コーヒーの人気特集

好み別!おすすめのコーヒー豆

    おすすめのコーヒー(豆)は?と聞きたいときは…

    コーヒーショップに入り、コーヒーの名前がいろいろ並んでいて、「おすすめのコーヒー(豆)はどれですか?」と聞きたくなるケースは多いと思います。
    その時は、どのようなコーヒーが好きか(あるいは飲み物の好みでも)を伝えましょう。スタッフの方が、あなたに合う豆を教えてくれます。
    しかし、ある程度主なコーヒー豆の傾向を知っておきたい人もいると思います。この記事では、好み別におすすめできるコーヒー豆の種類を、スペシャリティーコーヒー、スタンダードコーヒー共にお伝えしていきます。

    ガツンと来る苦みが欲しい人へ

    ●ブラジル サントス(No.2)
    スタンダードコーヒーの中では苦みが強い方に入ります。フルシティローストくらいの深煎りでぐっとくる味わいが出ます。
    チョコのような酸味と甘味を伴うことが多いです。
    「アマレロブルボン」「ダテーラ農園 Sweet Blue」など、この酸味や甘味が強調される飲みやすいブラジル産スペシャリティーコーヒーも存在します。

    ●インドネシア マンデリンG1
    スタンダードコーヒーの中ではブラジルと並び苦みが強いです。ブラジルに比べ、切れ味のある苦みがあり、アイスコーヒーにもおすすめです。
    浅く焙煎した場合は非常に酸味が強くなるので、深煎りで焙煎するところが多いです。
    スペシャリティーコーヒーの中で「リントン」と名前がついているものはリントン地区で焙煎されているもので、品質はインドネシアの豆の中でもかなり高いと言われています。

    ●タンザニア キリマンジャロ
    スタンダードコーヒーの中では苦みが強いとともに、まったりした甘みを伴うことが多いです。
    スペシャリティーコーヒーの「ンゴロンゴロAA+」などではチョコレートのような甘味がプラスされ、さらに味わい深くなります。

    香りを楽しみ、ゆっくり飲みたい人へ

    ●エチオピア イルガチャフィ ナチュラル
    エチオピアの俗に言う「モカ」の一種です。スペシャリティーコーヒーで、花のような豊かな香りを持ち、嗅いでいる瞬間がとても楽しい逸品です。
    酸味が強めですが、すっきりして飲みやすいです。焙煎具合によって酸味のバランスと香りのバランスが変わり、扱いが難しい豆です。
    「ナチュラル」は、水洗いせず果肉を残したまま乾燥させた製法で作ったことを指します。

    ●キューバ クリスタルマウンテン
    日本にはめったに入ってこないキューバの最高品質のスペシャリティーコーヒーで、価格も飛びぬけて高価です。
    基本的には浅煎りで飲むものです。複数の品種からなるこの豆は、飲む前後にすっきりした香りをもたらし、のど越しもちょっとしたチョコレートのような甘みをわずかに残します。
    飲める場所は限られている為、興味がある人はよく探すことをお勧めいたします。

    飲みやすい酸味を持つすっきりしたコーヒー

    ●ニカラグア ジャバニカ
    ジャバニカはエチオピアのティピカ種のような細長い見た目を持つ豆です。スペシャリティコーヒーの中では生産量が少なく、めったに飲めません。
    「イナ・オクシデンタル農園」など、設備の整った大きい農園で栽培されていることが多いです。酸味が強いものの、甘みも伴うのど越しのよいコーヒーです。

    ●メキシコ クルスグランデ農園
    昔ながらのティピカ種を育てている農園で育てられたスペシャリティコーヒー。丁寧に育てられたこの豆は浅煎りにすると優しい酸味を伴います。
    コーヒーの酸味が苦手という方にも、このコーヒーはまろやかでおすすめです。

    尖りすぎてちゃイヤ!バランスのいいコーヒー

    ●コロンビア スプレモ
    コロンビアのスタンダードコーヒーの中でも大粒のものを指します。軽い苦みが特徴で、大多数の人には飲みやすいコーヒーです。
    「ナリーニョはナリーニョ県で栽培されたもので苦みがはっきりしており、「ピコクリストバル」は中米寄りで生産され、爽やかな酸味も伴います。

    ●エクアドル アンデスマウンテン
    高地で生産されるエクアドルのスペシャリティーコーヒーで、有機農法で育てられていることが多いです。
    ハイロースト程度の中煎りにすることで、全くいやらしさがない軽い苦みを伴った飲みやすいコーヒーになります。万人におすすめしやすいコーヒーです。

    このほかにも多数の銘柄がございます。また、収穫年度(クロップ)によっても大きく味が変化します。
    色々と飲み比べて、あなただけのコーヒーを見つけてくださいね。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP