コーヒー豆の種類

コナコーヒー【ハワイのお土産で人気の香りが豊かな珈琲】

コナコーヒーとは

ホワイトハウスでの公式晩餐会で必ず振る舞われる、ハワイの名産コーヒーです。希少で高価なコーヒーなので、比較的安価なコナブレンドは、コナという土地で収穫されたものが10%以上入っていれば名乗れるため、ほとんどの割合を別の豆を使っているコーヒーです。

コナコーヒーの産地

ハワイ州のハワイ島の西岸にある、コナコーストで栽培されています。なぜこの土地にこだわるかというと、コナ地区は火山による豊かな土壌、降雨量、日照時間、標高など、コーヒー栽培に相応しい条件が揃っているからなのです。この理想的な環境で育つからこそ、世界で指折りの品質になるのですね。

コナコーヒーの味覚とコク

苦みが少ないのが特長で、優しい酸味と軽めのコクが感じられる味わい深いコーヒーです。

コナコーヒーの生豆色

グレーがかった薄い緑色をしています。この色に近いほど新鮮なものとされています。

コナコーヒーの豆質

コナコーヒーは水洗方式で精製されているので、不純物や欠点豆がきちんと取り除かれます。非常に手間と時間が掛かる方法ですが、粒が揃った高品質な生豆になっています。

コナコーヒーの香り

ふわりと鼻に抜ける独特の甘い香りが特長です。お土産屋さんなどで販売しているものの中には、フレーバードコーヒーをコナコーヒーと騙って売られているものもあるそうなので、しっかりと確認してから購入しましょう。

コナコーヒーのロースト方法

コナコーヒーのかすかな酸味と香りを活かせるミディアムローストがオススメです。ブラックでいただくとミディアムロースト特有のコーヒーの深みが感じられます。

コナコーヒーの品質

コナコーヒーは豆の形や大きさで等級が分かれていて、一般的にコーヒー豆は粒が大きいほど完熟度が高く、まろやかな旨味があるとされています。普通のものは片面が平らなよく見るコーヒー豆で、これを大きいほうからエクストラファンシー、ファンシー、プライムと分けられています。

そして、このどれにも属さないピーベリー。これは通常1つのコーヒーチェリーに2つ入っている豆が、1つにつき1粒しか入っていないものです。とても珍しく、全体の2~3%しかないそう。一回り小さい丸い形をしているのですが、この形のおかげで他の豆とぶつからないためにムラなく焙煎されるのです。雑味がなく、甘味が存分に楽しめるので、中にはピーベリーをおつまみにワインを飲む、通な方もいらっしゃるのだとか。

コナコーヒーの価格

コナ100%となると、かなりの高値になります。ですが、せっかくなら純粋なコナコーヒーを楽しみたいですよね。

日本なら通販などで100g1000円~あるようです。ハワイですと、200g入りのものが15$ほど、スーパーだと少し安くて12$ほど。セールがあればもう少し安く買えます。ハワイのお土産にするなら、お土産屋さんよりもスーパーで見つけるのがお得かもしれませんね。

コナコーヒーの淹れ方

豆は挽いたときからどんどん風味が逃げてしまうので自宅で挽きたいところですが、コーヒーミルがあるお宅はなかなかありませんよね。ですので、粉上のものをペーパードリップしていただきましょう。コナコーヒーの優しい甘さと味わいを楽しんでくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP