コーヒーの人気特集

朝のコーヒータイムに!全自動のミルつき浄水コーヒーメーカー

    全て作業はコーヒーミルにおまかせ!全自動コーヒーメーカー

    朝、おいしいコーヒーを飲みたい。けれど豆を挽いて、お湯を沸かして…という作業をしている時間がない人もいるし、それに朝はゆっくりしたいですよね。
    それを解決してくれるのが、全自動コーヒーメーカーです。
    全自動コーヒーメーカーは、水と豆さえ入れてしまえば、「豆を挽く」「お湯を沸かす」「ドリップする」といったコーヒーを作るための行程を、変わって全てやってくれます。その間、身だしなみを整えたり、ニュースを見たりといった時間に使うことが出来て、生活に大変便利な道具でもあります。
    そのなかでもとりわけおすすめなのが、「パナソニック ミルつき浄水コーヒーメーカー NC-S35P」です。全自動コーヒーメーカーは基本的には高いものの、このコーヒーメーカーは6,500円前後で「まだお手頃」と言えます。しかも、一通りあると便利な機能がそろっていて使いやすいのが魅力的です。
    このコーヒーメーカーの機能を解説していきます。

    濃さを選んで、おいしさをしっかり抽出!「手だし風ドリップ方式」

    ドリップには三つ穴のドリッパーと、一般的なペーパーフィルターを採用しております。お湯も注油する際に、長めにに蒸らしの時間を取り、その後お湯を継続して注いでおいしいコーヒーを一気に淹れるように作られております。
    この機能のお蔭か、味わいは比較的良いという評判が多いです。香りがよくすっきりな酸味が出て、クリアな味わいに仕上がります。
    また、濃さは「マイルド」「リッチ」「アイス」の三種類から選ぶことができ、お好みに合わせて濃さの調整がワンタッチで直感的に可能になっております。
    さらに、お湯を注ぐ際、活性炭のフィルターを一度通すようにしているため、水は濾過されてカルキ臭さがなくなり、コーヒーに変な雑味を残しません。

    ミルもいらない!?プロペラ式の簡易ミル搭載

    このコーヒーメーカーにはプロペラ式の簡単なコーヒーミルが付属しており、豆を入れてスイッチを押し続けるだけで豆を挽くことが出来ます。
    また、プロペラ式は挽き具合を時間で図る必要がありますが、「ミルサイン」のLEDの点滅回数によって、どの杯数分の豆がひけたかを簡単に知ることが出来るので、失敗は比較的少ないです。
    もちろん、コーヒーミルをお持ちであれば、それを使って挽いた豆を使うこともできます。

    紅茶も抽出できる!?付属ティーサーバーを使った紅茶の抽出

    このコーヒーメーカーは、なんと紅茶の抽出もこなします。
    ペーパーフィルターをセットし、紅茶の茶葉をいれて、コーヒーを抽出するときと同様に水容器をセットし、「マイルド」コースで抽出するだけで簡単に抽出することが出来ます。
    コーヒーメーカーの中では、珍しい機能ですね。もちろん、紅茶だけでなく、ハーブティや中国茶もこれを使って淹れることが出来るようです。

    最大5人分まで自動で抽出することが可能な、「パナソニック ミルつき浄水コーヒーメーカー NC-S35P」。
    忙しい朝に使うのはもちろん、急な来客があってコーヒーや紅茶を出したいときも、この機械一つで対応できる万能なアイテムです。
    一台持っておくと何かと便利ですね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP