことを言います。近年注目されており。スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどのコーヒーチェーン店でもデカフェのコーヒーは販売されており、今では「コーヒーを飲みたいけどカフェインは取りたくない」という時などに手軽に飲めるようになりました。今回はそんなデカフェのコーヒーについて詳しくご紹介していきたいと思います。

デカフェとカフェインレスの違い

デカフェとカフェインレス、この二つは実は少し違いがあります。

「カフェインレス」とはカフェインがゼロではありませんが、ほとんどゼロに近いくらいまでカフェインの含有率が少ないものを言います。「デカフェ」とはもともとカフェインが入っているものから、カフェインを取り除いたもののことを言います。日本ではまだカフェインの含有量に関する規定がないのですが、ヨーロッパではカフェイン含有量がコーヒー豆の0.2%以下であるものでなければ「デカフェ」という言葉を使うことができません。デカフェはコーヒーに使うことが多いです。

デカフェのメリット

デカフェは、カフェインがほぼ除去されているので、カフェインによる悪影響を防ぐことができます。そのため、妊娠中・授乳中の方、カフェインが苦手という方にはとてもメリットがあります。

具体的には、カフェインの過剰摂取を防ぐことができる/睡眠の妨げにならない/カフェイン中毒、依存を防ぐ/美肌効果・・・などが挙げられます。

デカフェのデメリット

デカフェの基準として、日本では基本的に明確な基準はありません。なので少しのカフェインでも摂取したくないという方は不安があるかもしれません。EUでは99.9%以上カフェインを除去したものだけがデカフェとなるので基準が明確です。具体的なデメリットとしては、カフェイン特有の覚醒効果を得られない/取扱いが通常のものより少ない/カフェイン以外の成分も多少損失してしまうため、味や香りが通常のコーヒーより劣る/手間がかかっている分値段が高い・・・などが挙げられます。

コーヒー以外のカフェインレスの飲み物

デカフェのコーヒー以外にも、カフェインレスの飲み物はあります。妊娠中や授乳中の人はこちらの飲み物もおすすめです。

たんぽぽコーヒー

香ばしく焙煎された、たんぽぽの根っこだけで作られたたんぽぽコーヒーです。もともと戦時中にコーヒーの代用品として誕生したのでコーヒーと名前についていますが、味はコーヒーとは程遠いです。ほんのり甘くコクや深みがあります。ビタミンB群、鉄分、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれます。

いかがでしたか?デカフェのコーヒーはメリットがたくさんあり、カフェインの過剰摂取を気にしなくてもいいので、たくさんコーヒーを飲むという人は、一日に飲むコーヒーの1杯をデカフェのコーヒーに置き換えてみるという使い方もできます。ただし、デカフェだからといって飲みすぎは体にとってやはり禁物です。今ではコーヒーチェーン店などでも気軽にデカフェのコーヒーが飲めるので、普通のコーヒーと何が違うのか、実際に飲んで確かめてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーの着色
  6. 韓国カフェ
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーのかす
  10. 海外のコーヒー
PAGE TOP