コーヒーの人気特集

入れ方別、コーヒー豆の挽き方解説

コーヒー豆は使う器具によって挽き方を変える必要がある

コーヒー豆を自宅で挽いて淹れてみようと思う方は、挽き具合にも気を配る必要があります。
スーパーなどで買える一般的な市販のコーヒーの粉はかなり細目で挽いてありますが、使う器具によっては合わないこともあるので、市販品の挽き方に合わせると「あれっ!?」となる事があります。市販品の中には「○○用」と記載していたり、挽き具合が書いてあるものもございます。

ここではコーヒーを淹れる器具に合わせたコーヒーの挽き方をご紹介いたします。ご自分で挽く場合、またコーヒーをインターネットなどで注文する場合にもご参考にしてください。

ハンドドリップの場合:中粗挽き~中細挽き

ハンドドリップでコーヒーを淹れる場合、市販品より若干粉が大きめになる中細挽き程度の方が、フィルターが目詰まりしづらいです。豆にわずかに残ったコーヒーの薄皮(チャフ)が、挽いたときに少し目立つくらいに顔を出す程度の挽き目です。

「カリタ」や「メリタ」のドリッパーを使う場合はこれくらいの挽き目で使った方が良いです。細かく挽けば、濃いめのコーヒーを淹れやすくなり、少し粗めにすればすっきりとしたコーヒーを淹れやすいです。
「コーノ」や「ハリオ」などの円錐形のドリッパーやネルフィルターには、お湯の注ぎ具合で調節が効くようにもう少し粒が大きくなるようにしましょう。適度な大きさであれば、細くお湯を注いだ時にコーヒーの粉が膨らんできます。ただし、あまり粗すぎるとお湯があまりコーヒーに浸透せず、水っぽくなってしまいます。

サイフォン、モカ・エキスプレスの場合:細挽き

サイフォンをお使いの方は、市販品程度の細挽きにすることで味をバランスよく、濃くも薄くも出すことができます。細挽きにした場合、薄皮はほとんど目立ちません。
また、直火式エスプレッソ器具、「モカ・エキスプレス」をお使いの方も、同じくらいの細挽きが良いでしょう。エスプレッソマシンくらいの極細挽きにしてしまうと、ステンレスのフィルターが目詰まりを起こします。

エスプレッソマシンの場合:極細挽き

エスプレッソマシンには、指で押したら固まるくらいの極細挽きにしたコーヒーを使いましょう。しっかりとポルタフィルター内に詰めて、空気を逃がさないようにする必要があります。
手動のミルで挽くと大変手間がかかり、また挽き目も粗めなので、電動式のミルを使う事を推奨します。エスプレッソ用の市販品の粉の中には、あらかじめごく細く挽いているものもございます。

コーヒーメーカー、パーコレーター、フレンチプレスの場合:粗挽き~中粗挽き

コーヒーメーカー、パーコレーター、フレンチプレスは比較的高温で抽出し、また濃くなりやすい傾向もあるため、粗めに挽いたコーヒーを使いましょう。
粉というより、砂利程度のごく小さい欠片の大きさにするイメージです。あまり細かく挽くと、コーヒーのえぐ味が出過ぎてしまう事があります。

以上、おおまかではありますが、器具によってのコーヒーの挽き方をお伝えいたしました。
同じ種類のものでも、器具によって多少違いが出てくるので、挽き具合を調整しながらいろいろと試して、お好みの挽き具合を見つけてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの着色
  2. コーヒーの効果
  3. カフェ開業
  4. コーヒーの実
  5. コーヒーメーカー
  6. オールドクロップの珈琲
  7. コーヒードリップ人気
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーミル
  10. コーヒーの仕事
PAGE TOP