コーヒーの人気特集

人気が続いている高級なスペシャリティーコーヒー豆

人気もあり品薄なスペシャリティコーヒー

スペシャリティコーヒーの中には、品薄な上に人気の商品がいくつかあります。
だいたいの品物は高価ではあるものの、味わいがよかったり、他にはない特徴を持っていたりと、コーヒーが好きなら一度は飲んでみた方が良いものばかりです。
この記事では、そうした人気のあるスペシャリティコーヒーを紹介していきます。

流通量が極少!キューバ「クリスタルマウンテン」

キューバの最高級豆です。キューバでとれた豆の中で、スクリーンサイズが18以上のもののみで、かつ欠点豆が少ないものをより分けたものです。品種はカトゥーラ、ティピカ、カトゥアイです。コーヒーの流通にはアメリカが深くかかわっていますが、キューバとアメリカの関係が悪化していることもあいまって、なかなか入ってくることが少なく、価格がかなり高いです。
味わいは、ミディアムロースト程度の浅煎りにすることによって、透明感のある軽い苦みを楽しむことができます。ほんの少し濃いめの焙煎にすると、クリーミーな苦みを味わえます。
生豆の段階でも品切れが続出しており、しかも偽物も流通しているので、仕入れること自体が大変に困難です。しかし、味わいは独特かつ誰にでも飲みやすいので、見かけたら一度は飲んでみることをおすすめしたい珈琲です。

ジャコウネコの体内を通ったコーヒー。インドネシア「コピ・ルワック」

インドネシアで採れるコーヒーです。現地でルアックと呼ばれているジャコウネコ科の動物がコーヒーの実を食べた後にした糞の中から消化されなかった種を取り出して洗ったものを指します。

普通のコーヒーのように木に成っているものを採集するわけではない分、販売までにとても時間がかかるため、価格は常に高騰しています。
味というよりも、消化されたことによる独特の香りが特徴で、他のコーヒーにはない唯一無二の存在感を放ちます。じっくりと飲めるときにたまには飲んでほしい、超高級コーヒーです。

オークションロットが大人気・超高値。パナマ「エスメラルダ農園 ゲイシャ」

わかりやすい最高級豆の一つです。パナマの豆は基本的にどれも高値です。ゲイシャという品種はエチオピア原産のティピカにかなり近い特徴を持つ品種ですが、農園の面積も決して広くは無く、また病気や虫などにも弱いこともあって収穫量が非常に少ないです。エスメラルダ農園は数々のオークションロットを出品する農園でもあり、カップ・オブ・エクセレンスなどの品評会にもしばしば登場します。
酸味が強めのコーヒーであり、エチオピアのモカを超えるほどの豊かな香りを持ちます。コーヒーというよりも、ハーブティーを楽しむような気持ちで飲んだ方がよいです。オークションロットは非常に高価ですが、数々のコメントが付くくらいには毎年人気です。

超高級豆は他にも時折出てきます。また、オークションロットの豆、品評会優勝ロット・農園の豆はわざわざコメントがいろいろとついて販売されるだけあって、品種や国を問わず高価であることが多いです。とはいえ、それなりのクオリティを持っていることは間違いないので、気になる方は一度飲んでみることをおすすめします。
他とは一線を画すコーヒーの世界が楽しめる事でしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーのバイト
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーハウス
  5. スターバックスお得カード
  6. カフェ開業経営
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 珈琲に合う食べ物
  10. NEWoManニュウマンカフェ
PAGE TOP