コーヒーの人気特集

コーヒーに隠された4つの健康効果とは!?

    コーヒーの健康効果1:脂肪を燃焼してくれる

    コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸という成分がダイエット効果に大きく貢献してくれます。カフェインは、リパーゼという脂肪を分解する酵素を活発にし、脂肪の燃焼効が得られます。
    クロロゲン酸は脂肪を効率よく燃焼させエネルギーに変える働きがあり、脂肪の代謝を促します。

    この2つの成分の効果で「食事から摂取した脂肪を体に蓄積しにくくする」のと「体に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなる」ことから、コーヒーにはダイエット効果があるとされています。

    またカフェインは血行を促進する効果があるので血液が身体の隅々まで行き渡り体温が上昇します。体温が1度上がると基礎代謝は12%上がると言われており、基礎代謝が上がった状態で有酸素運動などを組み合わせるとダイエットにもより効果的になります。

    他にもコーヒーには利尿作用があるため、デトックス効果にも期待できます。排尿を促すことで老廃物を流しむくみを改善してくれるので、見た目的にもすっきりとさせることができるでしょう。

    コーヒーの健康効果2:頭痛を緩和する

    コーヒーを飲むことで頭痛が緩和されるというケースがあります。脳の血管が膨張することで起こる偏頭痛の場合、コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで血管が収縮されて痛みが和らぎます。

    ただ、筋肉の緊張が原因で起こっている頭痛の場合は、コーヒーを飲んで血管がさらに収縮すると血流が悪化してさらに頭痛が悪化する場合もありますので、頭痛の緩和に効くのは頭痛の種類によるということになります。

    普段からよくコーヒーを飲んでいる方は、飲んだ後の頭痛が軽くなっているか、それとも余計に痛くなっているか、自分の体調を注意深くチェックするようにしましょう。

    コーヒーの健康効果3:老化を防止する

    クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、抗酸化作用があります。ポリフェノールはお茶やココアにも含まれていますが、その中でもコーヒーには赤ワインと同じくらいの量が含まれているそうです。

    物が酸素にふれると腐ったりサビたりすることを酸化といいますが、人間の身体でも同じような現象を起こします。身体が酸化するとしわ・しみ・そばかすなどの原因になるので、老化の原因となる活性酸素を抑制することで、アンチエイジングの効果が得られるのです。

    また、コーヒーを飲む女性と飲まない女性だと、飲む女性の方がシミの発生が少ないという結果も報告されています。

    コーヒーの健康効果4:うつ病の予防ができる

    1日4杯のコーヒーがうつ病のリスクを20%も下げるそうです。カフェインが影響しているようですが、他のカフェインが含まれた飲料やチョコレートのカフェインだと、そのうつ病予防の効果は確認できなかったようです。

    コーヒーに含まれるカフェインが中枢神経を刺激し、セロトニン(人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎに関与します)やドーパミン(快感や多幸感を得る・意欲を作ったり感じたりする)、ノルアドレナリン(やる気や意欲を高める)などの神経伝達物質の分泌を促して、抗欝剤と同じような働きをすると考えられています。

    コーヒーの香りには脳をリラックスさせる効果がある、という研究結果も出ていますから、香りと含まれる成分、ダブルの効果に期待したいですね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP