コーヒーの人気特集

大阪にもいっぱいあります!おすすめのコーヒーショップ

    大阪府内にある、絶品のコーヒーが飲める・買える店

    東京のコーヒーショップはしばしば色々な雑誌にも特集が組まれるほど人気が高い店が多いものの、大阪にも多くのコーヒーショップがあります。
    中心地には数多くの喫茶店やコーヒーショップがあり、また市外に出るとマニアックな名店があるのが特徴です。
    この記事では、その一部を紹介します。

    マニアックすぎるマスターが淹れる超絶品コーヒー。八尾市「ミュンヒ」

    「怒り新党」などのテレビ番組でも取り上げられたことのあるこの店は、大阪市から南東に向かったところにある八尾市内にあります。
    マスターのこだわりぬいた独自の製法で作られるコーヒーは、一杯あたりの値段が2,000円以上するものの、噂が噂を呼んでマニアックなお客さんがぞろぞろと立ち寄ります。アンティークにもこだわりがあり、ドイツの非常に古いバイクや、モーツァルトの時代より前に作られた非常に豪華なマイセンのカップなどがあります。ちなみにこのカップに注がれるコーヒーはマイナス3度で樽の中で19年熟成されており、一杯75,000円。

    通常のコーヒーを一杯淹れるだけでも20-60分かかる、手間暇かけた超高級なコーヒーを飲める店は、大阪どころか、世界規模でみてもここだけでしょう。

    数々の弟子を持つマスターが運営する東大阪市の超名店「マウンテン」

    農園を巡り、品質の確かなコーヒーを探し当てることに長年の歳月を費やした元井健さんの運営する店で、大阪のコーヒー店の中ではとても有名なお店です。SCAAの審査を行うこともある元井さんは各所に多くのお弟子さんを持ち、見識の深い方です。

    にもかかわらず、選び抜かれ、正しく焙煎された豆を使って、驚くほどの低価格で淹れてくれます。平均価格は一杯当たり300円少々。奈良県との境目にある下町、東大阪・瓢箪山近くだからこそできることでしょうか。このお店でペーパードリップで淹れられたコーヒーは、冷めてもおいしいです。
    焙煎豆の販売も行っております。

    東京の超名店のグループ店。大阪市「カフェ・バーンホーフ」

    東京の超名店「カフェ・バッハ」にて学んだスタッフにより運営される、バッハグループのお店です。
    銘柄は「カフェ・バッハ」と同じものを使っており、安定した品質のコーヒーが飲めます。福島駅近くと、梅田・阪急三番街の中にあり、中心部からのアクセスが便利なお店です。バッハグループのお店だけあり、コーヒー・お菓子共にそれなりの値段はすれども、安定した味を持っています。福島駅の近くのお店は高架下にあるにも関わらず、静かで過ごしやすいです。焙煎豆の販売も行っております。

    オリジナルブレンドからドリップ・ラテアートのレクチャーまで。箕面市「北摂焙煎所」

    箕面市にある自家焙煎の珈琲豆の専門店です。
    ストレートコーヒーとオリジナルブレンドのコーヒーを販売しており、焙煎の仕上がりも確かなものがあります。また、自分だけの「プライベート・ブレンド」を作ってくれるサービスがあり、サンプルを作りながら吟味して作ってくれます。ブレンドのレシピは保管してもらえるので、再び同じ味のコーヒーを買うことができます。
    他にも、ドリップやラテアートのレクチャーを随時行っており、この店だけでコーヒーの色々な体験をすることができます。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP