コーヒーの人気特集

東京で通える!おすすめのコーヒー豆販売・焙煎店

    東京の焙煎店、どこがおすすめ?

    東京には何軒も焙煎店があり、どこに行けば良い豆を買えるか、通いやすい店がどこなのか分かりづらいかもしれません。
    その中から、通いたくなる東京都内の焙煎店をいくつかご紹介いたします。

    守備範囲が広く、飲みやすい豆が多い「下北沢 モルディブ」

    下北沢駅から南に5分ほど歩いた場所にある「モルディブ」。1984年から営業を続けている老舗の焙煎豆販売店です。この店には焙煎豆はもちろん、テイクアウトで飲めるコーヒーやカフェラテ、さらにコーヒー道具も数多く揃っており、ネットショップもあります。
    焙煎豆はスタンダードの豆もスペシャルティの豆も多数あり、お求め安い値段で販売されています。焙煎も丁寧にされていて飲みやすく、お勧めです。
    月によって替わるセール品もあり。

    コーヒーの焙煎士が集う清澄白河近辺の焙煎店「ARiSE COFFEEROASTERS」

    東京メトロ半蔵門線の駅、清澄白河駅。江東区のこのエリアには、味に定評のある焙煎店がひしめきあっております。ブルーボトルの支店もこちらにあります。
    かなり並ぶ日もあるこのお店の中は、座ってくつろげるようにもなっており、豆が仕上がるまでコーヒーをいただきながらゆったり過ごすこともできます。
    焙煎される豆は選び抜かれており、店内にある大きな焙煎機でしっかりと焙煎されます。各種メディアにも取材されることも多い大きなお店です。

    東京にいるならやはり抑えておきたい定番の店「カフェ バッハ」

    台東区にある超有名な喫茶店です。手間暇かけてしっかりハンドピックを行い、理論に沿ってしっかり焙煎された豆を使い、丁寧にハンドドリップしております。丁寧に作った焼き菓子やパンもおいしいです。
    オーナーの田口さんは多数の弟子を持つ、日本でのコーヒー文化形成の立役者の一人で、著書も山ほど出されております。彼の教えをしっかり学んだスタッフの方々によって焙煎された豆も店内で買うことができます。ここでしか売っていない品種もあるので、チェックしておくとよいでしょう。

    スカイツリー近くの自家焙煎店「シュクレ」

    スカイツリーからしばらく歩いた駅、曳舟駅近くにあるお店です。
    店内はかわいらしくおしゃれな雰囲気で、中でハンドドリップの珈琲を飲むことができるほか、種類豊かで新鮮な焙煎豆を買うこともできます。入りやすく、親しみやすい雰囲気が特徴です。ちなみに、スタッフの高橋さんは2015年ハンドドリップチャンピオンシップ優勝者でもあります。
    コーヒーに関する講座が行われることもあり、近所に住んでいると何かとよりたくなるタイプの店だと思います。

    品質のよいスペシャリティーコーヒーも多い「権蔵 CAFE & BEANS」

    練馬区大泉にあるこのお店では、選び抜いて直輸入した豆を焙煎しております。
    50gとかなり少ない量から買う事ができるので、気軽に豆を試すこともできます。
    通信販売にも対応しているので、気になった豆があればインターネットから注文することもできます。

    東京都内には焙煎店が多く、他にもいろいろな店があります。地区にもよりますが、3~5駅に一か所は焙煎店があると言ってもいいほどたくさんの焙煎所があります。
    お近くに焙煎店を見つけたら、一度寄ってみるのもよいかもしれませんね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP