コーヒーの人気特集

手動のコーヒーミルを選ぶうえでの長所

    雑貨感覚で選べる手動のコーヒーミル

    手動のコーヒーミルは挽くまでに少し時間がかかります。一杯分であれば問題は少ないのですが、二杯分以上挽くとかなり時間がかかります。
    しかし、それを差し引いても、手動のコーヒーミルはバリエーション豊かで魅力的です。ハリオが出しているモダンな見た目の物、カリタのミルのような昭和レトロな雰囲気のもの、その他いろいろなブランドが出しているおしゃれなものまで、いろいろな見た目のミルがあり、お好みに合わせて選ぶことができます。
    一番の特徴はデザイン性ではありますが、他にも手動のミルにしかない利点がいくつかあります。

    場所をとらない

    機械部分がないぶん、手動のコーヒーミルは場所をとりません。食器棚のすみにおけるような小型のサイズが多いので、ワンルームなどで置き場所が少ない場所に住んでいても買いやすいです。インテリアとして部屋に飾る事さえ可能です。
    ものによっては、「ポーレックス セラミックコーヒーミル」など、アウトドアに持っていけるほどの小型サイズもあります。

    場所を選ばず使える

    電動ミルは、電源を取る必要がありますが、手動のミルはどの場所でも使えます。「電源の近くに置かなきゃいけないけど、他のものをどかさなきゃ…」と、設置場所に悩む必要もありません。山の上で使うことだってできます。

    粗挽きが得意なミルが多い

    手動のミルは基本的に、中挽き〜粗挽きを得意としています。逆に、電動ミルはエスプレッソを淹れるのに便利なこともあって、細挽き寄りに調整が成されている事が多いです。
    ネルドリップやペーパードリップ、パーコレーターなどを使う人におすすめです。手動ミルで細挽きをしようとすると、かなりの時間がかかってしまいます。一方、それなりに使いやすいミルであれば、ペーパードリップ用の中挽きはさして時間はかからず、力もそこまで必要ありません。
    また、作りの良いミルは、挽いたあとも高性能な電動ミルのように粒がしっかり揃っているため、「手動は安いし、精度は大丈夫か?」と思う方も心配ありません。

    全体的に価格が安い

    電動ミルはまともに使えるものは5000円前後(メリタ パーフェクトタッチIIなど)からになりますが、手動ミルでまともに使えるのは2000円前後から(ハリオ セラミックコーヒーミル スケルトンなど)になります。
    出費は少なくても、まともに使えるコーヒーミルが手に入るのはうれしいですね。続くかわからないけどミルを買ってみようという人にも優しい価格設定です。

    メンテナンスがしやすい

    電動ミルの場合、メンテナンスできる場所が限られており、刃の形状の都合上、メンテナンスがしづらいモデルも多いです。
    手動ミルは基本的に、刃の調整ネジの部分を緩めて隙間を作る事で、間に挟まった粉を飛ばすこと、ホッパーに溜まった粉を取り除くことだけでメンテナンスが完結します。
    電動ミルは他にも、電気回路がのっていたり、刃の周辺の構造が複雑であったりするため、故障したときは修理が困難になる事が多いです。

    手動ミルは、種類豊かで安いというだけではなく、こうした様々な利点を持っております。中には作りの良い時代のヴィンテージ物の手動ミルもあるほど、奥の深い世界です。
    電動ミルにするか、手動ミルにするか迷っているかたの参考にしていただければと思っております。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP